観光客も、通な人もOK!新潟県の魚市場「寺泊魚の市場通り」

  • LINEで送る

みなさんこんにちは、新潟市に住むアラサーサラリーマンです。

僕は生まれたのも育ったのも新潟なんですが、大学は関西に行っていましたし、最初の就職は東京でしていましたし…結構いろんな場所で生活してきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

結局は地元に帰ってきて仕事をしているわけでして、このまま新潟で人生を終えるかな、という気持ちもあるんですが、まぁ…まだまだ先のことはわかりません。

とはいえ、ずっと新潟でじっとしているわけでもなく、今でも結構全国の企業クライアントさんと会う仕事・役職なので…

いろんな人と日々会うことになりますし、出張でいろんな場所に出向くことが多いです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、全国を回る度に、新潟の足りない部分や、他の町にはない新潟の素敵なポイントなどを改めて感じるワケです。

…しかし逆に、クライアントさんを新潟に招いて商談したり接待することも、もちろんあるんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そこでよく、新潟のオススメのお店やスポットなんかを聞かれるんです。

ここが腕の見せ所でありつつも、プレッシャーでもあります。。あんまりマニアックすぎてもよくないし、誰でも知っているような場所でもよくないし、そのバランスが難しいんですよ。

これは新潟に限らず、全国の皆さんが頭を悩ませるポイントだと思うんですが(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

新潟は南北に非常に広いという問題点もありますから、あまり行きにくい場所ならオススメしにくいですし。

しかも、せっかくだからやっぱり新潟らしさのある場所を紹介したいよなあ…というのもありまして、いろいろと難しいんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

これまでいろいろな場所を色々な人に紹介する機会がありましたし、実際に案内することもありました。

でもその中で、意外にここはウケないんだな、というポイントもあれば…ここは思ったよりも反応がいいなっていうこともありました。

・・・

その中で、僕の中で厳選したいくつかのスポットというのも決まりつつあるんですが、中でも最近喜ばれることが多いなと思うのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「寺泊魚の市場通り」です。

新潟といえば、やっぱり海。北側は全域が日本海に面していて、あまり目立たないんですが…

海の幸はやっぱり最高なんです!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな新潟の海の幸を中心とした市場が、この”寺泊魚の市場通り”で、新鮮な海の幸を食べることができます。

都会の人はこうした、地元に根付いた魚市場そのものをあまり見たことがなくてテンションが上がる人も多いようですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「寺泊魚の市場通り」は新潟県長岡市の海のそば、寺泊という地域にある魚市場。

通称「魚のアメ横」と呼ばれるほど魚で有名な市場なんですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

新鮮な新潟の海の幸を販売する鮮魚店がズラりと並び、観光バスなどのコースにもなっている人気のスポットなんです。

・・・

この地域は佐渡島の対岸にある地域で、かつては東北と大阪を結ぶ開運ルートである西廻り航路の中継地・宿場町として知られていました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

古くから漁業が盛んで、この「寺泊魚の市場通り」は1974年に誕生。

バブルの時代などは、首都圏からも多くの人が観光で訪れるほどの賑わいを見せていたんだそうですよ。

今ではそんなバブルのころほどの賑わいはないものの、新潟のみならず日本を代表する魚市場の一つとして、今でも人気の高いスポットとなっています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

魚市場というと、閉じたアーケード街のような空間を思い浮かべる人が多いと思います。路地を歩いていると両側にお店があるというような形ですね。

…しかし、この「寺泊魚の市場通り」は、国道に面している市場で、メインストリートは国道沿いの片側一列に店がずらりと並んでいるのが特徴。

もちろん中に入った場所にもたくさんのお店があるんですが、基本的にはかなり開放的で明るいんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

これは魚市場としてはかなり独特だと思いますし、観光客としても入りやすいですよね。

ちょっと閉鎖的な空間や、通な人しか入れないようなお店が苦手な人でも、問題なく観光を楽しめると思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

観光地と本格的な魚市場をうまく合体させた、かなり素敵なスポットだと言えるでしょう。

国道沿いなので軽く訪れることもできますしね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

立ち並ぶお店では魚や貝、カニなど、様々な種類の新鮮な海産物が販売され、お店によってはその場で食べさせてくれる所も。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

また、イカ焼きや魚の塩焼きの串刺しなど、食べ歩きにもってこいな食べ物も、”屋台のようなスタイル”で、たくさん並んでいます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

また、今は時期が過ぎてしまいましたが…海水浴場としても人気。

夏場の時期には海の幸を楽しみ、そして海で遊ぶこともできて、海を堪能しつくすことができます。

新潟にはそもそも行ったことがない、行く予定がないという人も多いとは思いますが、新潟に行く際にはぜひ一度、寺泊魚の市場通りに訪れてみて欲しいです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ではみなさん、新潟でお待ちしていますよ。(笑)

・あわせてチェック
新潟の出会い新潟セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。