実は世界で唯一!猿が温泉に入る、長野の『地獄谷野猿公苑』

  • LINEで送る

みなさんは、日本らしい風景や日本の原風景というものを考えたときに…どんな風景が思い浮かぶでしょうか?

注:イメージ画像(出典 Instagram)

夕日が沈んでいく田んぼの風景など、昔ながらの里山を思い浮かべる人がいたり、波の立つ海を思い浮かべる人がいたり…

人によっていろいろなイメージが湧くと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

海外の人から見たイメージも考えるとまた色々なものが出てくるでしょうし、”日本らしさ”と言われると、どんどん候補は増えていくと思います。

(長野の温泉の話は、また後ほど…)

・・・

ちなみに、私が言われたときに最初に思い浮かぶのは…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

温泉ですね。

そして、なぜだか温泉と聞いてイメージするのが、”猿が温泉でゆっくりしているイメージ”なんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

”温泉”と”猿”が結び付く人って、…私以外にも多いんじゃないでしょうか?

・・・

というのも先日、会社の昼休みに同僚とお弁当を食べながらテレビを見ていた時に「日本らしさ」のようなテーマを扱っていたので、それについてみんなで話していたんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そこで私が思い浮かべたのが、「温泉と猿」だったんですよね。

私は現在24歳のOL。これまで旅行で温泉に行った事って、よく考えれば人生で2回くらいしかないんですが、そこでふと思ったことが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

実際に猿が温泉に入っているところを見てみたい!

…でもあれってドコなんだろう?って気になって検索してみたんですよね。すると、実は猿が温泉に入っているのが見られるのは”日本で1ヶ所だけ”ということが判明したんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そのスポットは長野県にありました。

東京からもそこまで遠くなかったので、同僚女子3人で長野まで行って来ましたよ〜!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなにに、その場所こそが長野の「地獄谷野猿公苑」です。

地獄谷温泉は長野県下高井郡にある温泉郷で、そこにある野猿公園を地獄谷野猿公苑と言います。日本有数の雪大国、長野、その中でもスノーリゾートとして知られる志賀高原スキー場のある場所ですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私たちのように、日本人でもその存在を知らなかったという人は多いと思いますが…

実は地獄谷野猿公苑は、国際的にも非常に有名な観光名所として知られています。

英語圏では「Snow Monkey Mountain」なんて呼ばれて、実際にも観光客も半分以上が外国人という日も多いみたいですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな地獄谷野猿公苑の開園は1964年。

戦後に森林開発が進み猿が里に下りてきた際、人々はサルを殺そうとしたそうですが、人間とサルの共生を目指した初代苑長が、これをきっかけに開園。地獄谷野猿公苑は誕生しました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その後、好奇心旺盛な猿が近所の温泉に入るようになり、世界初の「猿の入る温泉」という観光スポットが生まれたそうです。

(後に、サル専用の温泉が別に作られる事に。)

ということは、温泉に入る猿のイメージって、この50年くらいで生まれたものだったんですね。もっと昔からあると思ってた…。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに、この公苑周辺は冬になると雪も積もり、車での通行もできなくなるそうです。なので、行かれるのであれば、時期はチェクしておいた方が良さそうです。

・・・


ちなみに園内に入ると、確かに外国人の人が多い!

猿を見つけてはみんなが取り囲んで写真を撮っています。私たちはその外国人を見つめる感じ…笑。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

長野に外国人が好きなスポットがあるというのも、なんだか意外でしたね…。

ただ、実際ナマで見てみると…正直思っていたような光景ではなかったというか、”ほっこり感”が足りないな~って感じたのは否めません。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

が、これは聞くところによると”時期の問題”だそうで、私たちがイメージするようなほっこり、気持ちいい~っていう入浴シーンは、寒い寒い本格的な冬に見れるそうです。(1月下旬くらいかな?)

私たちが訪れたタイミングだと少し早かったということのようですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに夏場など、寒くもない時期には温泉に入るの自体見れなかったり、出産の時期はサル自体が少なくなることもあるそうです。

猿の姿を見れただけでもラッキーだったのかもしれませんね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

長野でしか”温泉猿”が見られないというのは衝撃的事実でしたが、この機会に皆さん、一度長野県に観光に行ってみてはいかがですか?

長野はこれからスキーの季節ですし、色々な楽しみ方ができると思いますよ。

・あわせてチェック
長野の出会い長野セフレ長野の童貞

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。