米どころ・長野にある宮坂醸造の”真澄”がウマい

  • LINEで送る

こんにちは、お酒大好き、30代サラリーマンです。
東京都で妻と息子と3人で暮らしています。

松下 健一さん(@kenichi_matsushita)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕はお酒が大好きなんですが、最近まで普段飲むのはもっぱらビールでした。

しかし、もういい大人になってきたし、ビール以外のお酒の楽しみに手を出していくのもいいかな~、なんて風に思いまして、ワインやカクテル、日本酒など、様々なお酒をたしなむようになってきているところです。

The Wine Hoarderさん(@the_wine_hoarder)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もともとアルコールには強いほうですし、割とビール以外のお酒もなんでもおいしいなとすんなり入っていくことができまして、楽しいお酒ライフを送っているのですが…どのお酒も美味しくて、ついつい飲みすぎてしいまして。

最近目に見えて太ってきたので、ちょっと控えたほうがいいかな~、と思いつつ。

そこで、量を控えて、料理との合わせを楽しんだりしながら、ただガブガブ飲むのとは違ったお酒の楽しみ方をちゃんと知っていくのが、これからの自分には大事だなということに思い至り、実践しているところです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

すると、これまでとは違うお酒の奥深さに気付き、ハマってしまいました。お酒の作り方や生まれた背景などにも興味が出て、いろいろ調べるようにもなったんですね。

特にワインと日本酒は味もそうですが、歴史や製法なども奥が深い。

以前はお酒のうんちくをやたら語る人が苦手だったんですが、気持ちがわかるようになってきました…。

自分も気を付けないと。(笑)

・・・

そんなわけでいろいろと調べたりしているんですが、先日、長野旅行に行ってきたという同僚がお土産を買ってきてくれまして。

makoさん(@sou32mako)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お酒買ってきたよ~、というから、ワインかなと思ったら、まさかの日本酒でした。

え、長野で日本酒なの?となったんですが、彼曰く、「長野はワインだけじゃなく日本酒もおいしい銘柄がたくさんあるっていうことで知られてるんだぞ」とのことで。

Life memoryさん(@_.hiroco._)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

勉強不足だったな~と思いながら、持ち帰ってそのお酒を飲むとすごくおいしかったので、さっそく長野の日本酒について色々と調べてみました。

長野県にはアルプスの山々がありますが、これらの山からは上質な水が流れ出てきますし、なんといっても安曇野という超有名な水の湧出地がありますよね。

ぞの麦酒ぼく和酒さん(@zonoshubo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さらに、自然が多く土壌も肥沃ということで、米作りには非常に適した土地。ということで長野県は米の産地としても有名なんです。

米の生産者の技術の高さでも知られていて、玄米検査時の品質を示す1等米の割合は、長年全国1位を保っています。

@madrigal.85がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

長野県の農家は全国規模の米のコンテストで多くの賞を受賞していて、実は長野のお米の評価は年々高まっているんだそうです。

ハイレベルな米と水があるのなら、美味しい日本酒ができるのも当然。
…というわけで、実は日本酒造りも盛んな長野県。

yukoさん(@yu_0202_ko)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

酒造の数は70を超え、なんとその数は新潟県に次いで全国2番目なんだとか。

正直、僕はここまで調べて「え、日本酒もそこまですごいの!」と思ったんですが、これ、常識なんでしょうか…。

だとしたら大反省ですね。

ちなみに今回、同僚がお土産に買ってきてくれたお酒は宮坂醸造という酒造の「真澄」というお酒。

長野県諏訪市で創業し、1662年、なんと江戸時代から酒造りを始めた老舗で、主力商品である「真澄」は食事にもピッタリの辛口。辛口なのにまろやか、という一見相反する複雑な味わいで飲みやすく、全国に多くのファンがいます。

まさに、長野県を代表するお酒・酒造といえそうですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに宮坂醸造は大正時代から味噌・醤油の製造も行っていて、10年ほど前にその部門を分社化。

そちらは「神州一味噌株式会社」と言います。この味噌も今度食べてみたいですね~。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

宮坂酒造は味噌・醤油の製造もしていると説明しましたが、長野県の酒造って他にもユニークな事業をしている蔵が多いんです。

あま酒やお酒を使ったスイーツを作っている蔵元や、ジャムや化粧品を作っている蔵元など、ユニークな取り組みを行っている蔵元が非常に多い。単純に蔵元の数が多いというのもあると思うんですけど、果物の栽培が盛んで、ワインなども作られている長野県だからこそ、こうした独自の商品開発が進むのかなと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

他にも長野県の酒造を色々と調べてみましたが、どれもおいしそうですし、蔵見学ができる場所もたくさんあるということで、今度日本酒好きの友人と一緒に見学に行ってみてもいいな~と思ったり。

日本酒とワインをどちらも楽しめると思うと、すごくワクワクしてきますね。
車で行けないのがつらいところですが…。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

是非、お酒好きな人は長野県のワインだけでなく、日本酒にも注目してみてくださいね。

・あわせてチェック
長野の出会い長野セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.