維新150周年といわきの歴史旅、磐城平城に行ってみました

  • LINEで送る

こんにちは、歴史大好き、45歳のおじさんです。大阪在住です。この歳になってもまだ独身で、はっきり言ってもう結婚はあきらめています。

まあ、独身貴族ということでお金に余裕はあるし、1人暮らしもここまで長くなると家事もできるようになるしで、特に何の不自由もなく生活しています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

寂しくなる時もありますが…

自由気ままに趣味に没頭して、遊びに行くことができる生活じゃなくなるというのはやっぱりつらいかなあということを考えると、このままでも悪くはないのかなと思ったり。

chika chikkyさん(@chikky_mama)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

で、冒頭にも書きましたが…私の趣味というのが歴史。

過去の歴史や逸話を調べたり、過去と現在のことを考えていろいろと思いをはせるのが好きで、しかも、日本史も世界史も含め、歴史全般が好きという雑食タイプです。

旅行も大好きで、史跡であったり、偉人のゆかりの地であったりといった、歴史に関連する観光地や観光スポットに行くことが多いですね。

(いわきに行った話は、また後ほど…)

YIさん(@y.i.trip)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

日本国内はもちろんですが、時には海外まで飛ぶこともあり、本当に自由だなと、半ばあきらめた目で周りからも見られます。

・・・

そんな私が現在はまっているのが、維新150周年を巡る旅。

otsune555さん(@otsune27890)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

正直、明治維新150周年が思ったほど世間的に盛り上がっていなくてがっかりしていますし、意外に大きなイベントを行っている場所もなくて、わざわざ今巡らなくてもいいのかな、とも思ったんですが…

でも、やっぱり歴史好きにとって”明治維新”はものすごく大きなターニングポイント。

ということで、山口や鹿児島、高知など、激動の江戸時代末期に重要な役割を果たした地を巡っています。もちろん、過去に行ったことのある場所が多いんですが。(笑)

@bonbonsanaがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

自分が関西人ということもあって、手近なところで西日本を中心にこの半年回ってきたのですが、そろそろ東日本側にもいきたいな、と思い始めた所なんです。

東側となると幕府側の勢力の強くなる地域。
ここはやはり、まず行くべきは、幕府側の筆頭である”会津”だろうと。

・・・

そんなわけで、今回は福島県に行くことに決定。

福島の中でもどこを中心に観光するか迷いましたが、今回は「いわき市」を中心にめぐってきました。

yuk_jpさん(@yuk_jpk)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

幕末の福島といえば、幕府側の筆頭である会津藩のあった地であり、新選組や白虎隊などを生んだ地でもあります。

新政府軍と旧幕府軍が戦った戊辰戦争では、激しい戦いも行われました。

いわき市でも、「磐城(いわき)の戦い」が繰り広げられるなど、重要な戦いが繰り広げられたということで、歴史好きには知られています。


注:イメージ画像(出典 Instagram)

「磐城の戦い」は戊辰戦争の中の戦いの1つです。

ここを新政府軍が攻略したことで、新政府軍は、当時の仙台藩まで進軍することができたという重要な戦いです。

いわき市には当時の戦いに関連した場所などが史跡として、観光地になっているのです。


注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして現在、福島県ではこの戊辰戦争に関連した記念事業が複数開催されていて、いわき市は、「戊辰戦争いわきの戦い150周年」をキャッチフレーズに「いわき戊辰戦争150周年記念事業」を進めているんですね。

これは期待できるんじゃないかと事前に色々調べたのですが、いまいち情報が出てこない…あれ、盛り上がってないのかな?と正直感じました。(笑)

まあでも、それはさておき、一度行ってみたいとは思っていた場所ですし、行ってきました!

hinanoさん(@hina._.tako)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

駅を出ると、「戊辰戦争 いわきの戦い 150周年」の記念パネルが設置されていました。

小さかったですが、僕のような歴史好きとしては、こういうのはちょっとテンションの上がる光景です。

taro yakinikさん(@taroyakinik)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、いわき市の観光スポットである、磐城平城跡へ。

ここは本当に駅の目の前なので、案内板などがなくてもたどり着けるくらいでした。

磐城平城は関ヶ原の戦いののちに徳川幕府の譜代大名である鳥居忠政がいわきにやってきてから建てたお城で、いわきはその城下町として栄えました。しかし、戊辰戦争で敗北を喫し、当時の磐城平藩家老・上坂助太は城に火をつけて逃亡したといいます。

Sachiさん(@k.sachisan)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そのため、城は現存しておらず、石垣と堀の一部だけが残っている状態。

しかし、それだけでも十分すぎるほどの歴史を感じることができましたし、当時のことを想像しながら歩くのもまた楽しいものです。

隆行 宮崎さん(@w890759miya70)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今では城跡とその周辺が公園のように整備され、イベントなども定期的に開催されるなど、市民の憩いの場として親しまれています。

磐城の駅が近いこともあって磐城のシンボル感も強いですし、高台に作られているので、城跡からはいわきの町も一望できて素敵な長めでしたよ。

TAKA Inoueさん(@takasuketaro)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

目立つ観光スポットではありませんが、歴史好きの人はもちろん、そうでない人も、福島やいわきに訪れた際には立ち寄って損はしないスポットです。

いわきの地元の人も、行ったことがない人は一度足を運んでくださいね。

・あわせてチェック
福島の出会い福島セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。