酒豪のアラサーOL、岡山の蔵元をめぐるヤケ酒TOUR

  • LINEで送る

ワタシ、普段はとある企業で事務職をしているフツーのOLなんですけどね。
最近、また彼氏にフラれちゃったんです…

フラれた理由は「キミって酒豪すぎるんだよね」ということなんですけど。

…正直意味分かんない!

確かにお酒は毎日飲むし、どんだけ飲んでも潰れない自信もあるし、お酒がなくちゃ生きていけないくらいお酒好き(特に日本酒)だけど!

Kenjiさん(@garappa_willow)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なんだか、自分で言っててなんだけどよく考えたらそりゃフラられるわ笑

でも、そんな大好きなお酒のせいでフラれるなんて…さすがにアラサーなワタシにとっては今回の失恋はかなり堪えました。

だからといってくよくよばっかりもしてらんない!ということで、こういう時はワタシは大体、お酒を飲んで忘れることにしてるんですが、どうせなら美味しいお酒でこれでもかってくらいヤケ酒がしたいと思ったワタシは岡山に向かったんです。

さっきも言ったようにワタシはお酒も中でも日本酒が大好きなんですよね!
日本酒ならいくらでも飲めちゃうんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なので、岡山には前から行って見たいと思ってはいたんです。
なぜかっていうと、それは岡山は美味しい日本酒がたくさんあるから!

無事、岡山に降り立ったワタシが岡山で堪能した日本酒を、せっかくだから紹介しようと思います!

…美味しい日本酒が欲しいなら、やっぱり蔵元に直接行くのがてっとり早いでしょう。

asayanさん(@joyfulphoto_0403)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんなわけでバスを乗り継いで「利守酒造」へ!ここでのお目当てのお酒は「酒一筋 赤磐雄町」というお酒。

地元のお米とお水を使った純米大吟醸!なんでも幻の米と呼ばれている、雄町米を使っている貴重なお酒なんだって。

r.t.nin01さん(@r.t.nin01)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

とりあえずまずは一杯… おいしい!

さわやかな純米大吟醸らしいフルーティな味わい、こんな美味しい日本酒を飲んだら嫌なことも吹き飛びますね〜。

やはり、日本酒にはお米というのが如何に大事かということですよね。いきなりこんな美味しい岡山の地酒に出会えるなんて、ワタシにも運が巡ってきたかも!

…さあ、もちろんこれだけではお酒が全然足りません。

Ikue Ahiru Hataさん(@ahiru.iegamo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

次に向かったのは「辻本店」という蔵元さんなんですけど、ここで作られている「御前酒」という日本酒が目的のお酒。

蔵元へは駅から徒歩10分くらいなのでワタシのようなか弱いアラサー女子でも行きやすいんじゃないでしょうか?笑

蔵元の外観はとても歴史ある感じ…それもそのはず、この蔵元の創業は1804年なんだそうですよ!歴史ある蔵元っていうだけで期待が高まってきます。

Udon Bar 武家さん(@udon_takeya)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もちろん、飲むのは目的の「御前酒」に決まり!

さて、お味の方はどうかというと、味わいのある甘さと切れ味のあるシャープな辛さもある日本酒らしい、極上の味わいですね。

うーん、さすが日本酒が有名な岡山だけあって侮れない…

この時点ですでに量は飲んでますが、まだまだ行きますよー!

それにしてもお酒が好きな人にとってタクシーって本当にありがたいですよね、お酒を飲んでるときに移動するにはやはりタクシーが便利です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんなタクシーに乗って到着したのは「嘉美心酒造」さんです!

乗ってきたタクシーの運転手さんに聞いたんだけど、この蔵元の信念がこれがまたかっこいいんです!

最近では甘口のお酒が流行ってきている中でも、流行りに流されることなく米旨口な酒を追求するという信念を持って酒造りに望んでいるんだそうです。

Takeshi Tさん(@da_krfj)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな嘉美心酒造さんでいただくのは「冬の月」

見た目も雰囲気のある素敵なラベル、なにより濃厚でありながら後味はすっきりとキレのいいお酒でした。なんだか男前なお酒ですね、ワタシ、惚れちゃうかも!笑

それにしても岡山には本当にいい日本酒がたくさんあるんだと感心しちゃいます。
もうこのまま岡山に住んでしまおうかしら…

sakaeさん(@sakae.n.world)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

とはいえまだまだ飲み足りないワタシは「室町酒造」さんにお邪魔しました。

ここは地元の岡山産のお米だけを使い酒造りをしていて「酒は序もとの米と水を使って造るからこそ、個性が生まれる」という信念があるみたいです。

そんな信念ある酒造りが評価されてなのか、日本だけでなくアメリカやヨーロッパなどでも評価されている蔵元なんですって!

asa_fumiさん(@asa_fumi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ここで飲んだ「室町時代 櫻室町」は滑らかん口当たりと甘い香りに上品さを感じられる奥深い味わいのお酒。とてもワタシ好みのお酒だなー。

そして最後に訪れた「菊池酒造」で飲んだ「燦然」もワタシ好みで最高ですよ。特に絞りたて生のお勧めです!

この香りと味わいの虜にならない日本酒好きはいないんじゃないかしら?

田畑麻衣さん(@maitabata)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今回の私の旅はここで終わりなんだけど、それにしてもこれだけ飲んでもまだまだ飲み足りないなんて思うなんて

…冷静に考えて見てもワタシって本当にただの酒豪なのかもね笑

まあ、彼氏を取るか日本酒を取るかと聞かれたら間違いなく日本酒を選んでしまうでしょう!みなさんも、もし日本酒が好きならば絶対、岡山の日本酒を飲んでみることをお勧めします!

・あわせてチェック
岡山の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.