福岡で至高のお土産を探す、旅好き独身サラリーマン

  • LINEで送る

みなさんは、職場の同僚や上司とのコミュニケーションを円滑にしていくためには、どのようなことが必要だと思いますか?

積極的に会話をすることや、上司への細かい気配りなんかも確かに必要なことなのかもしれません。しかし、そんなことをしなくても、簡単に職場でのコミュケーションを円滑にすることはできるんです。

akiraubagaiさん(@akiraubagai)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私が考えるその方法というのはずばり、「おいしいお土産を配ること」です!

誰でも美味しいも好きですよね?それにもらったお土産がセンスの良いものだったり美味しいものであったりすると誰だって嬉しいものです。

そうです!旅先へ行った時に、いかに素晴らしいお土産をゲットし、それを同僚や上司に配ることが円滑なコミュケーションの秘訣ではないかと私は思っているわけです。

そういうわけで趣味が旅行の私は、いつも旅先ではその土地の至高のお土産を求めて歩くことが多いんです。

tomonoriさん(@dango138)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな私が今回旅行に行ったのは福岡。

そしてそこで私が見つけた至高の美味しいお土産たちをご紹介したいと思います。

休日を利用して福岡の様々な楽しいスポットや観光地を訪れた私ですが、旅の本当の本番はこのお土産探しから始まります。

食の宝庫なんて言われることもある福岡ですので、お土産も期待できるものが多そうです。

Shoichi Totsukaさん(@show1.tipx2)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「そらもーるFUKUOKA」というところに訪れた私は、この場所でお土産探しをすることにしました。

福岡のお土産ならば大抵のものが手に入るということなので期待が高まります。

とももさん(@tmueneeds)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず、目に入ったのは「めんべい」というお菓子。

福岡で博多のお土産といえば明太子が有名ですが、これはそんな名物である明太子が練りこまれているせんべいです。

このようなお菓子はお土産の基本であり、それでいて間違いのない優秀なお土産ですよね。

M.Sさん(@micci0511)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なかでもこの「めんべい」は、その食感や濃厚な明太子の味がお土産としても最適な一品なのではないかと思いますよ。

もちろん、お土産として購入決定です。後日、明太子好きの同僚に配ったところ、とても癖になる味で気にいったと大好評でした。

seiさん(@sei_g03)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

他にも福岡の明太子を使用したお土産は素晴らしいものがたくさんあります。

イワシの腹に明太子をぎっしり詰め込んだ「いわし明太」などは上司に特にウケが良かったです。

なんでも軽く炙って食べると絶品だったとか。

上司との関係を良好を保つことはサラリーマンとしては大事なことですから、このお土産のチョイスは我ながら大成功だったということでしょう。

@sayur1101がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

辛いものばかりではなく甘いものもお土産ものでは定番の一つですよね。

その中でも、私が福岡で見つけた「梅ヶ枝餅」はおすすめです。

これは小豆餡を薄い餅生地でくるんで、鉄板で焼いたもの福岡の太宰府天満宮では定番の焼餅で10個入りが1,200円という、リーズナブルな値段も魅力的ではないかと思います。

Naomiさん(@enumisan)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それに数が沢山入っているものの方が職場などで配る際には好都合です。

甘いもの好きな人が職場にいるのであれば、選択肢の一つに入れるべきお土産だと言えますね。

こうなるとバリエーション的には、洋菓子のお土産も用意しておくと、さらに職場でのコミュケーションが円滑になるかもしれません。

@tabi_photogramsがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな時に見つかったのが「なんばん往来」というお菓子。

これはアーモンド粉で作った生地を、なんと512層のパイ生地で包んでありサクサクの食感が魅力です。季節限定の味が用意されているのでその時だけしか味わえない限定品をお土産として購入してみることにしました。

このお土産は特に女性の同僚に大人気で、このように女性の好みにあったお土産のチョイスというの大事なことなんですよ。

@kaitokaitokaitokaitoがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

他にも「ひよ子のピィナンシェ」という、福岡のいちご(あまおう)を使用したフィナンシェ生地にいちごのフォンダンがたっぷりかかった逸品です。

見た目も可愛らしいので、女性に喜ばれることは間違いないでしょう。

なっちゃんさん(@nbnkskomi)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最後に私が福岡に行った際には、かならず欠かさずお土産として購入しているものがあるんですが…

それが「博多通りもん」というお菓子。

和菓子製作の伝統技術に、生クリームやバターなどといった西洋のお菓子の素材を使用した福岡のお土産の定番。5個入り560円という手軽な価格もそうですが、やはりおいしい定番のお土産というのも忘れてはいけません。

@mt.flowerがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

なんだかんだ言っても、多くの人は定番のお土産を求めていることはあるからです。

特にこの「博多通りもん」は、その美味しさからもファンが多く、お土産として持ち帰れば職場での良いコミュケーションにおいて、潤滑油としての役割を果たしてくれるでしょう。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

どうでしょうか?

福岡には数多くの美味しいお土産ものがありますが、みなさんも福岡に来た際にはぜひお土産を購入して、職場でのコミュケーションツールの一つとして活用してみてください。

参考:あえて定番を外す、福岡のベストなお土産を選んでみた

・あわせてチェック
福岡の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.