2019年度版・ヘビーユーザーが語る”ドームめし”のススメ。(東京ドーム・グルメストリート)

  • LINEで送る

プロ野球が開幕して、はや2ヶ月。5月末の段階で、すでに7回もドームに足を運んでいる僕ですが…

相変わらず”ドームめし”のレベルの高さに驚いています。

ガパオライスのお店

ドーム内には50弱の飲食店が並ぶ

 

毎回、3〜4軒をハシゴするのは当たり前!

並ばないと食べられない人気のお店も、東京ドーム内のフードコート(グルメストリート)ならすぐに買えるのも魅力。

参考:夏には最高、”東京ドーム飲み”を体験しよう

・・・

というワケで、今回は…

個人的にオススメする、グルメストリートの”ドームめし”をランキング形式で発表したいと思います。

プレミアムモルツ神泡

ビールを片手にお店をぶらぶら〜

 

基本的に、ビールに合う食べ物ばかり!

※お酒のあてになるものが基準となるので、今回は”お弁当系”は除外とさせて頂きます。

・・・

美味しさ重視 or コスパ重視…どちらの人も参考になるように、5つ星の評価もつけておきます。

では早速いってみましょう。

崎陽軒のシウマイ

1位『崎陽軒のシウマイ』

美味しさ:★★★★★
コスパ:★★★★★

横浜のソウルフード、崎陽軒のシウマイがドームで食べられるんです。ちなみに僕は何軒もハシゴするので、ボリューム少なめの”米抜き・シウマイのみ”をいつも買っています。

参考:横浜のソウルフード”崎陽軒”にハマってしまう理由とは!?

※崎陽軒は専門店としては入っていません。選手プロデュース弁当を取り扱う店舗(Dome Shop)で購入可能。ただし、日曜日は販売していないようです。

しかも、シウマイだけでなく付け合わせで入っている、メンマとお漬物が、これまたビールに合うんですよね。

冷めていても美味しいシウマイは、551蓬莱をも凌駕するほどの魅力的な一品。

参考:大阪名物・551蓬莱の豚まん、名前の由来…ご存知ですか?

TACO BELLのタコス

2位『TACO BELLのタコス』

美味しさ:★★★★☆
コスパ:★★★★☆

TACO BELL(タコベル)は、1960年代にアメリカで生まれたお店。都内にも数店舗あるんですが、ここのタコスはまさに絶品。

※一つ単位で購入できるので”ちょっと食べ”が可能なのが嬉しい。(一つ・400円)

ちなみに生地は2つから選ぶことが可能。

・クランチータコス
トルティーヤチップスのように皮を揚げた固いもの。

・ソフトタコス
しっとり生地で、わりと厚みがあります。

皮自体のボリュームがあるのは、ソフトタコスの方なので、その時のお腹の具合に合わせてチョイスしましょう。

※個人的にはソフトタコスの方がオススメです。

スパイシー系が食べたいなら、まずは一度オーダーしてみて下さい。

バインミーバインミーのフォー

3位『バインミーバインミーのフォー』

美味しさ:★★★★☆
コスパ:★★★☆☆

個人的には、お酒を飲みまくった最後の”〆ラーメン”的な感じで、胃袋に流し込むのがこのフォーです。笑

※「バインミーバインミー」はベトナム料理を中心に提供しているお店で、これ以外にもベトナム風の”まぜそば”なんかもあるので、いつか食べてみたい。

塩胡椒の効いた”ベトナム的なダシ”はすっと体に溶け込みます。

そして、麺も「きしめん」っぽいので、カロリー抑えめなような気がして、思わずいつもオーダーしてしまいます。汗

鶏肉と麺とスープで食べ応えは充分だけど、食感はあっさりしているのでお腹が空いていなくても思わす食べたくなる一品。

呑みすぎちゃった…そんな日にはぜひ。

クルン・サイアムのガパオライス

4位『クルン・サイアムのガパオライス』

美味しさ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

スパイシー系の大本命・ガパオライス。都内に9店舗を構えるタイ料理のお店「クルン・サイアム」が提供するこちらの一品。

正直、めちゃくちゃ美味しいんだけど、…かなり辛い&量多すぎ!汗

※想像通りの味がするので、期待は裏切りません。量も多いので、コレだけ食べて”あとは試合に集中したい”って時にはかなり重宝するでしょう。

ちなみに…

一気に食べると、全身から大量の汗が吹き出すので注意しましょう。

※ガパオライス(弁当)は作り置きのようなので、少し冷めている場合も。ただ、これでアツアツだったらさらに10倍くらいの汗をかきそうなので、まぁ逆に良かったのかもしれません。

