横浜で大人気のお土産 「ビスカウト」の魅力に迫る

  • LINEで送る

私は横浜在住の主婦です。夫の転勤で引っ越してきて今年で4年目になります。

薫さん(@k11014)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

田舎から都会へ引っ越して来たので、当初は不安があったのですが、住めば都ですね。今では横浜の魅力をたっぷりと感じながら毎日を楽しく過ごしています。

Junya Yamaguchiさん(@j.yama76)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

横浜市の中心駅であり、JR・私鉄・地下鉄の各線が集まる横浜駅。

そんな横浜駅にはJR東日本・東急・京急・相鉄・横浜市地下鉄そして横浜高速鉄道の合計6社局が乗り入れており、一つの駅に乗り入れる鉄道事業者数としては日本最多となっているんです。

1日平均の乗降客数は220万人、年間乗降客数は約8億400万人になるんですよ。

Sawa-d@ o @;bさん(@toyo_1976)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

日本のみならず世界中の人々から注目されている横浜には、名産や地元グルメ、名物土産などが数多く存在しています。

SPURさん(@spurmagazine)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その中でも、私が特別にオススメしたいのが「ビスカウト」というお菓子。

そんなビスカウトを販売するのが、伝統を守っている洋菓子が名店・馬車道十番館です。

Eiko Tamegaiさん(@otame)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

同店のビスカウトは、カステラ伝来時代に日本へ伝わったという由緒正しき西洋菓子なんですよ。

飾り気のないつくりながら、職人がひとつひとつ手作りで仕上げた温かみをしっかりと感じることのできるビジュアルになっています。

醜い肉ちゃんさん(@zaokawamimimi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一切の無駄がなく、シンプルだからこそ、本物の伝統とこだわりを感じることができるんです。

昔ながらのクラシックな洋菓子というと、濃厚なバターの香味と味わいというケースも多いですが、こちらはバターの芳醇な香りを漂わせながらもいい意味であとに残らない、軽い味わいに仕上がっているので、しつこさが無く気がつくと何枚も食べてしまっているようなお菓子なんですよ。

実際に、自社工場では職人さんが丹精込めて、丁寧に手作りしてくれています。

enaさん(@yyekubo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ビスカウトの表面には、文明開化の象徴でもあるガス灯の模様があしらわれているんです。

パッケージや包装紙もレトロでどこか懐かしさを感じることができますね。

camelさん(@camel_8074)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ビスカウトは甘さが控えめになっていて、上品なクリームがビスケットでサンドされています。

サクサクとした食感で歯ざわりが良く、思わず癖になる一品。
味は、レモン、ピーナッツ、チョコレートの3種類となっています。

neneさん(@nstm1129)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

原材料は、小麦粉、砂糖、植物油脂、バター、ショートニング、卵、コーンスターチ、脱脂粉乳、ピーナッツ、ココアパウダー、全粉乳、カカオマス、牛乳、塩、バニラオイル、乳化剤、ベーキングパウダー、香料、着色料(アナトー、ウコン、黄色4号)、(原料の一部に、卵、乳成分、小麦、落花生、大豆を含む)となっています。

Akiko Fujihara Yagamiさん(@akkopyan)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみにビスカウトは、箱で購入することをオススメします。

レトロな包装紙を開けると、つるっとした光沢のあるオシャレな白い箱が姿を現します。「ビスカウト」のフォントがハイカラで、思わずインスタにアップしたくなってしまいますよ。

Satokoさん(@tottoco0703)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

箱を開けると、美しくビスカウトが並んでいます。

ビスケットの部分は想像以上に厚みがあり食べ応えがあるんです。サクサクっとした食感は絶品で、レモンクリームの酸味と生地の程よい甘さの相性が抜群です。

チョコレートクリームはいかにも「甘そう」なイメージがありますが、こちらも甘さが控えめになっていて、とても食べやすいんですよ。

Miwako Suzukiさん(@miwako.s)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ピーナッツクリームも上品な味わいで、一口食べると口のなかいっぱいにピーナッツの香りが広がります。

ご当地のお土産のスイーツといえば、とにかく甘ったるい…というイメージが強いですが、ビスカウトはどれも甘さが控えめになっていて、大人も食べやすい仕上がりになっています。

そして、気になるカロリーについてですが…

ピーナッツ(1個33g)あたり、およそ179キロカロリー(100gあたり542.4キロカロリー)、チョコレート(1個33g)あたり、およそ180キロカロリー(100gあたり545.4キロカロリー)、レモン(1個33g)あたり、およそ180キロカロリー(100gあたり545.4キロカロリー)となっています。

@melodie92844がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一度食べたらやみつきになってしまう美味しさなので、ダイエット中の方は要注意ですよ。笑。

ビスカウトを扱っている「馬車道十番館」では、その他にも様々な商品を販売しています。

あそなおさん(@oanosa)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私がオススメしたいのは「ビスカウトプレト」です。

ビスカウトの軽い食感はそのまま残しつつ、生地には選び抜かれた良質なピュアココアが贅沢に使用されています。間にはミルク感がしっかりと際立っているホワイトチョコレートがサンドされているんですよ。

sweets &breadさん(@sweetstoko)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

昔ながらの製法によって焼き上げられたココアの豊かな香りが広がる甘さ控えめなココアビスカウトは、3時のおやつにぴったりの一品です。

私も実際、おやつでいただいたり、友人の家へ遊びに行く時の手土産として購入することがあります。

ひーちゃんさん(@hidemi0702)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

横浜には美味しくてお上品なスイーツがたくさんありますが、その中でも「ビスカウト」は別格。

旅のお土産に悩んでいる…という方は一度購入してみてください。気に入ったので何度でも食べたい…!という時も安心です。ネット通販で販売されているので、気軽に購入できますよ。

甘いものがお好きという方は一度「ビスカウト」を食べてみてくださいね。

・あわせてチェック
横浜の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。