地元企業の”久留米愛”を感じる『久留米市美術館』

  • LINEで送る

みなさんこんにちは。福岡県久留米市出身、そして在住の24歳のOLです。

大学卒業後地元で就職し、今も実家に住んでいますが、そろそろ結婚も考えつつ…生きていかないといけないと思いますし、実家を出ようかなと考えているところです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかし、地元愛は強いので久留米は離れたくないなとも思っているんですよね…。

ちなみに、久留米って言われても、九州以外の人にはあまりピンとこないという人も多いと思うんですが、久留米は福岡県でも有数の町で、他市や他県に誇れることもたくさんあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

久留米の素敵なところを語れと言われれば…産業でもグルメでも文化やお祭りでも、いろいろ語ることができます。

・・・

中でも、久留米を代表する企業というのをみなさんご存知ですか?

例えば、茨城の日立市だったら、日立とか、愛知の豊田市だったらトヨタみたいな感じで…その町を代表する企業って結構あると思うんです。

そして、久留米といえば…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

やはりブリジストンを避けては通れません。

実は久留米は全国でも有数のゴム産業の町。明治の初めに久留米に足袋屋さんができ、ゴム足袋やゴム靴が普及して行く中でゴム産業が発達していったのだそうですが…

そんな久留米のゴム産業の中の代表格がブリジストンなんですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

いまや世界最大手の超巨大タイヤメーカーであるブリジストンですが、もともとは久留米の足袋メーカーのタイヤ部門として誕生しました。

創業者の石橋さんの名前をもじってブリジストンという名前となったことは有名だと思いますが、久留米のメーカーということ、知らなかった人も多いんじゃないでしょうか?

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな久留米を代表するメーカーであるブリジストン。

当然ながらといいましょうか、地元・久留米への地域貢献にも非常に積極的で、地元にはいろいろなブリジストン関連の施設があったり、イベントがあったりするんです。

・・・

そして、そんなブリジストン関連の施設の中でも…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私が好きなのが久留米市美術館。

こちら、もともと石橋美術館という名前で開設し、運営されていた久留米市立の美術館で、近年「久留米市美術館」という名前で再スタートを切った美術館です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ブリジストンの創業者、石橋正二郎がブリジストン創業25周年を記念して1956年に建設した石橋美術館。

石橋氏が収蔵していた美術コレクション、(通称・石橋コレクション)を中心に展示がされていて、建設と同時に久留米市に寄贈されました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

自前のコレクションと美術館をポンと寄贈してしまう郷土愛と男気にしびれますよね。

実はブリジストン関連の美術館では、東京にブリジストン美術館という美術館が設置されていて(現在リニューアルに向けて休館中)、この2つの美術館はこれまできれいに展示の内容・役割が分けられてきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

久留米市美術館では、主に日本の近代洋画や中国の古美術などが展示されていて、特に地元・久留米の画家に関するコレクションに関しては全国有数の規模になるんです。

正直言って私は美術がそんなにわかっているということもないですし、美術館がそれほど好きということもないんですが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この場所は久留米に対する愛情が伝わって来るんですよね。もちろん芸術が好きな人だったらもっと楽しめると思うんですけど。

決して規模の大きな美術館ではないんですが、だからこそというか、地元感があって素敵なんですよね。私は中学生くらいのころからちょくちょく訪れています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに、この美術館は「石橋文化センター」という巨大な施設の中にある中心施設のうちの1つ。

石橋文化センターの中には他にも図書館や文化ホール、公園など様々な施設があって、これらをめぐったり散歩するだけでも1日楽しめちゃいます。(以前は動物園とか体育館とか、もっとたくさん施設があったそうですけどね)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかし、近年この美術館や「石橋文化センター」を取り巻く環境は大きく変化しています。

数年前に石橋財団の運営変更などを機に、美術館は2016年に「久留米市美術館」として再出発し、所蔵作品は東京で保管することになりました。

久留米ゆかりの作品は2年間寄託という形で同美術館に残されましたが、ちょうど2年が経ちますし、これからの動向も気になるところです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

展示内容などもこれから変わっていくのかもしれませんし、美術が好きな人にとっては色々と由々しき問題があるのかもしれませんが…

私としては久留米への愛をそのまま大事にしてもらって、どうか居心地のいいこの場所を守り続けてほしいところですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

観光の一環としても楽しめる場所だと思いますし、ブリジストンのすごさも改めて借ると思うので…

久留米にやって来る際は、皆さんぜひ足を運んでみてくださいね!

・あわせてチェック
久留米の出会い久留米セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。