宮城の湿地・世界谷地で悩みを吹き飛ばしてきました

  • LINEで送る

こんにちは、私は都内で大学生をしています、20歳女子です。

みなさん、ゴールデンウィークは楽しく過ごせたでしょうか?私は、正直あんまりいいことがなかった一週間となりました。

Hirotoさん(@h._______62k)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

というか、今年度に入ってからあんまりいいことがないんですよね。

受けたかった授業やゼミはことごとく希望から外れてしまうし、彼氏にはフラれるし、バイト先でなぜか無断でやたらとシフト増やされるし…

これでもかっていうくらい、この1ヶ月でヤなことがありまして。

それで家で落ち込んでたら家の手伝いしろといわれますしね…。まあ、さんざん。ゴールデンウィークも楽しく遊ぶ気にもなれず、結局家でダラダラしたり、ちょっと近所に出かけるくらいで。

Tony Cheukさん(@tonycheuk1217)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「もうやだな~、誰とも会いたくないし、生活に疲れたよ~」なんて愚痴を、親友にこぼしていたら、「じゃあ、いっそのことどっか人に会わなくてもいいところに旅立ってみたらいいんじゃない?」と言われ続けて…

「旅に出るなら付き合うよ」と、男前な発言。…あんたが男ならよかったのに。

「いや、ゴールデンウィーク終わったとこだし、学校もあるしさ…」と渋っていたら、「いや、一週間くらい休んだって大丈夫だし、それが大学でしょ!」と、強引に旅行をすることに決められてしまいました。ほんと男前。

実は心の中では、「何それ、超青春っぽい!!」ってはしゃいでいたのは秘密です。

行先とか、もろもろのことは任せろというので、お任せにして、言われるがままについていったら…

GTOさん(@kosukegto1031)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なんと、そこは宮城県でした。(笑)

「なんで宮城?」って思ったんですが、彼女曰く「傷心旅行は自然の雄大な場所。自然といえば宮城でしょ!」だそうです。

…よくわかんないですが、そういうことだそうです。(笑)

正直個人的にはあんまり自然=宮城というのはぴんと来なかったんですが、彼女としては多分以前から行きたいと思っていたんでしょうね。

宮城県のどこに行くつもりなんだろうな~??と思っていましたが…

Takeshi.sさん(@tk4_81141)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

訪れたのは栗原市という地域。

岩手県や秋田県との県境付近の地域で、宮城県の北端の地域になります。
なので、思ってたよりは結構遠かったです。

Hidetoshi Watanabeさん(@hidetoshi6)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この栗原市の目玉スポットというのが、「世界谷地」

私は正直初めて聞いたのですが、自然観光スポットとして非常に名高いスポットだそう。「世界谷地」とは「とてつもなく広い湿原」という意味で名づけられたもので、その意味通り、広大な湿原が広がっているスポット。

705さん(@bell705)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

湿原というと北海道などのものが有名ですが、私は湿原というものに行ったことがなかったので、この世界谷地の説明を行きの電車の中で受けて、かなりテンションが上がってしまいました。

ただ、懸念事項は、この湿原が山の中にあるということ。
栗駒山という、標高1600メートル程度の山の途中、標高700メートル程度の場所に広がる湿原なのだとか。

hitomi kosekiさん(@hitomi3ko)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

軽く登山をしなければたどり着けないのか…。

自慢じゃありませんが、壊滅的に体力がない私でも大丈夫かなと心配になりましたが、きてしまったものは仕方ない!と覚悟を決め、宮城県についてからレンタカーでいざ世界谷地へ出発!

achamiさん(@acham.cosmos)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

駐車場に着き、意を決して歩き始めましたが、20分くらい歩いたら到着しました、世界谷地。(笑)

駐車場の位置がすでに山をある程度登った場所になっていて、世界谷地の手前くらいまで車で行けるようになっていたようです。

観光客も多いんだし、標高も低めのゾーンだったら、そりゃそうか。と拍子抜けしましたが、私としてはちょっとラッキー。

Norikoさん(@nonchi.08)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

世界谷地では、広大な湿原に木の細い通路が設けられていて、まわりに草、木、花しかない大自然の中をトレッキングすることが可能な、超自然スポット。

そもそも湿原というのはその名の通り、淡水によって常に湿っている草原のことを指しますが、この湿原は、深さ1.3メートルに及ぶ泥炭層の上をミズゴケ類の厚い層が覆っていて、その表面に高山植物が群生しているのだそうで、大小8つの湿原から構成されているのだそう。

twfv05さん(@twfv05)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

5~9月にかけて様々な花が咲き乱れるので、その時期に観光客が多くなり、それ以外の時期にはほとんど人が来ないみたいですね。

私たちが訪れたころはちょうどミズバショウが咲き始めたころで、結構たくさんの人がいましたが、6月にニッコウキスゲが一面に咲くころには駐車場も満車になるほどの人が訪れるんだとか。

Koichi Takahashiさん(@51luchi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

人が多すぎず、少なすぎない絶妙な時期にこれてよかったな~、と感じました。

正直最初に行くことを告げられた時はピンときてなかった今回の宮城県への旅でしたが、思った以上に楽しくて、私もなんか、全部どうでもよくなっちゃって。

結局一泊だけしてすぐに東京に帰ってきてしまいました。(笑)

Yoshito Watanabeさん(@yoshito408)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

悩みを抱えているときは大きな自然に触れるのは、確かにいいなと感じましたし、みなさんもぜひ宮城県、世界谷地に一度訪れてみてください。

私もまた宮城県のほかのスポットにも訪れたいな~と思っています。

・あわせてチェック
宮城の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.