世界一高いプラネタリウム!郡山市ふれあい科学館スペースパーク

  • LINEで送る

こんにちは、プラネタリウム大好き、東京在住の29歳サラリーマンです。

僕は子供のころからプラネタリウムが好き。というと「星が好きなわけではないの?」とよく言われるんですが…もちろん、星空が好きなんです。

JMさん(@ulsanista)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ただ、僕の住んでいる東京では満点の星空って、見れないじゃないですか。

でも、ある時に家族旅行で長野に行ったときに見た星空がすごくきれいで、衝撃を受けてしまって。

3、4歳だったと思うんですが、あの瞬間に受けた衝撃って、今でも覚えているんです。

yoshiさん(@yoshi_miyazawa)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

人生で、今まで見たことのなかったものを見た感動が今でも残っています。

で、小さなころから親に「星を見に行きたい!」といっていたんですが、当然ながら、近場にはなかなか星がきれいに見えるスポットもないですし、連れて行ってはもらえませんでした。

優果さん(@_yuyuyu.79)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな時に出会ったのが、プラネタリウムだったんですよね。

「満天の星空を見た後にプラネタリウムなんて、感動できないんじゃないか」と思う人もいると思うんですが、僕はもうとにかく星が見られることがうれしくて、しかも距離も近いし、すごく感動したんですよね。

以来、近所のプラネタリウムに通うようになり、星について色々調べるようになって。

Kazuki Takeuchiさん(@hellebo222)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

大学生になってからは自分のお金と責任で自由に星を見に旅行に行くこともできるようになりましたし、プラネタリウムを見に行くことは減ったんですが…

それでもたまに地域のプラネタリウムに遊びに行きますし、旅行先でプラネタリウムなどを発見するとついつい入ってしまいます。

生の星空はもちろん最高ですが、今でも、プラネタリウムにはプラネタリウムにしかない魅力もあるよな~、とか思っていますよ。

Hiromasa Kondoさん(@hiromasakondo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな僕ですが、現在はなんと星に関する仕事をしていて、充実した生活を送っています。

まさに天職という気がしていますが、その仕事の関係で出会った女性とお付き合いも初めて、今が今までで一番楽しいです。

彼女ももちろん星が大好きで、2人で星を見に行くこともよくありますし、旅行先で見つけたプラネタリウムに一緒に行くことも。いいパートナーに巡り合えたなと思っていますし、結婚も考えています。

・・・

先日はその彼女と2人で、福島の郡山に旅行に行ったのですが、そこですごく素敵なプラネタリウムに行ってきました。

それが、郡山駅の直結ビル「ビッグアイ」の中にある…

Akiさん(@aki_219)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「郡山市ふれあい科学館スペースパーク」という施設にあるプラネタリウムです。

プラネタリウムが好きな人の間では有名なプラネタリウムで、一度行ってみたいと思っていましたが、今回ようやく行くことができました。

ナメカワさん(@namekawa.24)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ビッグアイは郡山駅西口に直結した商業ビルで、2001年にオープン。

地上24階、地下1階建て、高さ133メートルの福島県内で最も高いビルです。

Tamaki Inoueさん(@totoro2110)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんなビルの20階~23階にあるのが「郡山市ふれあい科学館」で、ここにあるプラネタリウムは104メートルの高さにあり、地上から世界一高い場所にあるプラネタリウムというギネス記録も持っています。

これだけで行ってみたくなりませんか?

日本に5台しかない、五藤光学研究所製の「スーパーヘリオス」という最新型プラネタリウムが採用されていて、肉眼では見えないとされる星まで投影。

投影できる星の数はなんと全部で65万個。設備も全体的にハイスペックで、日本有数のプラネタリウムといってもいいと思います。

Naopopopさん(@naopopop)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

映像も非常に美しいですし、これは生の星空にはない魅力を味わうことができるという感じです。

劇場も座席が234席もあり、へたな映画館やコンサートホールよりもよっぽどすごいんじゃないかと思わせるほどの広さと構造で、始まる前は本当に映画を見に来たかのように、かなりワクワクしながら楽しめました。

Mayumi-0910さん(@mayumi_0910)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

上映プログラムはキッズ向けのものから癒し系のものまで全6種類。

1回45分のものが1日5〜6回上映されていて、その曜日には上映されていないものもあるので、全部見るためには、何日か行かなければいけません。

私たちも結局2種類しか見ることができず(それでも充分ですが)、またいつか来たいなと思いながら、後ろ髪をひかれながら後にしました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

また、この郡山市ふれあい科学館は、プラネタリウム以外の施設もかなり充実していているのも非常に素晴らしかったです。

宇宙について学ぶことができる展示コーナーはもちろん、クラブ活動など子供たちの学習にも使える研修ゾーンもあり、22階には郡山の町を一望できる展望ゾーンまで備えているという充実ぶり。

Takayuki Abeさん(@iabetaka)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

特に展望ゾーンはカップルなども多かったですし、子どもたちはもちろん、大人も満足できる施設となっていますよ。

これは郡山の名所としてもっと人気が出てもいいんじゃないかなと思いました。
みなさんもぜひ一度行ってみてくださいね!

・あわせてチェック
郡山の出会い郡山セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。