日本橋・茅場町の老舗名店ランチを検証してみた(和食編)

  • LINEで送る

日本橋・茅場町。

ビジネスマンの集うこの街は、お昼時になると皆さんランチに熱心。サラリーマンやOLたちが、飲食店の前に行列を作っている。

今回は、そんな中でも”老舗の名店”と言われるお店を3つ回ってみたので、評価・検証してみたいと思う。

長寿庵

お店は地下一階

 

『長寿庵』

明治40年創業の老舗お蕎麦屋さん。店内は広く、夜はお造りや天ぷらを中心とした懐石料理も提供している。

※メトロに乗るとよく流れている、石原さとみ主演のCM「Find my Tokyo.」の茅場町編にも登場する名店。

天せいろ

エビはわりと大ぶり

 

ここでは、天ざる(天せいろ)をオーダー。…その値段、1,700円。

や、お店も綺麗だしエビも大きめだけど2匹だけ。それで1,700円はかなり高いんじゃないか?というのが第一印象。

※客層を見ていると、大企業の重役さんたちが普通に食べに来ている感じなので、ま、それ相応の値段をとっているというレベル。

結果…普通の味でした。汗

別に不味くはないが、1,200円くらいかな。天ぷらもそばの食感も、う〜ん、全然飛び抜けていない。

注)ちなみに、僕が個人的に一番好きな蕎麦屋は、浅草の「並木藪蕎麦」です。

参考:浅草観光は月曜日(平日)がオススメ!観光客の多さを検証

・・・

気を取り直して、2軒目。

鳥徳

ランチタイムは確実に行列

 

『鳥徳』

こちらも創業は明治時代。日本橋サラリーマンのお腹を長年満たしてきた名店。2階は座敷になっていて、鳥料理以外にも鰻も名物みたいですね。

※ランチタイムのメニューは、A・B・Cという三種類の弁当の他に、きじ重・鰻重上があります。

A弁当

鶏肉とつくねが乗った「A弁当」

 

もう、最高〜!!!!マジうまいです。

※食べたのは「A弁当」950円。この価格、そして無駄のないお重スタイル。彩りも考えグリーンピースを配置。完璧。そして潔い。

タレが染み込んだ鶏肉は歯ごたえ十分。そして、つくねの食感も最高。タレも美味しいが、そこを超えてやってくる鶏肉とつくねの風味に感動。

※ご飯も適度にタレが染みていて美味しい、炊き込み具合も少し固めで僕好み。満点でした。

・・・

さて最後は…天丼いってみましょう。

てんぷら みかわ

ちょっと入り組んだ路地にあります

 

『てんぷら みかわ』

創業は約40年前。…調べてみたらそんな老舗でもなかった。

ちなみに以前、日本橋茅場町のサラリーンマンの群れを避けるため、あえて13時過ぎに行ったら、売り切れで食べられず悔しい思いをしたお店。

※なので、今回のリベンジでは開店時間(11時半)の数分前に行ったのだが、それでも15人くらい並んでいた。汗

天丼

天丼(1,200円)

 

ランチメニューは、”天ぷら定食”と”天丼”の2種類。今回は天丼をオーダー。

※どんぶりで出てくるのかと思ったら、お重でした。ま、どっちでも良いですが。店の注文を見る限り、若干”定食”をオーダーする人の方が多かったかな?という印象。

そして気になるお味ですが…う〜ん普通。

味付けはお店で食べる味だと思うが、天ぷら自体の印象は仕出し屋の弁当の天ぷらレベルかな。なんか、思ったより普通の天丼だった。。。

※『銀座天國』の天丼も個人的には、ん〜??イマイチ?って感じだった。僕自身、関東の天丼が全体的に好みじゃないのかもしれません。

やっぱ、天ぷらも浅草の「並木藪蕎麦」が一番だな!

以上、日本橋茅場町のランチレポでした。

・あわせてチェック
日本橋の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。