新しい出会いを見つけたいならヒッチハイクがオススメ

  • LINEで送る

僕は37歳になるフリーターです。僕は最近、ヒッチハイクで旅行をするのにハマっています。

RIKU “LEA” KATSUROさん(@katsuro.art)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

恥ずかしながら、37歳になった今もアルバイトをしながら漫画家を目指していて、とにかくお金がないんです…笑。

お金がない、でも時間はあるし旅がしたい…!そんな気持ちを抑えることができず、ヒッチハイク旅をスタートさせることにしました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ヒッチハイクって一見、簡単に良い出会いが見つかって車に乗せてもらえる…というようなイメージがありますが、実際はそんなにすんなりと乗せてもらえるものではないんです。

ヒッチハイクって、奥が深いんですよ。
退屈な日々に飽き飽きした方や、刺激的な経験を求めているという方にもオススメしたいです。

MizAさん(@mizfa19)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ヒッチハイクといえば、長距離トラックを捕まえて一人旅というイメージがありますよね。

しかし、ヒッチハイクは時代とともに少しずつ変化しているんですよ。

例えば、仲のいい友達と二人で出かけてみたり、愛犬を連れていったり、絆を深めるためにカップルで楽しんでいる方もいます。何組かに分かれて、目的地まで競争を楽しむという刺激的な楽しみ方もあります。

みとう まさしさん(@masashi__310)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

こうした中で新しい出会いも見つかります。実際に僕も様々な人と出会いました。

トラック運転手の方はもちろんですが、営業を頑張っているサラリーマンの方や、舞台役者を目指しているという”役者の卵”の方の車に乗せてもらったことがあります。

釜谷宣輝さん(@kamayanoriki)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ヒッチハイクで車に乗せてくれる方は、みなさん優しくて親切な人ばかりなんです。

見ず知らずの人間を乗せてくれるのだから、絶対に良い人ですよね。ヒッチハイクを通じて出会い、今でも連絡を取り合っている人が何人かいるんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

たまに食事をしたり飲みに出かけたりすることもあるんですよ。

今ではお互いの悩みなどを気軽に話し合える仲です。こうした出会いは、普段の生活の中で得ることができませんよね。僕にとって、ヒッチハイクでの出会いは宝物です。

Kouhei Yamashitaさん(@k_yuzu04)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ヒッチハイクの魅力は出会いもありますが、交通費を節約できるという部分も魅力的です。

最近では、夜行バスや昼行バスの価格帯だと平日料金で東京〜大阪間、往復4,000円で移動できるプランもあります。低価格のように感じますが、ヒッチハイクであれば、この4,000円の夜行バス代を食費や旅費に回すことができるんです!

Manaさん(@mii__53__)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

浮いたお金を使って、これまで食べたことのない贅沢なグルメを堪能するのもいいですよね。

・・・

ヒッチハイクに挑戦するのであれば、事前に準備しておくものがあります。
リュックひとつで街へ飛び出してはいけませんよ…!

小畠茉奈美さん(@xiaocenmonaimei)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まずは「スケッチブック」です。

行き先を書いて掲げるための、重要なアイテムです。大きすぎて荷物になるのが嫌だ…という人は、ノートを用意しておきましょう。

@komatsuna_tacocoがシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「ペン」も重要なアイテムですよ。

安物や水性のものだと雨が降った時に滲んで見えなくなってしまう可能性があるので、油性マジックがベストです。インクがなくなってしまうことも予想して、2〜3本持って行くことをオススメします。

hagure meganeさん(@sensitive.youth)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「折り畳み傘」も必須アイテムです。

ヒッチハイク中は突然、雨に降られることがしばしばあります。レインコートだと、スケッチブックがびしょ濡れになってしまうので実用的ではないんです。

レインコートと折りたたみ傘、両方使うことができたらバッチリですね。

Akihiro OOharaさん(@akihiro1118)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「お菓子」も持参して行きましょう。

車に乗せてもらったお礼に、最後に手渡すためのお菓子を持っていきましょう。僕は京都在住なので、ご当地の銘菓「おたべ」などを持って行くことがあります。

観光地で有名なお菓子は喜んでもらえるので、事前に準備しておきましょう。

Takashi Fujiwaraさん(@takashi480209)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして何よりも必要なのが「メンタルの強さ」です。

ヒッチハイクって勇気がいりますよね。楽しそうだな!というような軽い気持ちで始めると辛い思いをするかもしれません。通行人の方から笑われたり、野次を飛ばされることはよくあります。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

それどころか1時間や2時間、車に乗せてもらえないということもあるんです。スイスイ移動して、素敵な人と出会い、会話に花が咲いてあっと言う間に目的地に着く…!というようなことは滅多にありません。笑。

どんなことが待ち受けていても、めげずに突き進んでいくメンタルの強さを備えておきましょう。

RYUさん(@ryusan_suzuka)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ヒッチハイクではもちろん、異性との出会いもあります。

先日は若い女性の運転する車に乗せてもらいました。こんな美女の車に突然乗ることができるなんて、ヒッチハイクでなければ不可能ですよね。

「どうして僕なんかを乗せてくれたんですか?」と聞いてみたところ「あなたは清潔感があって笑顔が穏やかだったから。きっと誠実で真面目な方なんだろうなと思ったので、乗ってもらおうと思ったんですよ。」と言われたんです。

neoo.さん(@neoo.06)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ヒッチハイクってやっぱり清潔感が大事です!素敵な異性に停まってもらいたい…という場合には清潔感と笑顔を大切にしましょう。

ヒッチハイクってすごく魅力的だと思いませんか。僕はすっかりハマってしまって、月に1度はヒッチハイク旅行を楽しんでいます。

チャレンジしてみたいというタフな方は参考にしてみてくださいね。

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.