実は穴場スポット!豊田に来たら立ち寄りたい『トヨタ会館』

  • LINEで送る

日本にもいくつか存在する企業城下町。

その中でも有名で大きなものといえば、やはり愛知県豊田市が思い浮かぶのではないでしょうか。

vulpeculacygnusさん(@vulpeculacygnus)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私は生まれも育ちも豊田市ですが(今は名古屋で仕事をしています)、子供のころは友人にも、お父さんやお母さんがトヨタ自動車の社員だったという子が何人もいました。

#ToyotaLife👷🔰さん(@nguyenh76)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そもそも豊田という地名自体トヨタから名付けられたというんですから、この地域におけるトヨタの力はものすごいものがあります。

ちなみに、愛知県内には他にもトヨタやダイハツなど、トヨタ関連会社の企業城下町であることから地名が変わったという地域が複数あります。

他にもトヨタの力を感じるエピソードは挙げだせばきりがないのですが、豊田の地域はトヨタによって支えられているのは大きな事実。

Toshiji Wakasugiさん(@toshiji_wakasugi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一方で、トヨタとしても、豊田市民の理解と協力あってこそ会社も存続できるということで、様々な社会貢献活動を行っています。

その活動は多岐にわたり、交通安全はもちろん、人材育成や環境・文化活動の推進など、あらゆる分野での社会貢献を行っています。

世界に向けた貢献活動から、日本全体に向けたもの、愛知県民に向けたもの、豊田市民に向けたものまで規模も様々。

Toyota_jpさん(@toyota_jp)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな社会貢献活動の中に、博物館などの展示施設の運営があります。

「企業の宣伝の場でしょ?」「別に私たち一般人が行っても楽しめないでしょ」と思う人もいるかと思います。

…ところがどっこい、これらの施設、愛知観光に来たら観光ルートに積極的に取り入れてもいいんじゃないかと思うほど、面白い施設なんです。

今日はそのうちの1つを紹介しますね。

川西 正晃さん(@masaakikawanishi00)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そもそもトヨタ自動車は、豊田佐吉が創業した豊田自動織機製作所内に、1933年開設された自動車部から生まれた企業で、豊田佐吉の考え方を、息子である豊田喜一郎らがまとめた「豊田綱領」がトヨタの経営の「核」として貫かれてきました。

その「豊田綱領」における、「モノづくりを通じた社会への貢献」「時流に先んじた研究と創造」の精神を受け継ぎ、博物館などの施設を展開しているそうで…

現在は

・トヨタ博物館」
・トヨタ産業技術記念館」
・豊田佐吉記念館」
・豊田鞍ヶ池記念館」
・トヨタ会館」
・MEGA WEB」

といった施設が展開されています。

Yuichiさん(@infinite_joy)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

このうち、トヨタ会館と豊田鞍ヶ池記念館は豊田市内に、「トヨタ博物館」「トヨタ産業技術記念館」「豊田佐吉記念館」は県内の近隣の市に所在しています。

車のテーマパークである「MEGAWEB」は東京にありますよ。

@toshi.rinがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今回紹介する「トヨタ会館」は、1977年に会社の創立40周年を記念して作られた博物館で、誰でも予約不要・無料で入ることができる博物館。

内容はトヨタのモノづくりや車の紹介・展示などですが、2005年からはそうした内容に加えて、環境・安全といった、これからを見据えた取り組みなどの紹介も行うようになっていて、最新技術の紹介などもされるようになり、これまで以上に幅広い人に楽しんでもらえる施設となりました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

基本的には順路に沿って展示を見て回る形で、「環境と感動」「生産と創造」など、テーマに沿った展示がいくつか用意されています。

その話の内容を聞くだけでも楽しめるのですが、同時に実際の車を使った展示があって、かなり楽しめます。

車の仕組みなどを学べる展示もあって、子供のころに行った科学博物館を思い出しますね。

M Kemmochiさん(@mkemmochi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、展示コーナーの最後には最新のトヨタ車やレクサス車、トヨタのレーシングカーも。

特別車好きでない私でも楽しみながら見れましたし、これだけの車を間近で見る機会ってなかなかないので楽しかったです。

こういう施設だと、お店と違って、見学してても買わなきゃいけないプレッシャーもありませんしね。(笑)

…しかも、どの車も座席に乗り込むことができるという大盤振る舞い!

私も車を日常的に使うので、やっぱり最新の車に乗ると、欲しいなあ…と思ってしまいました。この罠には注意です。(笑)

@tetsuro72がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

車や最新モビリティの試乗体験などもあり、子供でも楽しめますし、大人でも新しい発見があるので、楽しく展示を見て回れること間違いなし。

さらには、工場見学などもあり、子供も女性も楽しめます。

Shibamanさん(@shibaman10)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私も特別車好きというわけではなかったのですが、流行りの工場見学に惹かれて友人と訪れてみたら、時間を忘れて楽しんでしまいました。

Emi Takahamaさん(@takahama.emi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

地下にはレストランやスターバックスもあるので、はしゃいだ後はゆっくり語らうこともできます。

本当に、1つの観光地として楽しめる施設となっているところは、さすが世界のトヨタだなと感じます。車好きじゃなくても楽しめますし、特に車好きの人は訪れるべきなんじゃないかなと思いますよ。

みなさんも愛知や豊田に訪れたときには、訪れてみてくださいね。

・あわせてチェック
豊田の出会い豊田セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.