クルン・サイアムでは、この他にも美味しそうなスパイシーメニューが豊富。一度ハマれば片っ端から食べてみたくなる事間違いなしですね。

築地銀だこのたこ焼き

5位『築地銀だこのたこ焼き』

美味しさ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

東京のたこ焼きと言えば、築地銀だこ。やっぱり、いつ食べても美味しい、温かい、早い、安い。

※どれをとっても最高のたこ焼きは、ドーム飲みにかかせない存在です。

そして…

僕がドームで食べる時は、このたこ焼きから始める事が多いです!

なので、味が濃くなりすぎないように”プレーン”を選ぶのもポイント。本当は「ねぎたこ」や「チーズ明太子」も食べてみたいんだけど…。

トップバッターだからこそ、味はプレーン一択。

串カツ田中の3本セット

6位『串カツ田中の3本セット』

美味しさ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

大阪名物・串カツは、細かい衣とあっさりしたソースが特徴。いわゆる”二度漬け禁止”と言われる新世界名物の串カツです。

その中でも、大阪で人気の串カツ店「田中」が東京ドームのグルメストリートで気軽に食べられるのは本当に嬉しい。

※この3本セット(牛・豚・エビ)は、どれもがっつり食べ応えのあるネタです。(500円)

カップに入れて出してくれるので、とても食べやすい。

そして、大阪発祥のお店だからなのか(!?)フレンドリーで活気ある接客も、また見所の一つです。

一本列島の焼き鳥

7位『一本列島の焼き鳥』

美味しさ:★★★☆☆
コスパ:★★★☆☆

ビールに相性の良い焼き鳥ですが、買うなら一本列島がオススメ。

ここは、2本から(つくね・もも)買えますし、”ご当地焼き鳥”なら少し変わり種の串物もゲットできるのでバリエーションも豊富。

そして、なんといっても…

タレ以外に、別途「みそだれ」も付いてくるのですが、少しピリっとしてこれまたウマい。

”ちょっとのこだわりでココまで美味しく食べられるのか〜”と妙に納得しちゃいます。

※50円ほどお得になるビールセットやハイボールセットもあるので、ご一緒にどうぞ。

Dome Shopのカリーヴルスト

8位『Dome Shopのカリーヴルスト』

美味しさ:★★★☆☆
コスパ:★★★★☆

選手プロデュース弁当を取り扱う店舗「Dome Shop」の個人的イチオシメニューが、こちらのカリーヴルストです。

見た目以上に、食べ応え十分なのでお得感もアリますよ。

※キュッと引き締まったウィンナーと、アメリカンテイストな歯ごたえあるポテトに、スパイシーなカレーのルーをかけた一品。

まさに、お酒がすすむ”絶品サイドメニュー”と言えるでしょう。

ちなみにグルメストリートのパンフレットによると、こちらの商品はカレー・オブ・ザ・イヤーも受賞しているそうです。

その賞自体が、何かはよく分からないが…。

・・・

番外編。

ビールはもちろんですが、夏といえば”レモンサワー”ですよね!

ドーム内のいろんなお店で飲めると思うんですが、個人的にオススメなのが…

塚田農場の日向夏サワー

日向夏サワー(600円)

 

『塚田農場の日向夏サワー』です。

宮崎県産の日向夏を使ったレモンサワーで、まったりとした果汁の甘みと、濃いめに調合された焼酎。飲みごたえ充分です。

…割り箸でしっかりかき混ぜてから飲みましょう!

※宮崎といえば、読売巨人軍のキャンプ地。だから、このメニューがあるのかもしれません。

・・・

ということで、簡単にランキングしてみました。

特に、お酒好き&ビール好きな人は参考にしてもらえると幸いです。

まだまだ今シーズンは始まったばかり!あと10回くらいはドームに足を運びそうなので、この記事も定期的に更新していこうと思います。

・あわせてチェック
東京の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.