ワインに目覚めたおじさんが長野のワイナリーへ行く

  • LINEで送る

私たちの食生活に深く根付く飲酒文化。

昔に比べるとお酒を飲まない若者が増えているなどといわれていますが、それでもやっぱり私たちのようなお酒好きはたくさんいますよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お酒と一口に言っても、色々ありますが、私は最近ワインやシードルといった果実酒にはまっています。

昔はあんまりワインて好きじゃなかったんですが、40過ぎた最近になって、ちょっとずつ魅力がわかるようになってきまして。

っていっても、何年産のどういうワインがとか、うんちくを語れるほどのレベルではありませんで、ただただ飲む専門なんですが。

野田祥子さん(@sachiko0418)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この歳になってくると友人の中にも1人くらいはワインに詳しい人がいて、そういう人と食事をする際なんかにワインのことをちょっと教えてもらったりしながら、楽しんでいます。

それで、私にいつもワインのことを教えてくれる友人が、「今度一緒にワイナリー見学にでもいってみない?」と誘ってくれました。

「え、フランスにでも行くのかな?!」とびっくりしましたが、「いや、国内でも美味しいワインを作っているワイナリーはいっぱいあるから」と。

うん、そりゃそうですよね。

染井よしの🌸さん(@ranjingyoshino)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

で、日本でワインといえば、やっぱり長野県!というのは私でもわかります。

長野なら我々の住む静岡県からも近いですし、それは楽しそうだなということで、長野県のワイナリー見学に連れて行ってもらいました。

ご存知の通り、様々な果物の栽培が盛んな長野県はぶどう栽培に適した自然条件を備えていて、ワイン用ぶどうの生産量日本一。原料となるブドウの生産が盛んということは、当然ワイン生産も盛んで、県内には大きく分けて4つの地域に合計20以上のワイナリーがワインづくりを行っています。

KIJEさん(@kije_magazine)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

長野県では「NAGANO WINE」として県産ワインをブランド化する取組を行っています。

そして、2002年からワインをはじめ、様々な食品に関して始まった「長野県原産地呼称管理制度」という制度もあって、現在更なるブランド力向上が進められているんだとか。

長野でも有数のワイン産地である塩尻市には、授業の一環としてワインの生産を行っている高校もあるほどだそうです。恐るべし長野県。

そんなワイン大国長野で、今回私たちが訪れたのは、長野北東の千曲川ワインバレーというゾーンの2つのワイナリー。

植木剪定さん(@ncsom.973)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず1ヶ所目が、東郷市にある「ヴィラデストワイナリー」

子のワイナリーはエッセイストで画家の玉村豊男さんが自ら飲みたいワインをつくりたいと、2004年にオープンしたワイナリー。

Kaoさん(@kaori_shimamoto)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2008年の洞爺湖サミットでは、「ヴィニュロンズ・リザーブ シャルドネ2005」が各国の賓客にふるまわれたという実績も持ちます。

ワインに限らず、「自分の欲しいもの、食べたいものを作る」メーカーは高い品質を誇るものですが、こちらで作られるワインも、こだわりぬいて作られる一級品。

Fukikoさん(@fukiko716)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ワイン自体ももちろん素晴らしかったのですが、もともとは玉村さんの自宅の庭先だったということもあって、箱庭感といいますか、なんだかプライベートな空間が自然に囲まれているといった形で、ワイナリーそのものが非常に魅力的な空間でした。

レストランは予約ですぐにいっぱいになるほどの人気なのだそうですが、今回は友人が予約してくれていたため、レストランで食事させていただくことができました。

chie_nakaさん(@chienaka911)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

レストラン・カフェで提供する食事も、地元の野菜や食材にこだわって作られているということで、絶品。

ぶどう畑やアルプスの山々の絶景を望みながら食べる食事は一級品で、もしワイナリーでなく、レストランだったとしても人気が出ているだろうなと思いました。

ショップも充実していて、これはわざわざ現地に来る価値のあるワイナリーだなと納得。

yoh_taさん(@yoh_ta)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

2軒目は、ヴィラデストワイナリーから車でそう遠くない「マンズワイン小諸ワイナリー」

ワインの種類に合わせてぶどうの栽培方法も変えるなど、並々ならぬこだわりで知られるワイナリーで、高級プレミアムワインの生産でも有名です。

—Mika—さん(@mikarin1108)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私も高級ワイン「ソラリス」を、お土産に買ってしまいました。
旅は気が大きくなってしまうから怖いですね。(笑)

小諸ワイナリーの周辺は街並みも素敵で、ワイナリー見学だけでなく、街歩きなども含めて全体として旅行として楽しめました。

こうした魅力的な町だからこそ魅力的なワインが生まれるんだなと妙に納得しました。

@cherry_home_がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

正直、ワイナリー見学に行く前は、「時間をかけて現地に行く価値がどれくらいあるのか」という部分に半信半疑だったのですが、ワイン好きがワイナリ―に足を運ぶ意味がよく分かりました。

もっとワインが好きになってきていますし、沼にはまりそうで怖いという気持ちも多少あります。(笑)

momochan41123さん(@momochan41123)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

これは実際に行ってみないとわからないと思いますが、現地で飲むワインがおいしく感じるのは、錯覚だけではないんじゃないかなと思いますね。

長野以外のワイナリーにも今度行ってみようと思います。

みなさんもワインに興味が出てきたら、長野や各地のワイナリーに訪れてみてくださいね。

・あわせてチェック
長野の出会い長野セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.