地元民があえて紹介する、郡山の老舗菓子・三万石の魅力!

  • LINEで送る

こんにちは、郡山在住、ごく普通のサラリーマンの20代男子です。

僕は福島県の郡山市で生まれ育ちました。東京の大学に進学したので郡山を離れていましたが、いまは地元に戻って働いています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一時期は慣れていたこともあって、地元への愛は結構強い方なんじゃないかなと思います。

地震発生の瞬間は地元にいなかったのですが、それでもやっぱりかつての活気を取り戻し、それ以上の活気を地元に取り戻したいなと、一市民ながら思っているんですよね。

しかし、郡山のことってまだまだ全然知られていないのが現状なんです。出張なんかで地元を離れて取引先の人と話したりすると、ものすごくそれを実感します…。

震災があったころにニュースでよく名前が出ていたので、福島県の街なんだな、くらいのことは知っている人も多いんですが、それ以上の情報は全く知らない…。

宮城県の街だと思っていたという声もちらほら…。(笑)

というわけで、少しでも郡山の魅力を皆さんに伝えていきたいなと思っているんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そもそも、郡山市は福島県随一の大都市なんです!

実は県庁所在地の福島市よりも人口が多く、福島県で2位の人口を誇ります。
1位のいわき市とは数千人の差なので、ほぼ1位タイみたいなものです。(笑)

ちなみに、東北全体の市町村で見ても、3位の人口を誇ります。

新幹線だってちゃんと通りますし、「福島市より郡山のほうが県庁所在地っぽい」という声もよく耳にするくらいですからね。

Noriyuki Kojimaさん(@norikgt3)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

駅周辺も結構ちゃんと街ですし…。
まあ、もちろん東京や大阪みたいな大都市と比べられるとどうにもなりませんが。(笑)

さてさて
それで、郡山の魅力について最初に何を紹介するのがいいかな~と考えていました。

…地方都市だし、少し変わったお祭りを紹介するのがいいかな?とか
…やっぱり観光地を紹介するのが一番わかりやすいでしょう!とか

あえて、住みやすさみたいな、住民目線でのいいところを紹介してみようかな?とか。

Maeda Yu-kiさん(@725maeda)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

で、たどり着いた結論が「お土産」でした。

意外と地域の色が濃く出るのがお土産だったりしますし、お土産だったらどんな人にも有益な情報だと思いますし…。

旅行だけでなく仕事などで郡山を訪れる人も多いでしょうから、そういう人たちにも参考にしてもらえそうだし…

お土産だと、持って行った先でも郡山のことを知ってもらったり、話題にしてもらえますもんね。

ということで、いつの間にか「お土産しかない!!」という頭になったので
郡山のお土産について今回は紹介したいなと思います。

reikoさん(@kokomina_mam)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まずご紹介するのは、もはや福島みやげで一番有名といっても過言ではない「ままどおる」です。

クリーミーな餡を生地で包んだ優しい味わいのお菓子で、福島みやげとして大人気ですが、実は郡山の菓子メーカー「三万石」のお菓子なんです。

@thehustle2002がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

三万石は郡山市に昭和21年に創業した老舗で、原材料に並々ならぬこだわりを持ってお菓子作りを行っています。

福島県内にいくつか店舗がありますが、もちろん本店は郡山にあります。

で、そんな三万石の代表的お菓子がままどおるなわけですが、実はこの三万石、商品のバリエーションも非常に豊富で、ままどおる以外にもたくさんのお菓子を作っていて

どれも人気が高いんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

くるみいり餡をパイ生地で包んだ「エキソンパイ」や「かすてら」は非常に高い人気を誇っていますし、「塩まん」をはじめとする各種饅頭、ようかんなど和菓子のラインナップも豊富。

季節限定のいちご大福や桜餅、若草餅なども用意されていて、店頭に行った場合にはどれを食べようか迷ってしまうこと間違いなしです。

郡山駅の駅中でも購入することができるので、郡山に訪れて、お土産をじっくり選ぶ時間などがないときには、三万石の商品を選んでおけば間違いありません。

ですが、これらの代表的商品は、通販でも買えます。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なので、郡山に旅行に来た際などにおすすめなのは、通販で購入することのできない「ケーキ」です。

じつは三万石は生ケーキも製造していて、かなり人気もあるんです。種類もかなり多いというわけではないんですが、パッと選ぶのには困るくらいの種類はあり、どれもおいしそうなので迷ってしまうこと間違いなし。

こちらは生もののため通販で購入できませんし、かなり現地感があると思いますよ。

郡山に来た記念に自分で食べるもよし、帰りに家族へのお土産へ買って帰るのもいいのではないかと思います。

佐藤 栄司さん(@eishi_sato)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…郡山のお土産を色々と紹介するつもりだったんですが、結局三万石の紹介だけで終わってしまいました。(笑)

それくらい郡山の人間にとってはなじみが深く、愛着のあるお店でありお土産なんですよね、三万石のお菓子は。

皆さんも是非、一度食べてみてくださいね。

・あわせてチェック
郡山の出会い郡山セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.