ビンテージ家具なら埼玉のBellbet(ベルベット)へ

  • LINEで送る

こんにちは、家具やインテリアが好きな40代の男です。

僕は子供のころから建築だったり、家具だったり、そうしたモノづくりに関するもの・ことが大好きで、芸術なども大好き。

seigさん(@hakusancraft)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一時期は大工になりたいなと思ったり、工業デザイナーになりたいなと思ったりしていました。

結局、好きと仕事はまた違うんだなと思ったことや、自分の才能が実際にあるかなど、いろいろと考えたり人と相談する中で、その夢はあきらめて…

一般的なサラリーマンとして生活しています。
(…埼玉のお店の話は、また後ほど。)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ですが今でも、モノづくりやデザイン、アートなどへの情熱は冷めておらず、普段から美術館や博物館などに足を運んでいます。

家具や美術作品を、ギャラリーやショップに見に行くことも多いですね。

なかなか購入まで決意することはないのですが、これだ!と思ったものは、多少無理してでも買ってしまいます。

中村 達薫さん(@manaco1011)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ありがたいことに生活に困ってはいないので、妻も僕が買い物をしてきても許してくれてはいますが、「もうこれ以上イスを置く場所ないからね。」と言われたり。(笑)

家の大きさにも限りがありますので、結局作品などを売りに出すことも多いのですが、やっぱり素晴らしいものを見つけると買ってしまいます。

男性なら分かってくれる方、多いですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

日本のモノづくりの現場に足を運ぶことも多く、工場見学などにもいったりします。

最近は工場見学が色々な場所でできるようになっているのも、僕のような人間には嬉しいですね。日本の匠の技術を間近で見るたび、日本人でよかったなと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…そんな私ですが、最近特にはまっているのが、ビンテージ家具です。

そのデザインや作りの精巧さに加え、やはり世代を超えて語り継がれてきた家具というのは、雰囲気が違います。

maison de clozzetさん(@soupclozzet)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その家具が生まれた背景や、デザイナーのことなど、エピソードを聞いているだけでも興奮してきますし、どれも欲しくてたまらなくなるんですよね。

詳細不明の家具は、それはそれで魅力的ですし。(笑)

Good Summerさん(@enr331995)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕は埼玉県在住なんですが、こうしたビンテージ家具の名店は、埼玉にもあるんです。

僕も最近よく、埼玉県内のビンテージ家具や総合家具のお店に訪れるんですが…

saeko mashimoさん(@saeko_mashimo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

中でも特によく訪れるのが、「Bellbet(ベルベット)Warehouse」というお店。

埼玉県東松山市という、ちょっと田舎感のある地域の国道沿いにあるヴィンテージ家具専門店です。

Dubさん(@ron12luz)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ぱっと見完全に倉庫で、そこにお店があると知ってみていないと、確実に見逃します。お店があると知っていても、初めて行くと迷うかもしれません。(笑)

確かに、こんな広大な敷地、東京では確保するのも難しいでしょうし、埼玉だからこそできるのかもしれません。

Bellbet Warehouseさん(@bellbetwarehouse)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかし、知る人ぞ知るというお店で、その筋では結構有名なお店。

まったくの家具素人の人はあんまりいかないお店だと思うので、初めて行く時はちょっと緊張するかもしれませんね。でも、家具に詳しくない人でも楽しめるお店ですよ。

Bellbet Warehouseさん(@bellbetwarehouse)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なんせ、お店(倉庫)の広さは500㎡。そんな広大な店内にぎっしりと家具が置かれています。

しかも、結構無造作に置かれているものもあったりして、大量の家具の中を歩きながらチェックしていくのは、まるで宝探しのような感覚です。

Bellbet Warehouseさん(@bellbetwarehouse)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかも、スタンダードアイテムから一風変わったものまで、また、家具だけでなく雑貨などまで、商品の種類も豊富。中でも北欧家具が多いです。

確かな目利きで仕入れているので、品質が良いものが多いですが、同時に結構高級なものが多く、家具に興味のない人からするとびっくりしてしまうかもしれません。

eiriさん(@eiri_0)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

でも、ビンテージや高級家具にしかない雰囲気などは、詳しくない人でもわかるんじゃないかと思いますし、一生ものになるかもしれないと思うと、安く感じるから不思議です。

また、購入後のアフターケアや、家のインテリアのトータルコーディネートの相談など、サポートも親切なので、わからないことは恥ずかしがらずに質問してしまうのが吉。

ちなみに、都内や関東在住の人で埼玉まで足を運ぶのが大変だという人は…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

東京・吉祥寺にリペアしたビンテージ家具のショウルームもあるので、そちらに足を運ぶのもいいかもしれませんね。

ビンテージ家具が好きな人はもちろん、単純に家に置く家具を探している人にもおすすめ。店内を歩いているだけでも目の肥やしになると思います。

KNOT GARDENさん(@knotgarden1940)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

在庫数が多いので、特にこれから買う家具を決めていなくても、欲しいを見つけられます。

「…自分はこういうものが欲しいんだな」と気づくこともできると思うので、是非埼玉に住んでいる人、埼玉以外でも関東に住んでいて家具好きの人は訪れてみてくださいね。

・あわせてチェック
埼玉の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。