北九州発祥のご当地グルメ、みんな大好き焼きカレーの歴史

  • LINEで送る

国民食として親しまれている「焼きカレー」
私も大好きで自分で作ったり、焼きカレー専門店に食べに行ったりしています。

0307さん(@knights0307)がシェアした投稿

当たり前のように食べている焼きカレーですが、実は北九州発祥だということを皆さん、ご存知でしょうか。

九州の最北端に位置する北九州市門司港が、まさに発祥の地。

ふぇりーたびさん(@ferrytabi.info)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

関門トンネルや関門橋が出来る以前は、関門海峡の行き来は船によって行われ、本州と九州をまたがって走っていた列車も海峡を往復する連絡船を経由して往来していました。

大陸との交易の船も多く、銀行や商社が支店を置き、内外から多くの人々が訪れる場所だったのです。

その当時、門司港は文字通り、九州の「門」玄関口として利用されていました。

@hidezeyがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その後、1943年に関門トンネルが開通。

大陸との船に拠る交易も減少した事により、次第にその重要性が失われ、往時の賑やかさは衰退しました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかし、1988年に門司港駅が国の重要文化財に指定された事を受け、地区に残るかつての銀行や商社関係の建物など歴史的重要建築物の整備がなされ、観光地として生まれ変わったんですね。

現在ではなんと、年間200万人以上もの観光客が訪れる街に発展したそうですよ。

ike – po – n – yo.さん(@hi_._ro.su)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな、北九州を代表するご当地グルメ「焼きカレー」は、米飯の上にカレーソースとチーズなどをのせ、オーブンで焼いたカレーライスの一種です。

「焼きカレー」の始まりは、昭和30年代の福岡県北九州市門司港の栄町銀天街にあった「山田屋」という和食店から広まったと言われています。

miya_cameraphotoさん(@miya.camera)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

オシャレカフェの定番メニューなどでよく見かけるメニューなので、まさか昭和の時代に和食店で作られていたなんてびっくりしてしまいました…。

その当時、土鍋にカレーを入れてグラタン・ドリア風にオーブンで焼いたところ、実に香ばしく、美味しく仕上がったそうです。のちにお店のメニューとして提供すると大好評だった…という逸話が残っているんですよ。

hosukeさん(@hosuke.jp)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

港町のある北九州では洋食文化がいち早く発達したことから、「焼きカレー」のようなハイカラメニューが誕生したんですね。

メニューが誕生した当時は手軽に作ることができたため、家庭料理としても広まっていったようです。確かに誰もが手軽に作ることのできるメニューですよね。

自宅でカレーを作りすぎて飽きてしまったときにも、簡単にチャレンジできるメニューです。

Bokheum Yeonさん(@bokheum_yeon)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

現在でも、北九州では焼きカレーを提供するお店が数多くあります。

北九州の名物料理として親しまれ、「焼きカレーMAP」が作成されるほどご当地グルメとして定着しているんです。また市内全体にも提供する店や専門店があり、地元宅配ピザチェーンでも取り扱うなどの広がりもみせているんですよ。

かおりさん(@kaori_fukuoka)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

北九州で提供されている「焼きカレー」についてですが、特別に決められた定義はありません。

オーソドックスな形状は「ごはんの上にカレーをかけ、チーズと玉子を乗せてオーブンで焼く」というものです。しかし、お店によって玉子が乗っていない場合もあるんです。…少なくとも、「カレーとチーズがかかっていること」「焼いていること」の2つの条件が揃っていれば「焼きカレー」と呼んでいるようです。

gkさん(@yyyrrrkkk_79)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

北九州では、焼きカレーを扱っているお店によって提供される焼きカレーは形状、味、見た目とも全く異なっていて、バラエティー豊かです。

ごはんひとつをとっても、白ご飯・バターライス・ドライカレーなど様々な種類があります。さらにルーはビーフ系かシーフード系か、濃さや辛さなども異なり、玉子の有無、かかっているチーズの量や種類なども様々です。

フグやタコなどが乗っているカレーもあるそうですよ。

・・・

私は実際に、現地へ行って本場の焼きカレーを食べたことが何度もあります。いくつかオススメの焼きカレーをご紹介しますね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まずは「王様のたまご」です。

「王様の焼きカレー」880円とリーズナブルなのも嬉しいですよね。

@kana_m1nがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

焼きカレーもトッピングがたくさんあり、お肉・野菜など好きなものを選ぶことができるんです。

その他にも、お得なセットメニューや種類豊富なオムライスやスイーツ、サイドメニューなどもあるんです。まずは王道の焼きカレーを食べたい!という方にオススメですよ。

・・・

焼きカレーが誕生した昭和30年代の味を堪能したい方は…

たに めぐみさん(@1222m_1411)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「伽哩本舗」へ行ってみてください。

伝説の味を楽しめる「昔の焼きカレー」950円です。

@specialhappinessがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

欧風カレーで作られた焼きカレーが売りの焼きカレー専門店です。

メニューは9種類ありレディースサイズは100円引きになっています。こちらのお店のメニューはユニークで、バナナを乗せた焼きカレーやふぐと牡蠣などを乗せたメニューなんかもあるんですよ。

今まで食べたことのない焼きカレーにチャレンジしたいという方は食べてみてくださいね。

Ayumi Kusaka 久坂歩さん(@a.a____093)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

焼きカレーにこんなにも長い歴史があったなんて驚きですよね。自分で作るのも美味しいですが、やっぱり本場の味は格別ですよ。一度食べに出かけてみてください。

・あわせてチェック
北九州の出会い北九州セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.