宮沢賢治のイーハトーブの世界が現実に!岩手の風景地

  • LINEで送る

みなさんこんにちは、岩手県出身&在住の26歳のサラリーマンです。

僕は地元民として岩手の事が大好きなんですが、”岩手”…と聞いても、具体的なイメージは特に何も浮かばないっていう人も多いんじゃないかと思います。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

わんこそばや冷麺など、グルメなどで有名なものを思い浮かべる人は多いかもしれませんが、その他の岩手の事って…案外、知られていないんですよね。

参考:盛岡名物、わんこそば・ じゃじゃ麺・ 冷麺のルーツに迫る

例年発表される魅力度ランキングでも、岩手は30~40位くらいと、非常に中途半端な位置。下位なんだけど、いじり倒すほどでもないという絶妙な順位なんですよね。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なので話題になることすらありませんし、岩手の魅力が皆さんに伝わる機会ってあんまりない…。

ですが、実は自慢できることがたくさんある素敵な街なんですよ、岩手は。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかも悔しいのが、全国的に有名な岩手出身の人物だったり、岩手発祥のグルメだったり、岩手発の企業だったり、岩手の観光スポットだったり、結構たくさんあるのに…

それらが岩手のモノ・人ということを知られていないという場合がたくさんあるということ!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに、宮沢賢治はご存知ですよね?

国語の授業で名前を聞いているはずですし、作品も知っているはず。内容を覚えているという人も多いんじゃないでしょうか?

日本の児童文学の超巨匠ですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな宮沢賢治も、実は岩手県出身なんです!

国語の授業で習った人も多いと思うんですが、知らなかった、という人も多いんじゃないでしょうか?

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、宮沢賢治の造語の「イーハトーブ」という言葉。

なんとなく覚えている人もいると思いますが、これは「岩手の理想郷」を指す宮沢賢治の造語なんです。彼の作品には度々、この言葉が出てくるんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そしてなんと岩手県には、イーハトーブのモチーフになった風景を観光することもできるんです。

というのも、宮沢賢治の作品に登場する、モチーフとなった岩手県内の風景が「イーハトーブの風景地」として、国の名勝登録されているんですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今回は、そんな岩手の誇る巨匠・宮沢賢治と「イーハトーブの風景地」について皆さんに紹介します!

・・・

忘れている人も多いと思うので、改めて紹介すると、宮沢賢治は岩手県出身の詩人であり童話作家。

現在の花巻市に生まれ、現在の岩手大学を卒業し、生涯を岩手で終えた岩手を代表する人物の一人です。(途中何度か、短期間上京しています。)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

37歳という若さで亡くなりましたが、その間に発表した作品は今でも教科書などに多く掲載されていますし…

日本の文学界の重要人物として扱われているということは、皆さんもご存知の通りです。

「注文の多い料理店」「雨ニモマケズ」「銀河鉄道の夜」「風の又三郎」、みんな読んだことがあったり、名前を聞いたことのある作品ばかりですよね?

View this post on Instagram

@mof.19がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな宮沢賢治は自然への興味関心・愛情も強く、農学者として地元で農学校教員として働いていました。

そんな、地元・岩手を愛し、自然を愛していた宮沢賢治の生み出した造語が「イーハトーブ」。

何度も言いますが、これは宮沢賢治の中にある理想郷を指した言葉で、岩手県の自然をモチーフに考えた、架空の理想郷のこと。宮沢賢治作品ではこのイーハトーブを舞台にしたお話がたくさんあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「いわて」をもじって「イーハトーブ」となった、など、色々な説が唱えられていますが…宮沢賢治がこのイーハトーブの語源などに関して何も語っていないため、謎も多いのだとか。

宮沢賢治作品を読んでいると、このイーハトーブという言葉がたくさん出てくるんですが、僕自身も昔、「…イーハトーブってなんだ?」と疑問に思った覚えがあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

宮沢賢治作品が有名になるとともにイーハトーブという言葉も知名度が上がり、今ではいろいろな場面でイーハトーブの名前が使われることも出てきているようです。

そして、そんなイーハトーブのモデルとなったであろう美しい風景地が現在「イーハトーブの風景地」として、国の名勝に登録されているんです。(登録は2005年)

・・・

その風景地に認定されているのは全部で7箇所ヶ所。

・鞍掛山(滝沢市)
・七つ森(岩手郡雫石町)
・狼森(岩手郡雫石町)
・釜淵の滝(花巻市)
・五輪峠(花巻市、遠野市、奥州市江刺区)
・種山ヶ原(奥州市江刺区、気仙郡住田町)
・イギリス海岸(花巻市)

どれも自然に囲まれた岩手の美しい風景に出会うことが出来る素敵なスポットとなっています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

田園風景、海岸、峠、滝、森など、色々な自然に出会うことが出来ますし、日本の原風景に出会える貴重なスポットなんですよね。

自然スポット好きでも、そうでない人でも、彼のファンであれば誰でも楽しめるでしょう。

View this post on Instagram

@kattunosaがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まだまだ知名度は高くないですが、岩手や東北に旅行に来た際には、ぜひイーハトーブを巡る観光をしてみてくださいね。

・あわせてチェック
岩手の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。