…ずっと憧れていた福岡の老舗旅館へ宿泊してみた!!

  • LINEで送る

私は旅行が大好きで、月に一度は必ず彼氏と一緒に出かけています。

これまではリゾートホテルやデザイナーズホテルばかりに宿泊してきたのですが、最近になって老舗旅館の魅力に取り憑かれているんです。

Asoさん(@aso__1)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

福岡には風情ある老舗旅館や文化財のある旅館などがあるんですよ。

気軽に行けるようなホテルで宿泊するのも楽しいのですが、老舗旅館はやっぱり一味違っています。

・・・

そんな中、雑誌やネットなどで調べていて、ずっと気になっていたのが…

hitomiさん(@ki_420_ki)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「鹿島本館」です。

福岡の中心地から少し歩いた場所にある旅館。
大正浪漫の香り漂う数寄屋建築の名旅館として知られているんですよ。

Joanna Buddさん(@joannabudd)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なんと、福岡市で初めて、国の有形文化財に登録されているんです。

絶対に一度は行ってみたいと思える旅館ですよね。建物は前面の管理棟と中庭・廊下を挟んだ客室棟に分かれていて、町家特有の間口が狭く、奥行きが長い敷地に建てられています。

Tomohiro Kitanoさん(@tomohirokitano)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

門構えも昔ながらの情緒溢れるものになっています。

また、客室にも、建築当初の意匠が残されているんですよ。大正から昭和初期の香りをじっくりと感じることのできる旅館です。

そんな素敵な旅館が福岡になるなんて…。
知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

鹿島本館は、貴重で文化的資産としても重要な存在なんです。

そんな旅館に泊まることができて、とても幸せな気持ちになりました。

Jeeae Huhさん(@busanian)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

宿泊して一番感動したのは朝食です。

日替わり小鉢、前菜五点盛り合わせ、焼魚、海苔、生卵、味噌汁、御飯をいただくことができました。ご飯はお代わり自由なんですよ。

お腹いっぱいになって朝から元気いっぱいに行動できました。更に食後には、淹れたてモーニングコーヒーのサービスもあるのでかなりお得ですよ。

Kohei Ryokaiさん(@ryokai0314)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

福岡の旅で一番驚いた旅館が「柳川藩主立花邸」です。

私たちのような、20代の若者カップルが訪れていいのかな…と腰が引けてしまうくらい、素敵な老舗旅館でした。

アキさん(@kazuha922)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お部屋からは国指定の名勝「松濤園」の庭が一望できました。

立花邸を建てた二代目立花宗茂は、九州の大名、黒田家や細川家と並ぶ柳川藩立花家の戦国武将(初代・立花宗茂)の家系で、大分の豊後高田市の生まれだそうです。

こちらの建物は、明治42年に建てられた西洋館で「立花家史料館」および庭園「松濤園」「大廣間」「御役間」などは今も当時の面影を忍ばせていて、見学をすることもできるんですよ。

yuriさん(@y0u2r1i2)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

普通の旅館やホテルでは、なかなか体験できませんよね。

展示の機会が少なくてお目にかかれていないものの、江戸時代からの大名道具、兜鎧、甲冑、刀剣など1,000点を超える数があるそうなんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

歴史好きな方は福岡に来た時、一度は絶対に宿泊しておくべきスポットですよ。

私も彼も、これまではとにかくオシャレな場所だったらどこでもいい!という感じでホテルを探していたのですが、やっぱり老舗旅館は別格です。

@y_relaxinglife_yがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

レストランのメニューも充実していて、特にうなぎ料理が充実していました。

特上うなぎのせいろ蒸しやうざく、うなぎの蒲焼や白焼きなど、うなぎ好きにはたまらないメニューが揃っていますよ。私もうなぎを思う存分堪能しました。

Emiko.uさん(@ubkemk17)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その他にも、和牛のせいろ蒸しやお子様弁当などもあるので、ファミリーでもじっくりと楽しむことができる福岡のスポットです。

KUMI KIMURAさん(@kumi.1982.0000)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして「二日市温泉・大丸別荘」も、またすぐにでも訪れたいと思える旅館でした。

二日市温泉は福岡と大宰府の中間にあり、万葉集にも歌われ、古くから博多の奥座敷として栄えた温泉なんですよ。

Hazuki Inoueさん(@72tsubaki)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

大丸別荘は特別に格式が高い旅館で、古くは昭和天皇もご宿泊されたことがあるんです…!

天皇がお泊りになった純木造、本格的な書院造の大正亭が今もまだ、残されているのは感動的ですよね。

琥珀さん(@mmuune)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

周辺は都会で国道が走っていますが、邸内には立派な日本庭園があり、外部の音が聞こえない静かな空間となっています。

yuriさん(@y0u2r1i2)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

建物全体に風格があって落ち着いた作りになっています。もちろん、お料理も絶品でした。四季折々の旬を活かした創作料理はどれも味わい深かったです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

献立には、定番の会席のほかに精進料理にお祝い膳など要望に合った献立が用意されているんですよ。

とにかくメニューが豪華なんです。

もろきゅう、アン肝ソース、大徳寺麩のチーズ射込み、鴨の塩焼き、丸十の蜜煮、ずいきといんげんと椎茸の胡麻和え、豆乳豆腐、ウニ、カツオ旨出し、モロヘイヤのお浸し、梅酢、トマトのビシソワーズ、バジルシード、イカのオイル漬けなどをいただくことができるんです。

これまでこんなお料理は食べたことがありませんでした…。

Rikaさん(@riiika4371)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

素敵な老舗旅館でいただく、特別な創作料理は私の心に深く刻まれました。

本当に素敵で貴重な体験って、日記などに書いて残そうと思わなくても自然と残っていくものなんですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

福岡には自然と心の中に思い出として刻まれる、素敵な老舗旅館がたくさんあるんです。

これまで、一度も福岡旅行をしたことがないという方は、一般的なホテルではなく、老舗旅館へ宿泊してみてくださいね。

・あわせてチェック
福岡の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.