長野発!日本で最初のスキーメーカー『OGASAKA』

  • LINEで送る

みなさんこんにちは。愛知県在住、アラフォーに差し掛かりつつあるサラリーマンです。

今年の夏は驚くべき暑さでしたが、皆さんは体調など崩さなかったでしょうか?

…ようやく少しずつ涼しい日も出てきて、何とか夏を乗り越えられたかな?という感じですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

これから秋になり、寒い冬がやってくるわけですが…

皆さんは、夏と冬ではどちらが好きですか?

暑いよりは寒いほうがいいという人、寒いよりは暑いほうがいいという人、様々だと思いますが、僕は冬が大好きなんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なぜかというと、ウインタースポーツが大好きだから。

…実は僕、生まれが長野県で、昔から冬になると家の近くの山へ行ってスキーだったりスノーボードだったりをするのが恒例というか、日常となっていたんですよね。

雪や山が近くにない地域の人にこの話をすると驚かられるんですが、雪国ではこういうのは割と普通です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ですから、就職の関係で長野を出てからは…

冬に気軽にスキーに行けない、スキー場が近くにない、なんていう状況に非常にフラストレーションがたまって…特に最初はつらかったですね。

スキー場があるというから行ってみても、雪の質・傾斜など、いろんな点で、”これじゃないんだよ!”っていう感じでした。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まあ、都会の生活に慣れてみると…地元での生活が野生すぎたという気もするんですけど。(笑)

・・・

今では慣れてきましたが、今でも冬になればウインタースポーツを楽しみにスキー場に出かけますし、必ず年に一度は地元に帰っています。

結婚してからは、かなり回数も減ってきていますけどね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

周りにはまだ気が早いと言われますが…

もうすぐ待ちに待った冬がやってきますし、今から自身のスキーグッズを引っ張り出してきて、メンテナンスしたり、準備を始めていますよ。

・・・

そんな長野出身のウインタースポーツ好き男の僕ですが、愛用しているスキー板も、地元・長野のメーカーのモノ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

みなさんも、長野はウインタースポーツが盛んな地域というイメージを持っていると思うんですが、ある意味当然かもしれませんが…

ウインタースポーツに関連するグッズなどの生産も”長野”では盛んなんです。

・・・

中でも、有名なものが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕も愛用している「OGASAKA」というメーカー。

長野発のスキーメーカーとしてスキー好きなら誰もが知る有名ブランドで、長野が誇る企業の一つ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今回は、皆さんにもっとウインタースポーツに興味を持ってもらいたいので、OGASAKAについて解説したいと思います!

・・・

「OGASAKA」は長野県長野市に本社を置く、スキーとスノーボードを中心に製造するメーカー。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「OGASAKA SKI」「OGASAKA SNOWBOARDS」など、ウインタースポーツに関連する製品をブランドごとに分けて製造しているメーカーなんです。

その歴史は、なんと100年以上。

1912年に家具職人だった初代・小賀坂濱太郎がスキーメーカーとして創業したのが始まりといいます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに、当時国内にはスキーメーカーはなかったのだそうで、このOGASAKAがスキーメーカーとしては国内第一号なんだとか。

・・・

日本にスキーが伝わったのは明治に入って少し経った1890年代だと言われていますが、本格的に普及したのは1911年頃だそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この時、オーストリアの陸軍少佐であるレルヒ氏が、新潟の陸軍基地で”スキー”を伝授。

その日の日付から1月12日がスキーの日とされていることなどは、知っている人も多いのではないでしょうか?

これが本格的な日本でのスキー発祥といわれているわけですから…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「OGASAKA」の1912年創業というのが、日本で一番早かったというのは納得ですね。

もともと家具職人として有名だった小賀坂氏は、旧制中学校の生徒用のスキー板製作を依頼され、スキー作りを始めたんだそうですが…

やっぱり一流の職人には何を作らせてもすごいということですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その職人の技とこだわりは現在まで息づいていて、OGASAKAでは今でも必ず芯材には天然木を使用、そして加工は職人による手作業。

プロ仕様のスキーから初心者向けのものまで、幅広いラインナップがありますが、どんなラインでも最上級の素材と技術で妥協なく作られた、OGASAKAブランドのスキー板。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今でも多くのスキーヤー、スノーボーダーに選ばれ続けています。

1958年には株式会社となり、100年以上の歴史を持ちながら今だに業界のトップを走り続けているんですね。

それだけで、もう品質の高さは折り紙つきと言えるでしょう。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

価格は決して安くはないですが…

スキーの相場を考えると手が出ないというほど高いわけではないですし、スキー板を購入しようと考えている人は、ぜひ一度、”OGASAKA”に注目してみてくださいね。

・あわせてチェック
長野の出会い長野セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。