久留米に単身赴任した中年サラリーマンのグルメ紀行

  • LINEで送る

私が久留米にやって来たのはだいぶ前のことになるのだろうか。
…自分なりに一生懸命働いてきた結果、会社から言い渡されたのは久留米への転勤。

@銀楽さん(@rosa.roza_1551)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな急な話に家族はついて来てくれるのだろうかと心配になり、可愛い子どもとこんな私にずっとついて来てくれた妻にはその旨を話すと

…なんと「あなた頑張ってきてね!」との返事。
これによって私の単身赴任が確定したのです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな流れの中ではもう「赴任先について来て欲しい」なんて言えるわけもなく、久留米に向かうことになってしまったのでした。

私は、特にこれといった趣味もなく普段の週末は家族サービスをすることが趣味のような男。単身赴任先での仕事以外の時間を持て余していました。…家族の顔が見たいなあ。なんてことを考える毎日です。

今更、スポーツなんてやるにはもう体は動かないし、何か気晴らしになるようなことはないかと考えながら、一人の休日を過ごしていたのですが…

亮 高比良さん(@ryf.555)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ある日、腹が減ったけれど料理をするのもめんどくさくなり、なんとなく入ったのが久留米にある「五十番」というお店だったのです。

どうやらここは餃子が定番のお店のようですが
なんとなく注文した餃子を口に運ぶと…私の舌に衝撃が走ります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

皮はモチモチでジューシーな旨みが溢れるこんな餃子は食べたことはない!
鉄板に乗せて運ばれて来ているので熱々のまま食べられるのもうれしい!

今まで、慣れない単身赴任先での寂しい気持ちを吹き飛ばすかのような衝撃に私は驚きを隠せませんでした。…もしかして、久留米にはこんな美味しいグルメスポットが他にもあるのではないのか?

そう考えた私はそれから、久留米のグルメを探し楽しむことが寂しい単身赴任先での唯一といってもいい楽しみとなったのです。

すっかり久留米グルメの虜になった私は、休日ともなれば様々なグルメを求めて街をさまよう人になってしまいました。

まあ、そうすることで寂しさも少しは紛れるので一石二鳥なのかもしれません。

k h.さん(@c50cub96)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな中で見つけたのが「麺屋 中る」というラーメンのお店。

このお店は美味しい久留米ラーメンを提供してくれるお店で、焦がしにんにくの香ばしい豚骨の濃厚ながら口当たりがさっぱりしているスープが絶品なのではないでしょうか?

スープには科学調味料を使用していないようで、しっかりとダシをとったスープだからこそ、この味が出せるのでしょう。

YUKI''MUU''NAKAMURAさん(@muu17)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

また、店内の雰囲気も良好で、私のような中年のサラリーマンが一人で気軽に食事をするにはうってつけな良い雰囲気が私の心の寂しさを和らげてくれるのです。

cocowindowさん(@cocowindows)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、久留米は餃子にラーメンといったグルメばかりではないと教えてくれたのが「ルスカフェ」

こんな落ち着いた雰囲気のあるカフェでも
グルメを楽しめるのが久留米の良いところなのです。

さすがにおしゃれな店内には若い女性や奥様の姿が多く、私のような男性は目立つのかもしれませんが…ここのカレーやフレンチトーストには目を見張るものがあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

特にフレンチトーストはふわふわとろとろで、思わず顔がほころんでしまいそうな幸せな気持ちになることができる逸品。

今度、機会があれば妻を連れてくればきっと喜んでくれるに違いないだろう。

Aoyagi Hirohikoさん(@aosan1968)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、最近の特に私のお気に入りになっているのが「久留米荘」のうどん。

ここのうどんは筑後うどんと呼ばれるジャンルになるのだが、その昆布と煮干しでとったダシに自家製の細麺が絡んで絶妙なマッチぶりをみせる名店です。

筑後うどんというのは「ふんわりねばりコシ」が特徴のうどんで、久留米では老若男女問わず親しまれているのだとか。

クルブシさん(@kurubushi317)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この優しい地元の味が、私の胃袋から気持ちまでも満たしてくれるのが嬉しい。
…私はいつもトッピングには卵は外せません。

あさみさん(@asami____asami)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

また、お酒を多少は嗜む私ですが…

やはり、一人で家で晩酌ともいうのも寂しいという時は「俺の串さぶちゃん」に顔を出します。

このお店では、様々な焼き鳥を楽しむことができます。

レバーやつくね、ぼんじりなど美味しい串があるので私にとってはお酒を飲みに行くというよりグルメを楽しむ場所という位置付けなのかもしれない。

むちろーさん(@muchiro)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

気配りの行き届いた店内の雰囲気とサービスは
私にとって、とても暖かく感じる素敵な場所となっているのです。

Taichiさん(@taichi_56)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして酒を少し飲んだあとには「大砲ラーメン本店」で締めるのが私の定番。

スープまで飲み干せてしまいそうな美味しいラーメンなので
締めに食べると、ついつい食べ過ぎてしまうこともあります。

ゆふけさん(@yuhukeeeee)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

こういったグルメスポットの数々があって本当に良かったと思います。

始めは何の楽しみもなかった私の生活に美味しい食べ物という潤いを与えてくた久留米。今ではそんな久留米での単身赴任が終了して帰ることになる日のことを想像すると少し寂しく思ってしまう今日この頃です。

・あわせてチェック
久留米の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.