温泉に入る?それとも見る?!大分県・温泉街の楽しみ方

  • LINEで送る

こんにちは、山口県在住、社会人3年目を迎えたサラリーマンです。

僕は福岡で生まれ育ち、大学で山口に出てきて、そのまま就職も山口でしました。
そのため、今でも周囲に大学時代の友人が結構いて、今も休みの日などは彼らと遊ぶことが結構多いです。

久乃さん(@jiunaidianzi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

高校時代の友人はやっぱり大学進学後ほとんど会えていませんし、地元で就職するよりも、山口で就職して正解だったなあとか、思ったりしています。

大学時代の友人たちとは当時から仲が良く、今でもつるみすぎなんじゃないかと思うくらいつるんでるんですが、先日その仲間のうちの1人が結婚しまして。

Hitomilkyさん(@hitomilky3691)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もちろんそれは喜ばしいことなんですが、反面、「もうそんな歳なのか…」と、ちょっとゾッとしたり。(笑)

ですが、それ以上に僕が思ったのは「このままいつまでもみんなでしょっちゅう会えるわけでもないのかもなあ」ということでした。

これからみんな家庭を持って、もっと仕事も忙しくなって、今みたいにつるむのもできなくなるんだろうな…と。

みいさん(@omi.3jsb.bsj3.imo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

友達と遊ぶ以外に全然趣味なんかもない僕としては、すごく寂しくなっちゃいまして…。

これから友達と会う時間は大事にしなきゃなっていうことと、彼女作らなきゃなっていう気持ちを新たにしたわけです。

で、せめて今のうちに楽しい思い出をつくっておきたい!!ということで、先日結婚した友人の新たな門出を祝うのも兼ねて、僕の発案でゴールデンウィークにみんなで旅行に行きました。

Sheenさん(@sheene)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

行先は、大分県。

車で行くのに遠すぎず近すぎない場所がいいな~、ということで。

大分県といえばやっぱり温泉。今は季節もいいですから、温泉なんかいいんじゃねえか、と。今考えればヤローだけで温泉かよ、とも思うんですけど。(笑)

放浪女子さん(@horojyoshi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

大分県を代表する温泉を2泊3日で楽しむ旅に行ってきました!

先に訪れたのは、名実ともに日本一の温泉、別府温泉。もはや説明不要の超有名温泉ですよね。

Marc VDVさん(@marcus_vdv)がシェアした投稿

まずは到着してすぐに温泉に入り、向かったのが「別府地獄めぐり」

なんだか物騒な名前ですが、これは「地獄」と呼ばれる別府温泉の源泉を巡る観光コースです。

別府市内には実に様々な源泉があるのだそうですが、そのうち見た目に珍しいものや温度が非常に高くて入浴できないものなど、入浴用に使われないものはいつしか「地獄」と呼ばれるようになったのだとか。

こんさん(@shiragamisama_)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

昔は地獄は厄介なものとして扱われていましたが、誰かが地獄を安全に整備するなどすると、いつしか名所として人が見物に来るようになったそうな。

現在は観光地化された地獄が市内に8カ所あり、それらを巡るのが人気となっているというわけです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかも8つのうち4つは2009年に国の指定する名勝にも指定されていて、今や別府のみならず大分の人気観光スポットとして知られているんです。

僕たちは8カ所のうち4カ所を訪れました。

正直、「何個も訪れると飽きるんじゃないかな~」「地獄とはいっても温泉でしょ?」って思ったりしてたんですが、行ってみたらものすごく楽しかったです。

SARAH LUI🌙さん(@sarahxo.x)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず、迫力がありすぎます。

やっぱり、源泉で、しかも扱いづらいものたちということで、私たちの知っている温泉とは全然違いました。当たり前ですけど。

…温泉というか、地獄の池、みたいな感じでしょうか。

takuya.kamiikeさん(@takuya_kamiike)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

特に、血の池地獄は色といい熱気といい、迫力がすごかったです。

広さが結構あるだけに、「沸騰した池」という、非日常的なものを見ている感じで、ちょっとゾッともしましたね。

そして、それぞれの地獄にきちんと個性があるというか、すごくバリエーションがあるので、飽きずに楽しめました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この地獄めぐりは、温泉旅行とか関係なく、大分に行ったら訪れるべき観光地じゃないかなと感じました。

・・・

そして1日目は別府の温泉を堪能し…

nonさん(@n.cinnamon.n)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2日目は、湯布院へ。

別府の影に隠れがちですが、湯布院も別府に続いて全国2位の温泉の湧出量と温泉の数を誇ります。

同じ大分県ですが、別府温泉とはずいぶん趣が違います。別府市は観光地としての開発を積極的に進めている感じで、空気もにぎやかでしたが、湯布院は落ち着いた、大人な空気が流れているといいますか。

Keiko Tsukudaさん(@tsuku619)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

人もたくさんいますし、活気がないというわけではないんですが、おとなしい町だなと。

湯布院は昭和の時代から大開発などに抵抗し、この街の空気を守ってきたのだそうで、なんだか、そうしたプライドが町全体から出ているように感じましたね。

Yoshiichi Tanoさん(@yoshitano228)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

1日目に結構移動して観光もしましたし、2日目はまったり過ごすのが吉、ということで、2日目はゆったり温泉に入り、街を散策しました。

大分の温泉と聞くと別府が真っ先に浮かぶ人もいると思いますが、観光というよりは、ゆっくり温泉を楽しみたいという人には、湯布院のほうがオススメできると思います。

…#Jill#❣️#Jr.#…さん(@miryong_109)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

県内にこうしたいろんな楽しみ方のできる温泉があるなんて、大分県、おそるべし。皆さんも是非、温泉旅行、そして、純粋に観光として大分の温泉地に訪れてみてくださいね。

・あわせてチェック
大分の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.