伊勢うどんを手軽に再現!平和麺業(三重)の麺・タレセット

  • LINEで送る

こんにちは、三重県出身、うどん大好きなサラリーマン、25歳(男)です。
僕は大学卒業までずっと地元にいて、現在は大阪の企業に勤めています。

ずっと過ごした地元を離れてちょっと寂しいですが、もうだいぶ慣れてきましたし、大阪は三重からそんなに遠くもなく、文化的にも結構近いので…何とか楽しくやっています。

ハラ☆デリックさん(@menkui_curry)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それに、関西は僕の大好きなうどんの名店も非常に多い!

大阪に限らず、兵庫や京都にも名店がたくさんありますし、四国にも結構近いので本場・香川のうどんも食べに行くことができます。

今まで3回くらい日帰りでうどん巡りの旅をしたこともありますよ。

フランボワーズさん(@framboise715)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ということで、それなりに関西ライフ・うどんライフを楽しんでいます。

週に5食はうどんを食べる僕なんですが、お店に食べに行くことはもちろん、自分でうどんを作って食べることもあります。

…そもそも、うどんは庶民の食べ物。

お店で作って食べるのはもちろん、家で作って食べることもよくあるとは思いますが、僕は当然ながら、家でうどんを作るのにも結構こだわりがあります。

Takashi Uenoさん(@takashiueno1117)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

麺やつゆにこだわるのはもちろん…

そこにのせる天ぷらだったり、お肉だったりも自分でおいしく調理しますし、トッピングのネギなどにもこだわります。

どうせ作るんならやっぱりおいしいものがいい、しかもうどんならなおさら、というわけです。

・・・

そんなこだわりの強い僕ですが、いつも使う麺は、地元・三重の企業でもある「平和麺業」のものを使うことに決めています。

Kaori Itoさん(@ito.kingyo.kaori)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

地元愛ということもありますし、この平和麺業の麺は本当においしいんです。

知り合いなどにうどんをふるまうと必ずと言っていいほど絶賛されますし、どこの麺やつゆを使っているのか聞かれるんですが、残念ながら平和麺業といってもあまりピンとこない人が多いようです。

…というより、そもそも、皆さんあんまりうどんの麺にこだわりを持っていないというか、スーパーで並べられている一番安いものをなんとなくかごに入れている感じなんですよね。

Akiyoshi Inagakiさん(@akiyoshi_inagaki)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

三重県民として、そしてうどん好きとして、そういう人たちには平和麺業のすばらしさをいつも語ったりしています。

そもそも三重県は、伊勢うどんというご当地うどんもあるくらい、うどん、そして麺の生産、消費が盛んな地。県内には多くの製麺所があり、全国有数の麺生産量を誇る地域。

ラー 麺十郎さん(@ramenjuro)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

言い伝えによると…

ある日、1人の旅の僧が、朝明川河畔の農家に一夜の宿を請い、その手厚いもてなしのお礼に、素麺作りの秘伝を授けたことで、手延べそうめんづくりが活発化したといわれているんだそうです。

ただ、有数の生産地であると同時に、有数の消費地でもあるため、その多くが地元・三重で消費されてしまうこともあって、全国的な知名度が思ったよりも高くない状況だったりします。

Yasuhiro Moriさん(@tenby71)がシェアした投稿

平和麺業は昭和29年に、そんな三重県四日市市で創業した製麺企業。

主な製品は手延べ麺で、うどんはもちろん、そばやそうめんなど、様々な麺類を製造しています。

平和製麺では地元三重の厳選された素材を使うことにこだわり、うどんは厳選した2種類の小麦粉をブレンドしながら職人が時間をかけて作り上げていて、その様子はホームページなどから見ることができます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

やっぱり素材から製麺まで、地元にこだわって生産しているというのが、地元の人間としては嬉しいですし誇らしくもありますよね。

温かいうどんでも、冷たいうどんでも美味しく食べられるオールマイティーさは一級品ですし、もちろん、温かいうどんや冷たいうどんに特化した麺などもたくさん作られています。

また、麺のみの商品ももちろんあるんですが、個人的に好きなのが…
”タレなどをセットにした商品”。

なみへーさん(@namiheyheeeeey)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

三重の伝統的な伊勢うどんは、一般的なうどんとは違い、たまり醤油風のややトロっとしたタレに麺を絡ませながら食べるのが主流。

…そんな伊勢うどんを、手軽に楽しむことができるんです。

しかもタレも素材に徹底的にこだわって作られた、妥協無しのもの。全く、おまけというレベルではありません。麺をゆでてタレと一緒に器に盛るだけで、本格的な伊勢うどんを自宅でも楽しむことができます。

種類も乾麺から半生面まで豊富。
値段も1食100円程度と結構、手ごろです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

スーパーで売っているような、3食100円のものなどにはさすがに安さは適いませんが、品質を考えれば、十分割安だと思います。

多少手に入れにくいのが難点ではありますが、お取り寄せや、アンテナショップなどで購入することもできるので、みなさんも是非一度チェックしてみてほしいです。

yokoyokoさん(@yoko_yoko_t)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「家で作るうどんて、あんまりおいしくないんだよな。」そう思っている人にこそ、平和製麺のうどん(できればタレ付き)食べてみて下さい!

そして、三重に行った時には、地元の伊勢うどんも食べてみて下さいね。

・あわせてチェック
三重の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。