テレビでも注目を集める、鳥取のベタ踏み坂・江島大橋

  • LINEで送る

こんにちは、鳥取県鳥取市在住のアラサーサラリーマンです。

世の中には変わった趣味を持っている人がたくさんいますが、好きなものは人それぞれ違いますし、好きなことがあるというのはそれ自体いいことですよね。

僕も人にはあんまり理解してもらえない、でも時々すごく共感してもらえる趣味がありまして…。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それが、珍しい光景を見にいくと言うこと。…いわゆる「珍百景」というやつです。

テレビ番組でそんな珍百景を紹介する番組があることは皆さんご存知だと思いますが、僕は大学時代にそうした番組に出会って…

人生が狂いました。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今ではそうした珍しい光景や風景などを紹介する番組はいくつかありますし、Webサイトだったり、雑誌だったり、情報源は色々ありますよね。

(鳥取の珍百景の話は、また後ほど。)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕と同じような趣味の人がたくさんいるんだな〜と思って、励まされます。

しかし、情報が多すぎて行きたい場所が増えすぎて、結果的に困るんですけど。(笑)

・・・

もともと面白いものや変わったものが好きな僕は…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

大学生の時に見たテレビ番組で紹介されていた竹田城の雲海(その当時は今ほど有名じゃなかったんじゃないかなと思います。)を見に行って、いたく感動を受けたんです。

それ以来絶景はもちろん、ちょっと変わっている、珍しい光景が見られる場所に行くのが趣味になってしまいました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

竹田城の雲海などは観光としてもみんなに羨ましがったりもしてもらえるんですが、時には「そんなものを見るためにわざわざ行ってきたの?」と言われてしまうこともしばしば。

本当に、観光地でもないし、一瞬見たらおしまい、みたいな場所にも行きますからね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

でも、自分としては、そこに行ってきたということに価値がある、という部分もありますし…

やっぱり、そうしたとるに足らないことに全力をかけることに意味があるんじゃないかと。(笑)

とにかく、自分は楽しいんでこれでいいんです。

・・・

先日も、珍しい光景が見られるとあるスポットに行ってきましたよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それが、鳥取県鳥取市にある江島大橋。

地元・鳥取にありますし、結構近くは通っていたんですが、なぜか行ったことがなかったんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さて、この江島大橋、もしかしたら名前を聞いただけでああ、あそこのことか、とわかる人もいるかもしれませんが、よくわからないという人も多いですよね。

何がそんなにすごいのかというと…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この大橋、橋がものすごい勾配になっていて、正面から見るとまるで橋が壁のように見えるスポットとして有名なんです。

橋を正面から見た画像はまさに壁。

…かなりの急こう配で、こんなの実在するのか?と思ってしまうほどです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

橋を横から見てみると、通常の橋と比べて、明らかに両端が急です。何か災害があってぐにゃりと曲がってしまったのかと思うほど。

・・・

江島大橋は、鳥取県の境港市から島根県の松江市にかけてかけられた橋。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

全長は1.7km、島根側の勾配は約6%、鳥取側は約5%の勾配となっていて、日本有数の急こう配な橋となっています。

なぜこんなに急な橋になっているのかというと…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

橋の下を船が通るので、その支障にならないようにするということと、耐震の関係などからだそうです。

ちなみに、勾配5〜6%というのは、角度にすると3°~4°程度ということで、あまり急な感じはしませんが、体感ではこれくらいの角度でもとても急に感じるんですよね。

・・・

実はこの坂が有名になったのにはきっかけがありまして…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2013年ごろから放送されていたダイハツの車「タントカスタム」のCMで「ベタ踏み坂」として登場したことがきっかけなんです。

「あんな急な坂本当にあるのか?」と話題になり。その正体が江島大橋というのが拡散されてからは、僕のようにわざわざここを訪れる人が急増。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もはや観光地として認識され、鳥取県としても島根県としても貴重な観光資源となっているんです。

また、珍百景を紹介する番組などでも紹介されるなど、紹介される機会も増え、知名度もアップしています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

CMでは、「ベタ踏み坂だけど、タントならベタ踏みじゃなくても登れる」というようなことをアピールする感じで使われていましたが、僕の車では、ベタ踏みでした。(笑)

僕が行った日はあまり混んでいなかったのでよかったですが、この橋が渋滞なんてしている日に通るのはものすごく怖いよなと思ってしまいましたね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

かなり急なので、坂を上っている間もちょっと緊張してしまいます。(笑)

個人的には、わざわざ訪れる価値がある面白いスポットだなと思いましたが、みなさんは、鳥取に訪れた際には是非存在を思い出して、車をそちらに向けてみてくださいね。

やっぱり体感してみると全然感じ方が違うと思いますよ!

・あわせてチェック
鳥取の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。