アイス界の人気者、ガリガリ君は埼玉生まれのお菓子

  • LINEで送る

私はガリガリ君が大好きで、夏に限らず一年中、ガリガリ君を食べています。

Maigo No Agashiさん(@maigonoagashi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

コンビニやスーパーへ行けば、必ず目立つ箇所に陳列されているガリガリ君。

今や日本で知らない人はいない!と言えるほど大人気のガリガリ君ですが、埼玉発祥のアイスというのをご存知でしたか?

みずりんさん(@takako.won)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ガリガリ君はは赤城乳業が製造、販売する氷菓です。

赤城乳業株式会社は埼玉県深谷市に本社を置くアイスクリーム専業メーカーで、社名には「乳業」と入っていますが、乳業メーカーではなく、創業以来生産・発売した乳製品はアイスクリームのみに限られています。

Miyu Yoshidaさん(@yoshida.miyu)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

赤城乳業の赤城は”赤城山”からとったもので、噴火しなければ富士山よりも裾野が広かったと言われている赤城山のその裾野のような、大衆のための商品を作りたいと考えて「赤城」と名付けられました。

コーポレート・スローガンは「あそびましょ。」です。その通り、遊び心のたくさん詰まっているユニークな商品が数多く製造販売されているんですよ。

Mikako.Nさん(@mikako.n1275)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

埼玉県には、ガリガリ君を製造している工場があり、なんと見学することが可能なんです。

無料でアイスの試食ができたり、ガリガリ神社を参拝することもできちゃうんですよ。
これは絶対に行ってみたいですよね。

Kaori Itoさん(@korit110)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

見学が可能なのは、埼玉県本庄市にある赤城乳業本庄千本さくら『5S』工場です。

工場見学のためだけに、埼玉を訪れるという人も多いそうですよ。工場内ではガリガリ君についての面白い雑学や、アイスの製造工程について学ぶことができるんです。

Yoshimitsu Nishimataさん(@810_minamoto)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

日常生活では見つけることのできない、発見や驚きを体感することができます。

また、ロビーの床やスリッパ等、いたるところがソーダ色になっているんです!これには興奮してしまいますよね。

Yoshinobu Nakagawaさん(@light_seed)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに、工場では、そのソーダ色のことを「ガリブルー」と呼んでいるそうです。

オシャレな響きですね笑。
今日から私も積極的にガリブルーを使用していきたいと思います。

つねちんさん(@tunemami1026)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

赤城乳業本庄千本さくら『5S』工場は、日本のアイスクリームの約10%も生産する日本最大級のアイス工場なんです。

そして埼玉県はアイス生産量日本一なのです!これには驚きました!埼玉県は何もない場所と言われがちですが、これは全国に向けて、自慢できる一面ですよね。

Juncoさん(@jyunco1117)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに『5S』とは整理・整頓・清掃・清潔・躾の5つの頭文字をとったものです。

これらを徹底することで、ミスやトラブルを防いでいるそうです。また、ゴミ0(ゼロ)を目指す環境への取り組みや、徹底的な衛生管理も行われています。

普段何気なく食べているガリガリ君ですが、こうした厳しい管理を経て私たちのところへ来てくれるのです。そう思うとなんだか胸が熱くなりますね。これからも有難く、大切にガリガリ君をいただきたいと思いました。

つねちんさん(@tunemami1026)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

工場では1日でなんと約230万本も製造されているんですよ。

「当たり」がどのアイスに入っているかは、スタッフの方もわからないのだとか。また、気になる当たりの比率は企業秘密となっているようです。ミステリアスな魅力を抱えているガリガリ君…素敵ですね。

chi_caさん(@chi110wat)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ガリガリ君は1981年に販売が開始されました。

以来、赤城乳業の看板商品となり、埼玉を代表する氷菓の人気商品の一つとして愛され続けています。発売当時、ガリガリ君に苗字は無く、「永遠の小学生」という設定となっていました。

武藤 浩子さん(@kukuru.hiroko)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

基本的にいがぐり頭でTシャツ姿に半ズボンスタイル。

口が顔の幅より倍ほど大きく、常に歯をむき出しにしていて愛嬌があります。ガリガリ君には妹がおり「ガリ子ちゃん」という名前でした。幼稚園児ということは分かっていて、年齢は不明の設定でした。

D.Yamaguchiさん(@xiaohai55)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2000年代前半以降になると、子供達の興味関心を惹き話題性も高いキャラクターとしてガリガリ君が成長したことから、赤城乳業は販促活動をスムーズに行うため、子会社「ガリガリ君プロダクション」を設立。

精力的にキャラクタービジネスを行っています。

・・・

2000年になると、ガリガリ君は大幅にリニューアルします。

きのこ kinokoさん(@kinokonomorino)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

心機一転し、家族構成も大きく変化がみられます。ガリガリ君・中学3年生(15歳)、妹・ガリナ(4歳)弟・カジロー(7歳)、祖父・冷蔵(76歳)、祖母・ハナ(78歳)、父・ひろし(45歳)、母・かおり(47歳)、いとこ・ソフト君、となっています。

祖父の名前が「冷蔵」というのには笑ってしまいますね。

◆◇◆TM◆◇◆さん(@t.m_703)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ガリガリ君はこれまで、思い切った味わいのアイスを発売して何度も話題となっています。

「クレアおばさんのシチュー味」や「ナポリタン味」「コンソメMパンチ」など斬新なコラボは記憶に新しいのではないでしょうか?

…そして、気になるのは今年の夏に発売されるガリガリ君です。

Kayoko Okamotoさん(@kayokookamoto)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今年の新商品はソーダのライバルである「メロンソーダ」です。

もうひとつは世界的に人気の“ポケモン”とコラボレーションした、暑い季節にぴったりの「大人なガリガリ君レモン」が新発売されます。

hyonさん(@hyon_etc)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

どちらもスタンダードな味わいですね(少し安心しました)。どちらもこの夏、絶対に食べておきたいアイスです。

埼玉出身のガリガリ君は、私たちの暮らしを豊かで華やかにしてくれる存在ですね。
今年の夏も大活躍してくれそうです。

・あわせてチェック
埼玉の出会い埼玉セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。