歩いて渡れる島?!鹿児島・知林ヶ島に行ってきた!

  • LINEで送る

こんにちは、少し人より出張が多めのサラリーマンです。

出張が多いっていうのは中々大変です。

単純に移動するのは体力がいりますし、しかも取引先のもとへ向かうことが多いので、接待もあったりして、1日頑張らないといけなかったりしますし…。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

家族にはお土産を求められたリもしますし、忘れちゃうと怒られますしね。(笑)

会社自体、もともと出張多めな会社なのですが、なぜか僕はほかの人よりも特に出張が多いんですよね…。

まあ、会社としても僕を頼りにしてくれてるっていうことかなと、前向きにとらえていますが。

しかし、いやなことばっかりでもありませんよ。いろんな街や人に出会えることは楽しいです。

766さん(@yachtmastr)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もともと旅行とかに行くのは好きで、電車旅なんかも好きなので、いろんな場所に行くことができることは単純に結構楽しかったりします。

日帰りしなければいけない時もありますが、次の日が休みだったりして、もう一日滞在できる場合なんかは観光して帰ることも結構ありますしね。

・・・

そういうわけで、結構人よりも旅行というか、観光してる回数も多いかも…と思うんですが、先日は出張でなんと鹿児島に行くことがありまして。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

初・鹿児島上陸でした。

会社・家は東京なので、さすがに結構遠いですし、夜が遅めになったこともあって、日帰りは無理だなあということになりまして。

金曜日でしたし、中々こういう機会でもないと鹿児島までやってくることもあまりないだろうしということで、土曜日を使って旅行してきました!

川商ハウスさん(@kawasho_house)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

鹿児島観光といえばなんだろうな~と色々考えまして、繁華街のほうに行ったり、幕末の偉人たちの関連施設なんかを巡ったりすることも考えました。

ちょうど明治維新150周年だし、大河ドラマも西郷隆盛の話だし…と。

ももぞうさん(@momozogourmet)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

でも、今回は鹿児島の雄大な自然を巡る旅がしたいな~、とも思いまして。

仕事の後で疲れてましたし、東京から来た身としては雄大な自然のほうが貴重かなと。

鹿児島の自然はほかの観光地の自然とはまた全く違うっていいますしね。

特に、島の自然を満喫するっていう経験があんまり今までなかったので、今回は自然豊かな島に訪れたいなと考えまして。

yamachanさん(@hiroshism.0117)がシェアした投稿

「知林ヶ島」という島に行ってきましたよ!!

「知林ヶ島」は、鹿児島湾に浮かぶ無人島。地図的には、ちょうど湾の口の先の部分にある無人島です。

鹿児島湾の中にある島の中では最も大きい島で、対岸からはそれほど距離もないため、割とすぐに渡れるということで、かつては農家の人がさつまいもの耕作地として耕作者が通っていたこともあったんだとか。

モモカ🍑🌷さん(@m__n__307)がシェアした投稿

50年ほど前から地元業者が買収したりと、色々と紆余曲折があったそうですが、現在は市が島を管理し、島に残る自然を生かした観光地としての活用を進めています。

ちなみに、島の名前の由来は、島に茂った松が風に揺れて建てる音をたよりに船乗りが夜の公開を行っていたということに基づくということですが、現在ではその松林も絶滅しかかっているのだそう。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今回、僕がこの島に一番興味を惹かれた理由が「歩いていける島」だということ。

橋がかかったりしているわけではないのですが、なんと歩いて島までたどり着けるのです。…というのも、干潮時に水位が下がると島と対岸の間に「砂州」と呼ばれる砂の道が現れるからなんです。

すごくありませんか?!
そんなのゲームとか伝説とかでしか聞いたことない!

と、テンションが上がってしまいました。

@hu__seaがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに、この砂州には「ちりりんロード」という愛称がつけられています。

陸とつながっているため縁結びの道、そして縁結びの島としても知られるようですね。婚活イベントなんかも開催されているようですよ。

知konさん(@tomo.1momo.10naa)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

とはいえ、砂州はいつでも出現するというわけではなく、春~初秋の時期の、干潮が訪れる日にのみ出現するとのこと。

検索すれば出現予想なんかもありますので、行きたいなと思った人は調べてみてください。

僕は運よく砂州に出会うことができまして、行きは歩いて渡ることができました!(帰りは船でした。)

Yaya Hidakaさん(@yaya_hidaka)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

知林ヶ島には遊歩道や展望台、灯台・船着場といった最低限の人工物はありますが、それ以外はほぼ自然が手つかず。

島は大きくないのですが、島全体が自然スポットとなっていて、花や緑がたくさん茂っていて、下りれば美しい砂浜が広がっていて、最高のロケーションです。

かとう ひろきさん(@kthrk25)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

動植物は800種類生息しているらしく、知らない植物もたくさんありました。僕は動物にはあまり出会いませんでしたが、時期的に少し早かったのかな?

観光客が多いのだけが少しだけ残念かなと思いましたが、それは僕も同じなので、文句を言える立場ではありませんしね。

とにかく自然や、今までしたことのない体験をしたい人は知林ヶ島、おすすめですよ。是非、検討してみてくださいね。

・あわせてチェック
鹿児島の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。