オシャレカフェはもう疲れる…神戸の老舗喫茶店に行きましょ

  • LINEで送る

私は疲れているんです。どこへ行っても明るくて開放的なオシャレカフェばっかりで…。

正直なことを言うと、私は最近までオシャレなカフェが大好きでした。

真っ白な内装のカフェでお茶してみたり、まるで海外にやって来たかのようなリゾート系カフェにもしばしば通っていました。

にんちゃさん(@tokyo.nincha)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…けれども、ある日を境に、オシャレなカフェに足が向かなくなりました。

体が受け付けないのです。明るくて華やかでキラキラしたカフェ…。あの空間って幸せな人しか訪れちゃいけない場所なんじゃないかな?って思ったんです。

りんさん(@r_i_n__27)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そう、私は先月離婚しました。

その日から、神戸のオシャレなカフェに行くことができなくなりました。

あんなにもコーヒーやケーキが好きで、週に二度は通っていたカフェに全く行かなくなり、今は落ち着きのある神戸の老舗喫茶店へ通っています。

He meets kitchen!さん(@meimeeeatu)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「茜屋珈琲店」は神戸で1966年に創業した地元を代表する老舗喫茶店です。

サンキタ通り商店街の中にある喫茶店で、創業当時は周囲の喫茶店の10倍以上の値段でコーヒーを提供して話題になっていたそうです。老舗の喫茶店が持っている物語って素敵ですよね。

Yukiさん(@samothracake)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最近流行しているようなオシャレなカフェでは感じることのできない、温かみを感じます。

レコードでクラッシックが流れる店内はL字型カウンターのみとなっています。
神戸らしい落ち着きを感じることができますよ。

茜屋珈琲店さん(@akaneyacoffee.umeda)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

じっくりと丁寧に淹れられたコーヒーをまったり、のんびりと味わえて最高。

これまでこんなにゆっくりと時間を感じながら、神戸の街でコーヒーを飲んだことがありませんでした。もっと早く老舗喫茶店の魅力に気づいておくべきでした。

おさん(@lion___maan)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

カップボードやカウンター上には大倉陶園の高級なカップがずらりと並んでいます。

美しい食器を眺めながらいただくコーヒーは絶品です。来店するお客さんの雰囲気に合わせてカップを選んでくれるそうなので、どんなカップになるのか楽しみでもありますね。

本格的な炭火焼コーヒーは数種類あり700円(税込)からいただくことができますよ。

茜屋珈琲店さん(@akaneyacoffee.umeda)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私のお気に入りは「茜屋特製ブレンド」です。

香りもコクもバランスがよく人気の一杯となっていますよ。

h_tsukamotoさん(@tsuka_115)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

コーヒーといつもセットでいただくのが、ちょっとユニークな名前の「高いが旨いお菓子」です。こちらもコーヒーと同じく700円。くるみが練り込まれた濃厚な味わいは奥深いコーヒーとの相性抜群です。

コーヒーとケーキで1,400円とお高めですが、その価値を感じることのできる味わいです。

最近オシャレで華やかなカフェに疲れてしまったな…。と感じている方は、訪れてみてください。心が癒されますよ。

落 孝太郎さん(@koukunkoukun)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「神戸にしむら珈琲」も落ち着きのある喫茶店です。

緑のツタがおおう外観が目印になっています。神戸市内に5店舗を構えている、1948年創業の老舗喫茶店です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

代用コーヒーが主流だった創業当時、一級品の豆を使ったストレートコーヒーを提供したことで一目置かれていたそうですよ。

そんな歴史のある喫茶店でコーヒーが飲めるなんて、それだけでロマンチックで幸せな気持ちになります。

@ryokosiがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに「北野坂店」は1974年に日本初の会員制喫茶店としてオープンした「神戸にしむら珈琲」の中でも特別なお店なんです。

当時は各界著名人などが訪れるお店でしたが、阪神大震災後からは一般にも開放されています。オシャレカフェ通いをしていた頃は、神戸にこんな素敵な喫茶店があるなんて、全く知らなかったのが残念でなりません。

asさん(@bun263)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ゴージャスな調度品が揃う店内で、優雅にカフェタイムを過ごすことができる場所なんて…なかなか身近にありませんよね。

地元の人はもちろんですが、観光客からも人気のある喫茶店なんですよ。老舗の喫茶店は辛く悲しい気分の時に、そっと寄り添ってくれるような優しい空間でもありますね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

にしむら珈琲の製菓部門「セセシオン」のケーキが選べる「ケーキセット」は1,200円です。

「にしむら・カフェハウストルテ」はチョココーティングされた生地とナッツとコーヒーの味わいが絶妙な味わいになっています。ブレンドコーヒーとの相性もばっちりなんです。

何度でも訪れたくなる、そんな喫茶店ですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「カフェ・バール こうべっこ」は地元民に愛され続けている喫茶店。

1976年創業の老舗喫茶店で、なんと8割以上の方がリピーターというから驚きです。それだけ居心地が良いという証拠ですよね。

フー子さん(@huucohuuco)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

市民の憩いの場になるようにと「バール」と名付けたとおり、早朝から常連客でいっぱいになります。

マスターが映画好きということで、店内には年代物の映画雑誌や本、貴重なフィギュアなどが飾られていています。

te2さん(@gourmet_te2)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

人気メニューは具だくさんの「サンドイッチ」

たまごやハム、チーズなど9種類が揃っています。550円と価格もリーズナブルです。穏やかな空気に囲まれながらいただくコーヒーとサンドイッチは絶品です。

@ya723がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

老舗の喫茶店へ通うことで、心身の疲れが吹き飛びます。そして穏やかな気持ちになれますよ。カフェの華やかさに少し疲れているという方は、訪れてみてください。

・あわせてチェック
神戸の出会い神戸セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.