富山のパキスタン村に潜入してカレー食べてきた

  • LINEで送る

みなさん、「国民食」って言われたら、何を思い浮かべますか?多くの日本人に愛される料理ってたくさんあって、人によっても意見が分かれますよね。

吉田秀一さん(@chip.chip.chip1118)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕の周りでは、この質問をするとラーメン派とカレー派に分かれます。

僕の周りだけなのかもしれませんが…

確かにラーメンとカレーは熱狂的なファンが多いような気がしますよね。
どっちも、もともとは海外の料理ですが。(笑)

ai姫さん(@hime.999)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕は圧倒的にカレー派で、小さなころからカレー大好き少年として育ちました。

毎日三食カレーでも構わないくらいカレーが好きで、大学生のころなんかは男でも作れるし、大量に作れるしっていうことで、やたらカレーを食べていたこともありましたね。

カレーばっか食いすぎてて体調不良になったこともありましたけど。
(バランスの良い食事が大事です…)

今でも会社の昼休みでも、休日に出かけている時でも「何を食べよう?」と思うと、まず近くのカレー屋さんを探したりするのですが…

先日は同じくカレー好きの友人と富山に行ってきました。

沢井直美さん(@naonaobooo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なぜ富山に?

…と思った人もいると思うのですが、実は富山はカレーのおいしいお店がたくさんある場所として、カレー好きからは知られた場所で、最近ではカレーのまちとして広く知られるようになってきているのです。

きっかけは、2014年に発売された「danchu 7月号」で、「富山に行ったら、パキスタンだった。」というタイトルで富山のカレー特集が組まれたこと。

この中で富山がパキスタンカレーの聖地として紹介されたことで、広く富山のカレーが知られることになったのです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

富山県にはパキスタンコミュニティが根を張っていて、「パキスタン村」と呼ばれている地域もあるそうな。

その関係でパキスタンカレーをはじめ、パキスタン料理のお店がたくさんあるのだそうです。

特にパキスタン料理で有名なお店が多数ある射水市は、「イミズスタン」なんて言う風に呼ばれることも増えてきているんだとか。

僕も行ってみたいなとは思っていたんですが、「カレー食べるために富山はなあ…」となかなか一歩踏み出せず…。

しかし今回、友人が誘ってくれたこともあり、行ってきました!
お目当ての射水市は、富山市のお隣ということで、意外にアクセスも良好。

北陸新幹線が開通していることで、思ったよりもすぐについて、ちょっと拍子抜けしたくらいでした。(笑)

ymgcさん(@ina030101)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず訪れたのは、富山のカレーの中でも群を抜いて有名なお店「カシミール」

「本当に有名店?」と思わせるプレハブ小屋のような外観ですが、全国から僕らのようなカレー好きが集まる名店です。

Takayuki Minamiさん(@takayukminami)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

味は今更我々がレポートするまでもなく、当然ながらおいしいんですが、ナンが非常に大きくて、ボリュームも満点だったのが嬉しいところ。

大満足の我々でしたが、結構量が多かったので、次のカレーを食べるまでは結構時間を空けることになりました。(笑)

@takatak_aがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お次はカシミールからもそう遠くない位置にある、高岡市のザイカ・カレーハウスへ。
(射水市と高岡市はお隣で、カレー有名店はこの県境のエリアに密集しています。)

こちらもカシミールに勝るとも劣らない、超有名店で、某有名グルメサイトのランキング・レビューでも好評価を得ているお店。

こちらもプレハブ小屋のような建物で、外観は黄色に塗装されているという、かなり特徴的なお店となっています。

すけきょうさん(@newsukekyo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

こちらも、カレーは非常においしく、そして、セットの内容がとてもボリューミー!

カレーの前に出てくるサラダやライス・カバブなど、盛りだくさんでした。(笑)
かつ、ナンが食べ放題という、大食漢にはたまらない内容となっています!

夕方の時点で有名店2店を食べ歩いた僕たちは、新幹線に乗って、東京へ。

いや、こんなに手軽に行けるんだな、富山!ってなりましたが、欲を言えば一泊して、もうちょっと観光したかったな~。

次回はちゃんとスケジュール調整していこう。

トロピックネオンさん(@tropicneon)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今回の富山旅、カレーももちろん美味しかったんですが、個人的に印象に残っているのはやっぱりお店の雰囲気。

店員さんが日本人ではないということもあってか、日本のレストランのような整然としたところもないですし、こういう気取らない・客にこびない感じが、多くの人を引き寄せ、マニア心をくすぐり続けている秘密なのかな?とも思います。

シェフケンゴさん(@shevkengo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もちろん、かなり混雑している日や時間もあると思うんですが、私たちが行った時間には人が少なすぎず、多すぎない感じが居心地がよかったです。

もっともっとカレーのまちとしてアピールすればいいのにという気持ちと、あんまりこれ以上観光地化してほしくないなという、勝手な気持ちを抱きました。

まだまだ有名店もたくさんありますし、またの機会に必ずまた富山に行きたいな、と思います。

皆さんも、富山を訪れた際には、カレーを食べてみてくださいね。

・あわせてチェック
富山の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。