クラシックカーに乗り放題!『福山自動車時計博物館』が楽しすぎる

  • LINEで送る

どうも、こんにちは。突然ですが、みなさんは”趣味”ってありますか?

世の中には本当に様々な趣味がありますし、何かしらの趣味を持っている人も多いかと思いますが…

中でも”コレクター癖”があるというのも趣味の1つですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

今は収集癖のないという人でも、振り返ってみれば子供の頃は”あんなもの集めていたなぁ…、なんて事を思い出す人も多いんじゃないかなと思います。

はたからみれば、なんでそんなものを集めているの?と思うようなものを集め続けている人もいたりしますが、それも人それぞれ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

人の数だけ様々な収集の形があるワケで…。

もはや、なんの目的があってそれを集めていたのかというのは通り越して、いつのまにか”それを集めること自体が目的となっている”なんてこともよくある話ですよね。

・・・

そうした趣味が高じて個人で博物館を開いてしまう人なんかもいますし、探してみると世の中には、「こんなものの博物館があるの?」って思わされるような博物館も結構たくさんあるものです。

参考:貯金箱にシャレコーベ!尼崎のユニークな博物館

さらには、展示しているものは普通でも展示方法がユニークだったり、変わった博物館はたくさんあるんですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なぜこんな話をしているのかというと、僕が先日そういうちょっと変わった博物館に出会って、とても感銘を受けたからなんです。

(福山の博物館の話は、また後ほど…)

・・・

僕は旅行が趣味の大学生で、結構いろんな場所に旅行に行くんですね。

ごくごく普通に、新幹線などで目的地に行き、宿に泊まるというオーソドックスな旅もすれば…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ヒッチハイクの旅だったり、キャンプをしてみたり、って言う、野性味溢れる旅も好きで、その時の気分で色々な旅を楽しんでいます。

参考:新しい出会いを見つけたいならヒッチハイクがオススメ

注:イメージ画像(出典 Instagram)

行き先も様々で、本当にその時の気分。

もはや旅そのものが楽しくて、どこに行くか?って言うのは二の次になってしまっているところが無きにしも非ず。。

…これはこれでどうなんだろう、と自分で思ってしまったりもするんですけどね。笑

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな僕が先日訪れたのが広島県の福山市。

特に行き先などを決めずにぶらり旅をする…すごく贅沢な時間の使い方の旅をしてきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そこで出会ったのが「福山自動車時計博物館」です。

福山自動車時計博物館は、その名の通り、自動車と時計の博物館。もちろん「自動車時計」…というジャンルの時計ではありません。(笑)

注:イメージ画像(出典 Instagram)

1989年に開館した、わりと歴史のある博物館。福山の中心街からほど近い場所にあり、福山駅からも徒歩でOKでアクセス良好。

外観もかなりインパクトがあって、見るからに面白そうな空気を漂わせています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

自動車の中でもクラシックカー、さらに時計の中でも置時計や掛け時計といったちょっとレトロなコレクションを多く所蔵しています。

さらにはパイパー・チェロキーという小型飛行機に、蝋人形をはじめ、とにかく様々なグッズで溢れているんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

地元の実業家であり、自動車愛好家としての顔も持つ能宗孝氏が、自分が収集してきたコレクションをもとにして開館したそうです。

それで、とても自由で雑多な展示内容となっているんですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

素人の僕でも「これは貴重なんだろうなあ」と感じるような車や時計がたくさん並んでいてたんですが…

実際に展示されているクラシックカーはどれももちろん”超貴重”な品々。

多くの映画などでも使用されているほど。そのためこの博物館はクラシックカーファンなどからするとすごく有名な施設のようです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

昔の消防車や商用車などのコレクションは特に貴重なんだそうですが、さらにすごいのが…

コレクションの多くが自分で走れる状態を保っているというところ。

これがさらにマニアの心をくすぐるみたいですね。ここまででも「すごいコレクター魂だなあ」と思わされたんですが、さらにすごかったのが…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この博物館のキャッチフレーズ「のれ・みれ・さわれ・写真撮れ」。

なんと、クラシックカーをはじめ、これらの超貴重なコレクション、写真を撮ったり触ることはもちろん、実際に一部車両では車内に入ることまでできるんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さすがに運転はできませんが、貴重なコレクションをそこまで開放するというのは、十分すごいですよね…。

文化財をより多くの人に触れてもらいたい、という気持ちがひしひしと伝わってきて、かなり刺激的。

正直「こんな博物館あるんだ!!」という気持ちになりました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

皆さんも福山に訪れたらぜひ訪れてみてください。

僕もそうでしたが、車好きなどでなくてもみんな楽しめる博物館になっています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕自身もこれから旅行に行くときには、ご当地の面白そうな博物館を探して、いろんな博物館行ってみたいと思います。

・あわせてチェック
福山の出会い福山セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。