浅草で押さえておくべき老舗グルメは、こんなところ!

  • LINEで送る

いきなりですが、みなさん…「浅草」に行ったら何をしたいですか?

もちろん観光なんかもオススメなんですが、やっぱり浅草は歴史のある街。そうした部分を楽しめるグルメが僕は好きなんですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最近ではおしゃれなお店や、フォトジェニックな料理を提供するお店なんかが次々とオープンしてますが…

僕はやっぱり、歴史があって…俗に”老舗”と呼ばれるようなお店の料理が好き!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

雰囲気や長い歴史の中で受け継がれてきた料理を、気軽に味わうことができるお店がたくさんあるのが浅草の良いところ。

そして、街自体にもレトロな雰囲気が残っているのも素晴らしい。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕のようなレトロ好きにとって浅草は、いわゆる聖地といってもいいかもしれませんね笑

そんなワケで、僕は浅草でグルメの老舗・名店を探すのが趣味の一つとなっています。中には創業100年以上のお店なんかもあったりしてびっくりすることもありますよ。

・・・

そして今回の休日では、前から気になっていた…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「鷹匠壽」というお店に来たワケなんです。

このお店は鴨好きな人にとっては浅草でもかなり有名な名店。予約を取らないとお店を入ることは厳しいのですが、そこは抜かりありません。しっかりと予約済みです笑

注:イメージ画像(出典 Instagram)

…とはいえ、それでもなかなか予約は取りにくい人気店であることは間違いないので今回、予約がとれたのはかなりラッキーです!

普段からの心がけが良かったのでしょうか?笑

注:イメージ画像(出典 Instagram)

お店の雰囲気はまさに老舗という感じで最高です。

そんな歴史ある雰囲気があるお店なんですが、ビール以外の飲み物は持ち込みOKという気さくなルールもあるのが特徴。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

料理に合わせて自分の飲みたい飲み物で食事を楽しんでほしい…という想いからの素敵な気配りなんでしょうね。

軍鶏や鴨、他にも雀や雉などのジビエ料理もあり、そのどれもが絶品ですよ。僕は締めには出汁のよく出た雑炊をいただきました。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに、残念ながら焼いているところは撮影禁止だそうです。

なので美味しい料理のみの写真になってしまいますが、これだけでも十分に行きたくなってきたでしょう!?笑

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この店があるだけで、浅草に足を運ぶには十分な理由がありますよ。

・・・

そして浅草で老舗といえば…

注:イメージ画像(出典 Instagram)

やはり「弁天山美家古寿司」は外せないでしょうね。

なんといってもこちらのお店の創業は1866年!明治時代より前、100年以上の歴史がある老舗中の老舗です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

でも店内はこじんまりとしていてカウンターとテーブル席があるだけで、かなりアットホームな雰囲気なんです。

一見、歴史のある老舗と聞くとなんだか敷居だけが高いようなイメージを持つ人は多いんじゃないでしょうか?

注:イメージ画像(出典 Instagram)

しかし、浅草という下町感がある場所ならではなのでしょう。そういった雰囲気は一切ないんですよね。

一見さんも常連さんも一緒になって和やかに食事が楽しめるのがいい!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

僕も初めて訪れた時にはなんだか老舗ということで緊張していたのですが、それは取り越し苦労というやつでしたね。

・・・

ちなみにこちらのお寿司は、よくある関西寿司よりの酢飯の酢が強めです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

だからといって酢がキツイということはけっしてなく、絶妙のバランスで寿司の旨味が増しています。

それに握りのテクニックも確かで、寿司はやはり腕前が大事なんだと気付かされる名店ですね。

・・・

他にもやっぱり浅草でのグルメと言えば蕎麦は外せないですよねぇ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

となれば足を向けたいのが「並木藪蕎麦」です。

浅草駅から徒歩ですぐなので蕎麦が食べたい時に、僕がよく利用する蕎麦屋さんなんです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

こちらのお店も創業は大正2年という、かなりの老舗。

なんでも現存する蕎麦屋の建屋としては最古のお店なんだとか。料理だけでなく建物もそのままの歴史が残っているお店というのは貴重なんでしょうね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

確かに店内や外観の佇まいは、まさに歴史を感じる落ち着いた雰囲気で…僕の好みにぴったり。

今では数少ない江戸の雰囲気を感じさせてくれるお店と言えるかもしれません。もちろん、僕は本当に江戸の雰囲気を知っているわけではありませんが…笑

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「江戸蕎麦の辛汁」という言葉の通り、こちらのお店のそばつゆはかなりの濃い味となっているのが特徴。

濃いめなので、蕎麦はつゆに少しだけつけるのが正解。これで蕎麦の風味とつゆの味を存分に味わうことができるというわけなんですね。

View this post on Instagram

@ap1223080がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

この濃いめのつゆを提供できるお店はほとんどないそうで、もし実際に味わいたいのであれば浅草に足を運ぶしかないでしょう。

・・・

そして、浅草に来たなら「どぜう」をぜひ味わってくださいね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

「駒形どぜう 本店」なら本格的な、”どぜう鍋”が食べられますよ。

あ、「どぜう」というのは”どじょう”のことです!この「どぜう」というのが、まさに江戸時代から続く呼び名そのままということで老舗感がありますね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そんな、”どぜう”をたっぷりの刻みネギと山椒でいただく「どぜう鍋」は絶品。

ついついお酒がすすんでしまいます!

注:イメージ画像(出典 Instagram)

店内には純和風で、中庭などあったりして…まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気。

ぜひ一度足を運んでみてほしいお店です。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

こんなに歴史のあるグルメが楽しめるお店が数多くあるのが、浅草の魅力。

訪れればいつでもレトロな雰囲気や老舗の味が楽しめる浅草を、もっとみなさんにも知ってほしいですね。

…他にも、たくさんの老舗があるんですが、それはまた別の機会にでも…ではまた!

・あわせてチェック
浅草の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。