西洋文化の混じった独特の街・横浜で人気のお土産

  • LINEで送る

皆さんこんにちは、神奈川県横浜市出身のサラリーマン、27歳です。
僕は今、大阪に住んでいます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

横浜出身で大阪に住んでいるというのは、割と珍しい気もしますが、僕は仕事の配属先が大阪だったという理由で、入社して以来ずっと大阪に住んでいます。

2年ほどしたら関東の方に戻るという話だった気がしているんですが…。(笑)

関西は関東とは全然文化が違いますし、会話のスピードも速いし、常に笑いを求められるし、料理の味は違うしで最初はもう大変でした。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

本当、何度仕事を辞めて帰ろうかと思ったことか。

とはいえ、今はそんな生活にも慣れてきましたけどね。まあ、できればやっぱり地元に戻りたいですけど。

・・・

というわけで、今では横浜には年に1〜2回帰るくらいなんですが、そのたびに悩むのが、”お土産”なんです。

東京土産ってたくさんありますし、みんな喜んでくれるから、買って帰ればいいんですけど、一応地元は横浜だし…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

横浜土産を持って帰りたいよなあ、という謎のプライドがありまして。

かといって、横浜土産を関西人がどこまで知っているのかわからないし、どういうものが好きなのかわからない。

…ということで、長い間試行錯誤してきましたし、今でも試行錯誤中です。

View this post on Instagram

@pyn_46がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

色々なものを横浜土産として持っていきましたが、喜ばれたものもあれば、なんだこれ?というリアクションを取られたもの…などいろいろありました。

他にも、最初はインパクトあったけど、出オチで、結局あまりにみんなに食べてもらえなかったお菓子など、たくさんあるんですが、そんな中で…

僕の実感として評判の良かったもの、喜ばれたものを、皆さんにお伝えしようかなと思います!

・・・

横浜の方はほかの地方へお土産を持っていくときの参考に、それ以外の人は横浜旅行のお土産選びの参考に、ぜひ見てみてくださいね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

1つ目に紹介するのが「ラムボール」です。

名前からも想像できる通り、ラム酒を使った絶品スイーツで横浜の元町にある老舗洋菓子店「喜久屋」さんのスイーツですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

喜久屋さんは1924年創業の超老舗で、焼き菓子やケーキなどの洋菓子を中心に製造・販売を行っています。

このラムボールは創業当初に外国人に教わったレシピをもとに誕生し、以来100年近くにわたって愛され続けている、横浜を代表するスイーツなんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ラム酒をしみこませたスポンジケーキにラムレーズンを加え、その周りをチョコレートでコーティングしたおかしで、スポンジ生地がしっかりと発酵して…

食べるとジュワッとした歯触りがたまりません。

しかも、一口サイズではなく、テニスボールより少し小さいくらいのサイズ感があるので、満足感もかなり大きいです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

感覚としてはチョコレートケーキに近いかもしれません。

大人数に買っていくのは大変かもしれませんが、お茶をするときなどにお土産に持っていくと喜ばれますね。

・・・

お次は…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

横濱フランセの「ミルフィユ」です。

この、横濱フランセは世界的にも認められた横浜の洋菓子ブランド。代表作・ミルフィユは、その名の通りパイとクリームが何層にもサンドされ、その周りがチョコレートでコーティングされた一品。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

サクサクでクリーミーという2つの食感を贅沢に味わえ、非常においしいですし、1つ食べると満足感が広がります。

モンドセレクション27連続受賞をはじめ、世界的な賞もいくつも受賞している横浜を代表する銘菓です。

パッケージも可愛らしく、どこにでも持っていけるお菓子という気がします。

・・・

そして、最後は…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「横浜ビール」です。

お土産でビールを入れるのはどうかな…と思ったんですが、実際、僕の周りでは評判がいいので。単純にみんなお酒が好きっていうだけかもしれませんが。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その名の通り、横浜を中心に神奈川の素材を使って、横浜で作られる地ビール(クラフトビール)。

24年前にビールの製造事業を開始し、9年前には株式会社として設立。地ビール好きの人には以前から注目されていて、近年クラフトビールの人気が高まるに伴って、さらにその人気が高まってきています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ビールは種類が豊富で、色々な味がありますし、各季節限定の果物ビールなどもあり、お土産としてバリエーションを作れるのも、買って帰る側としては嬉しいところ。

会社としては横浜だけでなく、神奈川全体の地域活性化を目指していて、横浜市民、神奈川県民にとっては応援したくなる地元企業でもあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もちろん神奈川や東京などの飲食店でも飲むことが出来るお店もありますし、横浜観光に訪れた際も飲んでみてほしいです。

他にも、中華街の中華料理系のお土産などが人気が高いですし、ぜひ皆さんも横浜に来たときには色々とお土産を調べてみてほしいです。

ただ、半生菓子や生もの系の食べ物が多いので、どの程度日持ちするのかはチェックが必要ですよ!

・あわせてチェック
横浜の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。