横須賀の自然派テーマパーク『ソレイユの丘』に行ってきた

  • LINEで送る

皆さんこんにちは、神奈川県は横須賀市で子育てに励む30代半ばの専業主婦です。

私は出身は埼玉で、横須賀市には結婚を機にやってきたのですが…もう住み始めて7、8年になります。さすがに横須賀の街にも馴染めてきたかな、なんて思ったりもしています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

子供は2人で、4歳と6歳。もちろん可愛いんですが、どちらも男の子なので元気がいっぱいですし、正直大変なことも多いです。

主人はかなり忙しく働いている人なので、やはり子育ては私の仕事になりがちで、なかなか大変ですね。

夫もできる限り子育てに協力しようとしてくれますし、文句はないんですけど…。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最近は2人とも大きくなってきましたから、家の中だけで遊ぶのも元気が有り余るようで、外に行きたがるんです。

毎日同じように家の前の公園に連れて行くと不満そうですし、どこに行けば満足してくれるのか…考えるだけでも大変です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この1〜2年くらいで、子供を連れて行くのにちょうどいいスポットを開拓していっていて、いくつかそうしたスポットのストックも増えてきているところです。

・・・

中でも、最近私が良く利用しているのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「ソレイユの丘」という施設。

公園や動物園などなど、様々な施設が合わさった施設なんですが、そのクオリティの高さはもはやテーマパーク。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

色々な楽しみ方ができるので、息子たちを何度も連れていっても文句を言わず楽しんでくれていますし、私にとってはかなり心強い施設なんです。

息子と3人だけで行って、遊ぶだけ遊んで帰るのももちろんよし、家族みんなでお弁当を持ってピクニック的というか…

そういう楽しみ方をするも良しの素敵スポットですよ!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ソレイユの丘は、三浦半島の西海岸沿いの小高い丘の上にある公園施設。

正式名称は「長井海の手公園 ソレイユの丘」で、肩書としては、農業体験型総合公園となっています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この場所は、もともと旧帝国海軍の第二横須賀航空基地跡地で、戦後は在日米軍の住宅となっていました。

日本に返還された後は、航空自衛隊航空無線標識所として利用されていたという歴史のある場所。

…さすが横須賀という感じがしますよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、2005年に横須賀市がその跡地を整備して作ったのがこの施設。

通常の公園のように散歩や休憩をして楽しむこともできるほか、農業や動物とのふれあい、クラフト体験などの体験もできるようになっているんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

園内自体は「村のエリア」「街のエリア」「水のエリア」「まきばのエリア」という4つのエリアに分かれています。

「村のエリア」は、「マルシェ」という市場があったり、農園があったり、お花畑があったりするゾーンで、こちらでは農業体験などに参加することが出来ます。

View this post on Instagram

@pinkgatzがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「町のエリア」には飲食店やショップなどがあり温泉施設まであります。

このエリアでは手作り体験工房という施設で、様々なオリジナルグッズを作るクラフト体験ができます。子供だけでなく、大人も参加してみるとすごく楽しいですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、「水のエリア」

横須賀、三浦半島、つまりは海のすぐ近くということで、水に関するエリアは当然ながらお手の物。

キッズガーデンにじゃぶじゃぶ池、ビオトープに加え、ホタル館といった、海辺の生き物に関連したアトラクションや施設が展開されています。

View this post on Instagram

@riekow13がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最後の「まきばのエリア」は、ご想像通り牧場エリア。

牧舎や、動物たちと触れ合える広場やデイキャンプ場のほか、ブルーベリー畑、オリーブの杜と、農業に関する様々な施設が展開されています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

こうした各エリアを横断して一日中楽しむのもいいですし、1つのエリアだけを集中的に遊ぶもよし。それぞれの遊び方で楽しむことできます。

しかも、この施設全体が、南フランスのプロヴァンス地方をモチーフにしているということで、街並みや自然エリアの雰囲気が非常に牧歌的かつオシャレ。

すごく素敵なんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

街並みが素敵なので大人も楽しみながら施設で遊ぶことができます。

エリア分けも含め、市営の施設でも妥協せずここまでコンセプトを突き詰めているのはすごいな…と素直に思いますし、横須賀市民としては嬉しいですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

風景を見ながら歩くだけでもすごく楽しいですし、色々なアトラクションがあって遊びつくせないので、何度でも遊びに来ることが出来ます。

しかも、これだけ充実したエリアがあるんですが、入園自体は基本的に無料。何か体験などに参加したりアトラクションを利用する時だけお金がかかるというシステムなので…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

経済的でお母さんにも優しいのがうれしいところです。(笑)

横須賀に住んでいる人は必ず行く価値があると思いますし、横須賀市外の人でも、家族で遊びに来る勝ちはあると思いますよ。

・あわせてチェック
横須賀の出会い横須賀セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。