藤子不二雄Aゆかりの地、富山県の漫画ロードに行ってきた!

  • LINEで送る

初めまして、東京に住む26歳の男です。

4年ほど前に夢を追って上京してきましたが、今は続けるべきなのか…帰るべきなのか、いろいろ悩んでいる時期だったりします。

まあ、そんな個人的なことはどうでもいいんですけど!
(富山の漫画ロードに行った話しは、また後ほど…)

くまらさん(@kumara4109)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…僕は昔から、あんまりアニメだったり漫画だったりを読んでこなかったタイプでして。

これまであんまり好きなアニメとか漫画とかもなかったりしたんですが、最近は様々な動画の配信サービスも出てきましたし、結構暇な時などにアニメを見る、っていうことが増えてきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そしたら結構これが面白くて、割とジャンル問わずいろいろとみるようになりましてですね。

まあ、オタクって言えるほどではないんですけど…割といろんなアニメについて詳しくなりました。

・・・

そして、あまたあるアニメ作品の中で、特に僕の興味を引いた作品が…

菅原信人さん(@akito045)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「笑ゥせぇるすまん」

…そう、あの藤子不二雄A先生の名作ですね。

なぜ今更「笑ゥせぇるすまん」とも言われそうですが、昨年新作アニメが放送されていたのも見ましたし、それに伴ってオリジナルシリーズ(100話以上!)が動画配信サイトに登場していたので見てみたんですが…

これが面白くて。

@mimiman3がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なんでしょうね。あの、すごく面白い!っていうわけじゃないですけど、なんか見ちゃう(誉め言葉です!)、みたいな中毒性というか。

藤子不二雄っていうと、僕はこれまでの人生でF先生の「ドラえもん」くらいしか通ってきていなかったので、「藤子不二雄A先生って、こんなブラックな感じなのか!!」と、衝撃を受けてしまいました。。。

satokaさん(@sasasatoka)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「忍者ハットリくん」をはじめ、他の作品も読んだりして、すっかり藤子不二雄A作品にはまってしまったわけです。

・・・

さて、そんな僕なんですが、先日は彼女と一緒に旅行に行くことになりまして。…で、どこに旅行に行こうかということになって色々調べていたんですが

その中で、偶然にも藤子不二雄A先生に関連するスポットの存在を知ってしまったんです。

. . はっとりくん . #夏合宿#漫画ロード

sakuraさん(@sksk_pandaaa)がシェアした投稿 –

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それが、富山県にある「漫画ロード」というスポット。

漫画好きには有名なのかもしれませんが、僕はそれまでその存在を知らず。富山県は藤子不二雄のお2人の故郷だったんですね。

自分の中では藤子不二雄Aブームが来ているので、これは行くしかないだろう!ということで、富山県に旅行に行くことになりました。

kumiさん(@kummymin)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

彼女は完全に「なんで富山?」っていうリアクションでしたけど。(笑)

・・・

皆さんもご存知の通り、藤子不二雄は藤子・F・不二雄と藤子 不二雄Aの二人の漫画家のユニットですが、F先生は富山県高岡市出身、A先生は富山県氷見市出身。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

A先生が、F先生の通う高岡の小学校に転向したことで2人は出逢ったのだそうです。

そんなわけで、富山県には2人に関するスポットがたくさんあり、高岡市にはF先生のゆかりのスポットが、氷見市にはA先生ゆかりのスポットが多くあるというわけです。

やっぱりドラえもんの影響もあってか、高岡市のスポットのほうが一般的には人が多いようで、彼女もそっちに行きたがっていましたが…

にぼしだしさん(@niboshidashi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕はA派なので、氷見市へGO。

前述した漫画ロードは、氷見市の氷見町から中央町まで続く商店街の道で、観光スポットして整備されています。

・・・

商店街にはあらゆる場所にA先生の作品に登場するキャラクターたちが描かれていたり、銅像のようなものが建てられていたり。

ayakotajiさん(@ayakotaji)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

道の柵だったり、壁だったり、しまっているシャッターだったり、何気ない場所にもびっしりと絵が描いてあって、ファンではなくても楽しめます。

・・・

そして、その”漫画ロード”の中には、ピックアップすべきスポットもいくつかあります。

その1つが…

Yoshihiko Yamadaさん(@yoshihikoyamada)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

A先生の生家である、1362年創建のお寺「光禅寺」

お寺の敷地の中にはA先生の代表作「忍者ハットリくん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」「笑ゥせぇるすまん」の石像が出迎えてくれます。ちなみに光禅寺は、藤子不二雄A先生の生家なんですよ。

どくたや 又右衛門さん(@tadaakis)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

続いて紹介するのが「潮風ギャラリー」

1階には様々な漫画モチーフの美術作品が並び、お土産も多数取り扱っています。

ユスケンさん(@yusuken14)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2階では漫画がずらりと並び、アニメの上映なども行われているので、作品についてあまり知らない人はここで少し作品を読むのもいいかもしれませんね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ほかにも、忍者ハットリくんのキャラクターが1時間おきに現れるカラクリ時計など、見どころがたくさん。

・・・

正直、ここだけで一日過ごすのは難しいのかなと最初は思っていたんですが…

Kuniko Masadomeさん(@kunikomasadome)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

氷見は海鮮系の食事もおいしいですし、行ってみると、丸一日この漫画ロード周辺で楽しむことが出来ました。

漫画好きの人、藤子不二雄Aが好き、興味がある人、富山に観光に行こうと思う人、是非漫画ロードに足を運んでみてくださいね!

・あわせてチェック
富山の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。