宝くじが当たったから大分へ行ってみた

  • LINEで送る

今まで働いていた会社を辞めてから結構な時間が経って、だいぶ無職が板についてきた僕(30歳)は、この生活が気に入っていたんだけど…

貯金も残り少なくなってきて、そろそろ働き始めないとまずいなーとは思っていたんだよね。

恋人もいないし、打ち込めるような趣味もない僕は
気がついたらもう三十路…。

色々テンションは下がるけどまあ、無職らしく気楽に行こうと思ってた矢先に
衝撃の展開がっ!!!

치아키さん(@chiaki.0119)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

たまには掃除でもしようかな、と片付けをしていると出てきたのは

買った事を忘れていた宝くじ。忘れたてたなーと思って、何気なく当選番号を調べて見ると…なんと当たってました。

…とはいってもそんなにたくさんの金額じゃないし
ちょっとした贅沢ができる程度の金額でしたけどね。

kanamegさん(@megstagram0712)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

でも、せっかくだからパーっと使って
無職最後の贅沢をしようかなと思いつき、僕が向かったのは…大分!

大分にはまだ行ったことがなかったんだけど、人から聞いた話によるとかなりいい感じの観光スポットやグルメがあるのだとか。

そんな僕の無職最後の生き様を見ていてくださいね笑

nonさん(@n.cinnamon.n)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

とりあえず、大分といえば温泉が有名ではないかと安易に考えた僕は
電車を乗り継いで「由布院温泉」へ!

この由布院温泉は大分でも有数の温泉地として知られているみたいで、年間400万人もの人々が訪れるような人気スポットらしいです。

そんなこと知らずに訪れた僕は、のどかな雰囲気の中で入る温泉が最高だったので
それだけ人気があるのも頷けるなと思いましたね。

Keiko Tsukudaさん(@tsuku619)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

旅の始まりがいきなり温泉なんて贅沢極まりないですが、宝くじが当たった時くらいいいんじゃないかなと自分に言い聞かせます笑

普通の人なら、日々の疲れを癒すために温泉に入るのかもしれませんが、無職の僕はそんな疲れはないためかなんだか申し訳なく感じてしまったのは言うまでもないですが…

とはいえはロケーション、温泉ともに最高の一言に尽きますね。
大分にこんな最高な温泉地があるなんて今まで知らなかったことが悔やまれますよ。

この大分の「由布院温泉」の周辺には温泉だけでなくオシャレなお店などもたくさんあったので、観光やデート目的でも十分の楽しめそうでしたよ。

…ただ、僕は彼女もいないのであまり関係ないですけどね。

そして、僕が次に向かったのも温泉です。

またなんで温泉に行くんだと思っている人もいるかもしれませんが
この温泉は”入って楽しむ温泉”ではなくて”見て楽しむ温泉”なんです。

Marc VDVさん(@marcus_vdv)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そうです、別府地獄めぐり。

地獄めぐりは別府の街の「地獄」八箇所を周遊してまわる観光コースのことで、ここでいう地獄とは地底から噴き出ている熱湯のことを指しているんです。

もちろん浸かることが出来ない熱湯なので
…まさに地獄という名前がふさわしいですよね。

こんさん(@shiragamisama_)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さらに、この八箇所はそれぞれ全然違う性質の温泉が湧いていて、真っ赤なお湯の「血の池地獄」やコバルトブルーの「海地獄」といった感じでその光景は本当の地獄のようで幻想的であり、ちょっと怖くなります。

…僕も無職のまま死んだらこんな地獄に行くことになっちゃうのかな笑

なんてことを考えていたらお腹の虫が鳴り
いつのまにか空腹だったことに気がつきました。

Grace Cさん(@lioveicygalaxy)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

仕事をしていなくてもお腹が減る。
そして空腹を満たすために訪れたのは「由布まぶし 心 駅前支店」です。

由布まぶしでは、豊後牛をふんだんに使った人気の「豊後牛まぶし」を注文しました。

目の前に提供されたには贅沢の一言に尽きるものです。釜の中に詰められた牛肉の香りと見た目は圧巻。

…正直、僕にとっては宝くじでも当たらないと食べてはいけないぐらい豪華なグルメですよこれは。

1杯目はそのままで、2杯目は薬味と一緒に、3杯目はお茶漬けで楽しめるのが「豊後牛まぶし」の素晴らしいところ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お腹も満たされた僕が次に向かったのは
「大分マリーンパレス水族館 うみたまご」なるテーマパーク。

実は僕は意外にも生き物が好きなんですよ。特にイルカとかかわいいですよね。

ここでは大迫力のイルカのパフォーマンスや、セイウチのパフォーマンスが楽しめるので僕は大興奮!

てつこ♂さん(@_tetsuko)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

だけど、よく考えたら

三十路の男が一人でイルカのパフォーマンスに盛り上がっている様子は
知っている人には見られたくないものですね。

美食家さん(@bisyokuya.a)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして大分での最後の食事は、うみたまごの中にあるレストラン「A-Zoo」で。

このレストランからは別府湾を一望できるのもあり、ローケーションが最高です。出てくる料理もおいしくてボリューム満点なので誰でも満足できるんじゃないかな。

そんなこんなで、僕の無職最後の贅沢な旅は終わりを迎えたわけです。あまりにも楽しかったので今度はしっかり働いたお金で来ようと思いましたね。

さあ、就職活動がんばるぞ!

・あわせてチェック
大分の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.