手打ちうどんを打ち始めてから、出会いが広がりました

  • LINEで送る

もともと手料理を作るのが好きで、普段からカレーなどもスパイスを調合して作っています。

いろいろなお料理にチャレンジしてきましたが…

@experience_takamatsuがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まだ一度も自分の手でうどんを打ったことがないということに気がつき、手打ちうどんを作ってみたくなったんです。

始めは軽い気持ちでうどんを打ち始めたのですが、気が付くとすっかりハマってしまいました。なによりも楽しいのは、うどんを自分の好みの固さや味わいに調整できるところです。

お店に行ってもなかなか、自分好みのうどんと出会うことができない時ってありますよね。

Daisuke Hanamuraさん(@daisukehanamura)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな時こそ、思い切って自分でうどんを打ってみてください。

自分好みのうどんと素敵な出会いを果たすことができますよ。自分好みの麺つゆでこんな太さのうどんを食べてみたり、お店ではできない薬味をプラスしてみたり、上手く食べられる長さにカットしてみたりと、他にはないオリジナリティに溢れたうどんを作り上げることができるんです。

こだわりをたっぷり込めたうどんは一度食べたら癖になってしまいますよ。

Hideoさん(@jcpeej)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

手打ちうどんは意外にも簡単に作ることができます。

家庭にある調理道具で十分作ることができます。ボウル(こね鉢)、包丁、まな板、麺棒、鍋、スケールがあるだけで、うどんを打つことができるんです。

…私は本格的にうどんを打つようになってから、素敵な出会いも広がりました。

友人にうどんを振舞ったり、フェイスブックなどのSNSなどに手打ちうどんの写真をアップすると反応が増えるようになったんです。

「どうやって作ったんですか?レシピを教えてください!」と全く面識のない方から連絡をいただくこともあります。

n iさん(@campbell_n7)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

こうやって出会いが広がっていくというのはとても幸せなことですよね。

うどんを打つ時の粉って一体どんなものを使えばいいの?と悩む方もいるでしょう。専用の粉も販売されていますが、今打ちたい、とにかくすぐ打ちたい!という時には、薄力粉でもかまわないんです。

いつでも自宅にある材料でさらっとうどんを打つことができます。

昭和記録帳さん(@miyuki_1980)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

あれば、中力粉などを使用するのもいいですよ。

産地やブレンドの比率など、自分なりのこだわりを込めて、麺を打つことができるというのも楽しみの一つです。

麺にはこだわり抜いたお塩を使っても、普段使っているお塩でも大丈夫なところがうどん打ちの魅力のひとつです。手打ちうどん繋がりで出会い、仲良くなった友人にどんなお塩を使用しているのか聞いていろいろ試してみるのもいいですね。

バラ塩やハーブ塩などを使っても少し違った味わいを堪能できますよ。

841channelさん(@841channel)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

茹での段階で塩分は溶け出てしまいますので、よほど大量でない限り、アバウトに入れても味に影響しないという気軽さもいいですよね。

料理がそんなに得意でないという方でも気軽に作り上げることができます。

Bangkok 住み子さん(@bangkoksumiko)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

うどんといえば、白色というイメージがありますが、抹茶を加えたりすることで、色をつけることができるんです。

お祝いやパーティーなどでうどんを振舞いたいという時に、カラフルな麺を作ってみるというのもいいですよね。インスタグラムを通じて出会い、仲良くなった友人はカラフルなインスタ映え抜群のうどんを打っていましたよ。

いろんな楽しみ方ができるのも魅力的です。

まえのんさん(@momokawa_monet)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

うどんは最短で30分でできますし、生地を冷凍できるので、その場で伸ばして切って、できたてをすぐにいただくことができます。

そこに季節に合わせた薬味や辛味つゆ、ゴマだれつゆなど、幾味かのめんつゆを用意すれば華やかなおもてなし料理にもなりますよ。

alive234さん(@alive234)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

打ちたてならではの香りの良さやのどごしは、実際に打ってみなければ分からない特別なものです。

何一つ良い趣味との出会いがなく、毎日退屈に過ごしているという方は、思い切って手打ちうどんを趣味にしてみてください。自分でこだわって作ったものをすぐにいただく喜びを一度体感してもらいたいなと思っています。

想像している以上に、胸が熱くなって感動しますよ。集中してうどんを打つことで、ストレスの解消にもなるんです。

それだけでなく、自然と出会いの輪も広がっていくのが嬉しいですよね。

@ruri_kokomoがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

もちろん、うどんの生地は冷凍保存が可能。大量に作っておいて、小腹が空いた時用にストックしておくのもいいですよね。

忙しい日に電子レンジでさっと温めて、すぐにいただくことができますよ。食べたいときに解凍して食べることができるので、コスパも良く、楽しみながら健康管理ができることも魅力的ですよね。

もちろん、急な来客などで食事に困ったときにもすぐに出すことができます。

Takashi Hattoriさん(@zebra_hat)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

手打ちうどんって、ものすごく素敵な趣味だと思いませんか?

ストレス解消からおもてなし、新しい人々の出会いまでたくさんの理想を叶えてくれるんです。特別に購入しなければいけないようなものもありません。

自宅にあるもので、すぐにスタートできるので、新しい出会いをゲットしたいという方は、チャレンジしてみてくださいね。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。