日本は滝大国!富山の有名スポット「称名滝」に行ってきた

  • LINEで送る

みなさんは、本物の滝を見に行ったことはあるでしょうか?

滝って身近なようでもありますが…そう言われれば、生で滝を見たことはないという人も多いんじゃないでしょうか?

先日、富山ですごく素敵な滝を見たんですけど、その話はあとでお話しするとして…

ふぐりさん(@fuguphotolife)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それに、滝といえばナイアガラの滝というような超巨大な世界の滝をイメージする人も多いかもしれませんね。

しかし、滝にはいろんな規模のものがありますし、実は日本は滝大国の1つ。

というのも、滝というのは大体みなさんのイメージ通り、川や湖などが段差になっていることで生じる現象。

ごーさん・Tさん(@verrynights)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この段差は山などで地殻変動が起きてできるパターンや、川での長年の水の流れで一部が侵食されるなどして形成されるのです。

日本はご存知の通り山が多く、雨が多く、多くの川が流れていることで、滝が非常にできやすい地理となっているのです。

Taihei Tsukadaさん(@taihei_tsukada)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そのため、日本の滝の多くは山などの中にあるので、そうしたレジャーなどに全然いかないという人はあまり見る機会はないかもしれませんが、レジャー好きの人は山の中で頻繁に滝を見ることになるんですね。

世界にあるような、地形全体が滝となっているような超巨大、ド迫力といった滝はあまり多くないのですが、自然の中にある日本の滝は繊細で神秘的な美しさをたたえています。

Ka-zuさん(@kazuya880)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…と、やたらと滝について熱く語ってしまいましたが、僕はその滝の魅力に取りつかれている男の1人でして、暇を見つけては滝を見に行っているんです。

といっても、まだまだ滝に目覚めて2年程度なので、半人前ですし、月に2,3回行ければいいほうなんですが。(笑)

生まれてからずっと都心に住んでいるからか、高校生のころからレジャー系の観光に行くのがとても好きで、社会人になってからも山登りを中心に屋外レジャーが趣味の中心だったんですが…

⛺Souha Naka⛺さん(@souha_jk36l)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

屋久島に行ったときに大川の滝に出会い、衝撃を受けました。

それ以来滝を目当てにレジャーに行くようになりました。もちろん滝以外をメインに山登りに行ったりすることもあるんですけどね。

まだまだマニアックな滝を開拓していくほどのレベルではないんですが、有名どころは大分見てきました。

ゆかりんさん(@waterfall.love.yukarin)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

先日はずっと行きたかった富山県の超有名スポット「称名滝」を訪れてきましたよ!

称名滝は日本一の落差を誇る滝として知られる滝で、国の名勝、天然記念物に指定され、日本の滝百選に選ばれ、日本三大名瀑にも選ばれるなど、まさに日本を代表する滝の1つ。

顕師匠さん(@kenshisho)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なんとその落差は、350m。ビルだと70階くらいに相当する高さです…。

そういえば先日都内で木造の350mビルができるかもみたいなことをニュースでやってましたが…現在日本で一番高いビルはあべのハルカスで300mって言ってましたから、多分みなさんが今まで見たことのあるビルのどれよりも高いということになるんだと思います。自然すごい。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

滝は富山の立山町にある立山という山にありまして、立山駅から1時間も歩かないうちに滝に到着します。

一応山登りのような感覚ですが、道は整備されていますし、観光客も多いので、そんなに大変じゃないですし、割と楽しみながらお散歩がてら登ることができます。

ヒロさん(@hiro_yamagoo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕もあらかじめ写真で見たりはしていたんですが、実物は異次元です。言葉でどう表せばいいのかわかりませんが、すごく、自分がちっぽけに感じました。

これは滝に限らず自然に触れるといつも感じることなんですけどね。

ケンシロウさん(@kensirou51)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみにこの滝、春の雪解けの時期には雪解け水が多岐に流れ込んできて水量が増えるため、称名滝の右側にハンノキ滝という別の滝が現れるんだとか。

僕が行ったときは少し時期が早かったようで、残念ながら見ることはできませんでした…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…が、その代わりといっては何ですが、滝にかかる虹を見ることができました!

滝にかかる虹って、結構滝を見に行くときには醍醐味の1つだと個人的には思っています。

当たり前ですが、称名滝は山の中にあって、周りが自然に囲まれているので、季節によって風景も大きく変わります。

harry_ZJさん(@harry_zj)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

夏には緑が非常に豊かになり、秋には紅葉も人気なのだとか。またそうした違う姿を見に何度でも来てみたくなってしまいますよね。

いくつも滝を見てきて思うんですが、やっぱり自然が作り出した偶然の産物ということもあって、滝は日本中にたくさんあるんですが、同じ滝は絶対にないんですよね。

当たり前なんですけど…

Rie Aoさん(@sorarie)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一口に滝といっても、本当に様々なものがあって、魅力もそれぞれにあって、やっぱりこうした点が自然や滝の面白さだなと思います。

迫力ある滝を見たいという人や、富山旅行に行く人は是非称名滝を訪れてみてくださいね。

Kazuchika Hirohashiさん(@singlepapasan)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今まで滝を見たことがない、みてみたいという人も、案外身近に滝があることも結構ありますし、探して訪れてみてはどうでしょうか?

結構、価値観変わる出逢いになると思いますよ。

・あわせてチェック
富山の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。