ご当地ラーメン好きは要チェック!福島・喜多方ラーメン館

  • LINEで送る

世の中にはトレンドというものがありますよね。

あらゆる商売はトレンドをしっかりつかんでこそ、その先に成功がありますし、トレンドをいかに先取りできるかがどれほど大事かということは誰もが知る通りです。

tomattea_Shingoさん(@tomattea_shingo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

近年流行しているもののキーワードといえば「モノ消費からコト消費」

お客さんはモノだけでなく、その裏にあるストーリーだったり、「体験」に価値を見出しているという時代が来ているということですよね。

fingermarksさん(@fingermarks_)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その結果、これまでにない体験ができるアミューズメントが流行していたり、工場見学が流行したりしているわけです。

これまであまりなかった場所でも工場見学が行われるようになったり、新しい体験ができるようになっていて、話題になったりすることがありますが…

福島県には、「ラーメン」に関する体験や工場見学ができるスポットがあり、人気を博していることを、皆さんはご存知ですか?

Kenji Maedaさん(@kenji3876)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それが「会津喜多方ラーメン館」という施設です。

喜多方ラーメンというのは、僕の生まれ育った街、福島県喜多方市が発祥のラーメン。

rakkyoさん(@miyagi_ramen)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

日本三大ラーメンの1つとしても知られますし、今では全国各地に喜多方ラーメンのお店はありますから、名前を聞いたことがないという人はほとんどいないと思うのですが

意外と、「喜多方ってどこのこと?」って聞くと、「…」ってなる人、多いんですよね。

この機会に知ってほしいんですが、福島県の街ですよ〜。

さんちゃんさん(@sanchan_5821)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな福島の代表的ご当地グルメである喜多方ラーメンを紹介し、販売し、体験できる、ある種テーマパークのような施設が「会津喜多方ラーメン館」

今回は皆さんに改めて喜多方ラーメンの魅力を知ってもらい、その魅力の発信地である「会津喜多方ラーメン館」についても紹介したいと思います!

あおぷー🐖さん(@aopu_bu)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そもそも喜多方ラーメンとは、福島県喜多方市発祥のご当地ラーメン。

お店によって色々と差はありますが、しょうゆ味の豚骨スープが基本で、あっさり目のラーメンです。具材は一般的なラーメンといった感じで、チャーシューやメンマ、なるとなどですが…

Natsu-comさん(@natsu_com0713)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一番の特徴は「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれる麺。

全体的にシンプルながら、やや縮れていて、柔らかい食感が喜多方ラーメンを特徴づけているといっていいと思います。

クセが強くないので、誰が食べてもおいしいと感じると思いますし、先ほども言った通り、札幌ラーメン・博多ラーメンとともに日本三大ラーメンと言われています。

Nakajima Hirokiさん(@2nire0)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

昭和の初めに誕生し、昭和の終わりごろに全国にも知られるようになり、一大ブームを巻き起こしました。今では喜多方ラーメンバーガーなど、派生グルメも登場していますね。

ちなみに2006年に合併する前の旧喜多方市では、人口に対するラーメン店の比率が日本一だった程のラーメンのまちだったのだそうです。

ぷりんさん(@exito375)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな喜多方ラーメンに関する施設として注目を集めるのが、先ほど紹介した喜多方ラーメン館。

ラーメンを中心に福島県全体のお土産を取り扱う施設で、「河京」という地元企業が運営しています。取り扱う商品のメインはやはり喜多方ラーメン。

40種類以上のインスタントラーメンを取りそろえ、自家製チャーシューやメンマなども販売しています。

あさん(@tomde6)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

さらには丼ぶりなど、喜多方ラーメンに関するものなら何でもそろう、といった力の入れようで、ラーメン好きなら、福島に行ったのならここ以外の選択肢はないと思います。

そして、なんといってもこの施設の目玉は、「ラーメンミニ工場見学」。要予約で団体、平日のみですが、ラーメンが実際に作られる様子を目の前で見ることができます。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

作られた面は施設横の屋台で試食することも可能。
打ちたての麺を食べる機会はなかなかないでしょうし、貴重な体験となると思います。

吉村太一さん(@dai.yoshimura.japan)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

併設されている「うまいもの館」では、ラーメンだけでなく様々な福島のお土産が取り扱われていて、手焼き煎餅体験や缶詰作り体験など、家族で楽しめる体験施設も充実しているので、福島に訪れたら、是非立ち寄ってみてほしいです。

姉妹施設は福島県内にほかにもあって、猪苗代市にはもう1つのラーメン館があり、会津若松市にはラーメン店「めん屋 河京」があります。

COCOmamaさん(@cocomama34)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

猪苗代のラーメン館では工場見学ができるだけでなく、麺の切り出し体験をすることができます。

この他、展望台があったりと、観光地としてはこちらの方が魅力的という点も多々あり、福島に行く際はこちらもチェックしてみてください。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

いかがでしょうか?

福島を訪れた際には喜多方ラーメンを食べてみてほしいですし、できれば本場で食べてみてほしいですが、全国にも喜多方ラーメンのお店は増えてきているので、食べたことがない人は1度食べてみてくださいね。

・あわせてチェック
福島の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.