セフレにするような男性は逆に避妊しないタイプが多い

  • LINEで送る

女性の方でもセフレが欲しいと思っていたり、セフレがいるという人は少なくはないと思いますが、実際には恋人だと思っていた男性から…

”実はセフレとして扱われていただけだった”
という悲しいセフレ体験をしているという人も意外に多いのかもしれません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

自分でセフレ扱いされていることに気づくことができればいいのですが、中にはうまくセフレ扱いされていることに気づけていないという女性もいるのではないでしょうか?

そんな時に役にたつのが自分がセフレかどうか知る方法ではないかと思います。

実は女性をうまくセフレ扱いしているという男性には決まったタイプがいるそうで
それを知り、自分が今付き合っている男性に当てはめてみると相手が自分をセフレ扱いしているかどうかを知ることができるのだとか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな男性のタイプにはいくつかのタイプがあるそうで、まず第一に「避妊をしないタイプ」があるそうです。

普通であれば恋人同士であれば女性のことを気遣ってセックスの際には避妊をするのがマナーではないかと思います。しかし、このように避妊しないタイプの男性は女性を都合よく扱っているだけの場合があるかもしれません。

また、「会えば必ず求めてくるタイプ」というにも要注意ではないかと思います。

なぜなら恋人同士であるならばセックス以外の時間も大切な時間であり、セックスを目的した関係はセフレに他ならないのではないでしょうか?

確かに、セックスも一つの愛情表現なのでついつい求められることを愛情だと思ってしまいがちな所に落とし穴があるのかもしれませんね。

hotelsunreonさん(@hotelsunreon)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして「キスが適当なタイプ」もそんなタイプの一つだそうです。

男性は愛情がなくてもセックスはできますが、意外にもキスはできないという人が多いのかもしれません。気持ちのない男性はあまりキスをしないものだということを知っておくべきなのではないでしょうか?

もし、今現在付き合っていると思っている男性にこういった特徴が当てはまれば、その関係を今一度見直してみる必要があるのかもしれませんね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

セフレでもいいという人ならいざ知らず、恋人だと思っていたのに実はセフレとしか扱われていなかったとなれば傷つくのは女性の場合が多いのではないかと思います。

そういった悲劇にならないためにも付き合っている男性がどういったタイプなのかを見極めることは非常に大事なことだということなのかもしれませんね。

こういった知識を知ることで多く女性が幸せになって欲しいものですね。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.