神戸を代表する洋菓子店「ケーニヒスクローネ」をご存知ですか?

  • LINEで送る

皆さんこんにちは。

兵庫県神戸市出身、大学時代は京都に住み、現在は上京してフリーのライターなんかをしながら生活している25歳の男です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕は、人生ではいちばん長く住んでいたのは神戸ということになりますが、神戸に住んでいたのは高校生まで。

繁華街で遊んだりということもあまりなかったですし、この歳にになって帰省した時に、「…ああ、神戸ってこういう町なんだな」っていうことを改めて知ったりするんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

とはいえ…やはり子供の頃をずっと神戸で過ごしているので、神戸の常識だったり文化が染み付いています。

大学以降に「あ、これは神戸特有なんだな」っていうことに気づいたりもしてきたワケです。

関西って結構ひとまとめにされがちですが、関西の中でも地域ごとに結構違いはありますし、神戸って全国的に見ても独特な文化結構多いんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

たとえば、生協のことを「コープさん」って”さん付け”で呼んだり、メロンパンをサンライズと呼んでいて、メロンパンというと別のパンが出てきたり。

参考:みんなの常識を覆す!呉にあるメロンパン本店のメロンパン

自分はずっと常識だと思っていたんですが、実はそうじゃなかった、っていうことがよくあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最近よく思うのは…

神戸は有名なお菓子屋さんというか、美味しいお菓子屋さん、スイーツのお店がたくさんあったんだな、ということ。

参考:神戸を代表する洋菓子店・ユーハイムとバームクーヘンの歴史

神戸はスイーツやパンのお店がたくさんあって、カフェなんかもたくさんある、っていうイメージの人多いと思うんですけど、その通りなんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ただ、住んでいる間はそれが特徴だとは気づけなてなかったですし、それが当たり前だと思ってました。

・・・

家でよく食べていたお気に入りのお菓子、全国で販売されているものだと思っていたけど、実は神戸の洋菓子店のもので…

他の県ではお取り寄せでしか食べられない、なんていうものも結構あったり。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

甘い物好きの僕としては、いい街で育ってたんだな〜と思い返しているところです。

そんなわけで、当たり前のように、神戸のお菓子の話をしたりするんですけど、誰も知らない…っていう経験をこれまでたくさんしてきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最近では通販の発達があったり、百貨店での取り扱いが増えて神戸の有名なお菓子を知っている人、食べたことのある人も増えてきているようなんですが…

それでも、まだまだ知られていないお店もあって…もったいないな〜と思うんですよね。

・・・

ということで、最近は機会があれば人に神戸のお菓子屋さんの素晴らしさを伝えたりもしています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今回も皆さんに、神戸を代表するお菓子メーカー「ケーニヒスクローネ」についてお伝えしていきたいなと思います!

ケーニヒスクローネは現在神戸の三宮に本社を置く洋菓子店ですが、もともとは東灘区の御影で創業した洋菓子店。

神戸の人ならお菓子を運ぶ熊のロゴですぐにそれとわかります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

御影は僕の実家からも近く、超地元で、ケーニヒスクローネ御影本店も地元民にとってはお馴染みの人気店。

洋菓子というとフランスの華やかなお菓子やケーキを思い浮かべることが多いですが、ケーニヒスクローネが参考にしたのは、名前からわかる通り、ドイツのお菓子。

View this post on Instagram

@yukako125がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ドイツのお菓子は華やかさこそないけれど、お母さんが家族のために作るおやつのような素朴な味が魅力、とメーカーでも説明されています。

ケーニヒスクローネはこれまで洋生菓子から焼き菓子まで様々な商品を展開していますが、定番として創業から長く愛されているのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

クローネというお菓子。

「パンなのかパイなのか?パイなのかパンなのか?」というキャッチフレーズで知られるお菓子で、パンの「コロネ」の生地をパイ生地にしたようなお菓子です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

味は絶品で、昔から僕もよく食べていました。美味しい上に、価格も110円ほどで子供でも手軽に買い食いできてしまうようなリーズナブルさ。

とはいえ、人気すぎて完売になっていることも多いんですけどね。

View this post on Instagram

@m.mitubachiがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

神戸市民からするとずっと昔から地元にあったんだろうという感覚になったりしますが…

実はまだ創業40年ほどで、思ったより新しめのお店なんですよね。

2013年には神戸にホテルをオープンするなど、洋菓子店という枠を超えて神戸を代表する企業となってきているケーニヒスクローネ。今では全国の有名百貨店でも購入可能になってきていますし、商品によっては通販での購入も可能。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まだ食べたことのない人は一度食べてみてほしいです。

とはいえ、メインである生菓子などは実際にお店でしか食べることが出来ませんから、百貨店などで見かけたら即ゲットしてほしいですし、神戸に訪れた際にはお店に足を運んでみてください。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

神戸に来たときは、他の洋菓子店も含めて、ぜひ神戸スイーツ巡りの観光もしてみてくださいね!

食べたことのない絶品スイーツにたくさん出会えると思いますよ。

・あわせてチェック
神戸の出会い神戸セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。