天涯孤独…いわき旅行へ心身を癒す旅をしてきました

  • LINEで送る

夫と離婚をしてから天涯孤独となってしまいました。

両親は既に他界しており、兄弟姉妹もいません。子供もいません。これから先どうやって生きていくべきなのか、何を大切にして何のために頑張って生きていくべきなのか…

その目標や目的などを全て忘れてしまい、憂鬱な気持ちで日々を過ごしていました。

ERIKAさん(@erika.0612com)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

けれども、このままでは残りの私の人生なにも残らずに終わってしまうので、まずは一度心を穏やかに落ち着けようと考えていわき観光へ行ってきました。

普段、全く観光や旅行なんてしないので、たまには違った景色でも見てリラックスすることも大切ですよね。

yuuco(ゆーこ)さん(@yuuco0115)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

独自の文化と風土をもついわきには知られざる魅力がたくさん眠っているんですよ。「松ヶ岡公園」もそのひとつです。

いわき市でも最も歴史ある公園として知られています。

季節によって桜やツツジといった花が咲き誇るので、自然に触れてリラックスすることができるんです。

園内に3,000本植えられているキリシマツツジは絶対に見ておくべきスポットですよ。

kana.kさん(@kanananana12)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

第二公園の大型遊具等の工事も完了しているようで、今は通常の利用ができるようになっていますよ。

公園に来るなんて、本当に久しぶりで気がつくと涙が溢れていました。

温かいコーヒーをテイクアウトして、大自然の中で過ごしているうちに心の傷も少しずつ癒えてきたように思います。

K介さん(@kei.neuromancer)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

これからどうやって生きていくべきか、考えながら「磐城 平城跡」へやってきました。

戊辰戦争の戦場となった城跡です。慶長7年(1602年)頃に工事がスタートして、丘陵を削るなどした難航苦節の末に完成したんです。倒幕派に攻めたてられた平城は、時の家老が自ら城に火を放ったため焼失してしまったそうですよ。

塗師櫓石垣は市の史跡に指定されるなど重要度の高い史跡となっています。

いわきには、たくさんの歴史が残っているんですよ。数々の歴史に触れてみたいという方にもオススメの街です。

Hideaki Watanabeさん(@hnnabe)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

身も心もリフレッシュしたいと思って「いわき市健康・福祉プラザ いわきゆったり館」にも行きました。

男女別の露天風呂があり、お風呂にゆっくり浸かりました。いわき市屈指の温泉施設ということで、とても過ごし易いスポットでした。慢性皮ふ炎や慢性婦人病、切り傷などに効能があるとされる硫黄泉(泉温59.5℃)を源泉としているようですね。

心の傷は癒してもらえなくても、お湯に浸かっているだけでとても癒されました。泡風呂やうたせ湯などのアメニティも充実しているのは女性としては嬉しいですね。

Hideaki Watanabeさん(@hnnabe)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

レストランやトレーニングルームも併設しているので、一日中分楽しむことができますよ。大人1440円なので、リーズナブルな価格で楽めます。

Natsuki Gotoさん(@nick_52bluelight)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

いわきの温泉があまりにも心地よかったので、「さはこの湯」にも足を運んでみました。

純和風の外観が歴史建築物かと見違える温泉施設です。岩風呂と檜風呂があり、男女風呂が1日交替で入れ替わる施設です。無色透明な硫黄泉が肌に心地よく江戸末期の建築様式を再現した建物と相まって旅情をそそられる施設なんですよ。

とにかく雰囲気がよくタイムスリップしたような気持ちにさせてもらえます。

本来は1人で来るというよりは、家族や好きな人と一緒に来ると楽しい場所でしょうね。私もいつか、誰かと一緒に来ることができるようにしたいですね。こういった前向きな気持ちになれただけでも、いわきに来た意味がありますよね。

Rさん(@rrr_n___)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「鶴のあし湯」も素敵なスポットでしたよ。ここは無料で利用可能な足湯ですよ。

手湯も完備されているんですよ、寒い季節でも震えることなどなく過ごすことができます。熱さも「熱め」と「ぬるめ」の2タイプに分かれているのが嬉しいですよね。

お子さんからお年寄りまで、気軽に安心して利用できる足湯ですよ。ファミリーでの旅行や観光でも立ち寄っておきたいと思えるスポットですよね。

Hikaruさん(@iamhikaruo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

立地もいわき湯本温泉の道路沿いに位置しているので、迷うようなことはありませんよ。深さは20〜25cmとなっています。無料なので格安旅行を楽しみたいと考えている人にもオススメです。

営業時間は7~22時となっているので、できるだけ早めに訪れておくことをオススメしますよ。

kkkさん(@k201507k)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

人生には辛い出来事や悲しい出来事がたくさんあります。私はこれから天涯孤独として生きていく覚悟が必要です。

でも、その中で素敵な人と巡り合って、充実した日々を送ることができればいいですよね。

旅に出て本当によかったと思っています。新しい発見がたくさんありました。これまで見たことのない景色をたくさんみて、温泉に浸かってのんびりと心を落ち着けることができました。

これまでこんな気持ちになったことはありませんでした。いつも心の中が真っ暗で光が差すようなことなど一度もなかったんですが、旅に出てかなり前向きになりました。

たまにはこうして気分転換のために旅に出てみるものいいですね。また出かけたいと思いました。

・あわせてチェック
いわきの出会いいわきセフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.