日本橋はサラリーマン以外、受け付けない街!?

  • LINEで送る

東京・日本橋。ここは、”サラリーマンのための街”といっても過言ではない。

日本でも有数の企業の本社、特に証券会社や銀行などを中心に、中央区・日本橋・茅場町に集まっている。

人形町

人形町・からくり櫓

 

下町文化の残る人形町。ここでさえも、街の飲食店はサラリーマンでほぼ埋め尽くされている。

とにかくスーツ以外の人を見つける方が難しいくらい、日本橋を闊歩しているのは…ほとんどがサラリーマン。下町の、のんびりした空気感は平日は微塵も感じられない。

日本橋・三越

日本橋三越本店

 

もちろん、ビジネス街は東京都内にいくつかある。たとえば、新橋なんかもその一つだが、こう言ってはアレだけど…

日本橋サラリーマンの方が上品に見える。

会社の規模が違ったりするという事もあると思うし、丸の内や大手町、六本木・赤坂なんかも細かく見れば、いろんなサラリーマンにセグメントできるのかもしれない。

・・・

ここで、日本橋のいわゆる”有名なスポット”を2つ紹介しておきたい。

日本橋

『日本橋』

実際に、”日本橋”と呼ばれる橋がある。下を流れるのは隅田川。周辺には隅田川に架かる形でいくつかの橋があるのだが、その象徴の一つと言える橋。

※ここから周遊クルーズの船が出発していたりもする。ちなみに上を走るのは首都高。

日本橋

写真ではのどかに見える日本橋

 

とにかくビジネス街にかかる橋は、車もびゅんびゅん通るし、街ゆく人もみな厳しい顔つきをしていて…全くリラックス感はない。

ただ、それはそれで新鮮。みんな真剣な顔をしているので観光として楽しめないが、行ってみて損はないだろう。

日本橋

手に持っているのは、昭和までの東京都のマーク。

 

ちなみに、日本橋でランチを食べようと考えている人がいれば、絶対にやめておいた方がいい。

とにかく飲食店の数に対してサラリーマンが多く、昼はもちろん夜でさえもサラリーマンが全ての店を占拠していて入るところに困るレベル。観光で軽くランチを楽しもうと思っても、入れる店はほぼない。

※土日は多くの店がお休みするので…まぁ、ドコに行くにしてもサラリーマンを考慮しないとプランニングはできない。

・・・

そして、もう一つのスポットがこちら。

東京証券取引所

『東京証券取引所』

みなさんも良く知る場所だと思う。一度中に入ってみたいという人も多いだろう。HPを見る限り、ここは自由に施設内も見学もできるそうで、有料で解説付きのアテンドをしてくれるサービスもあるようだ。

ただ…一般人を受け入れる空気が、東京証券取引所には”全く”ない。

※入り口の警備員は前を通るだけで睨んでくるし、”いらっしゃい”といった感じや、”ようこそ、入り口はこちらです”みたいな雰囲気はゼロ。

本当に一般人が入れるの?といった感じで、見学者をまるで選別しているような気さえしてくる。中に入りたいなら、それなりの覚悟で臨みましょう。

以上、日本橋からでした。

・あわせてチェック
日本橋の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。