熟年夫婦で明石の魚の棚商店街を食べ歩きしてみた

  • LINEで送る

定年退職をしてから妻と2人で出かける機会が多くなりました。

第二の人生をより楽しく明るく過ごしていきたいということで、月に二度出かけるという約束をしています。

saさん(@sa.storys)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そこで先日は明石へ行ってきました。

明石といえば魚介類、海鮮料理がおいしいことで知られていますよね。年を重ねても僕たち夫婦は食欲旺盛でとにかく歩くことも大好き。

健康的に楽しく旅行や観光を楽しんでいます。

最近では近場で日帰りで楽しめるスポットも増えているので、熟年夫婦のみなさんにもオススメですよ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

最初に訪れたお店は「あかし多幸」

幸せが多くあるようにというネーミングが魅力的なお店です。モダンな造りのおしゃれな店内は、ゆっくりくつろげる空間が広がっていて、リラックスできます。

僕は狭すぎるお店がちょっと苦手なんですが、こちらのお店はゆったりと過ごせましたねぇ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

名物である明石焼のほかに鯛茶漬、たい焼の3品のみ、こだわり抜いて販売しています。

週末になると行列ができているという人気店で、実際に私たちが訪れた日も少し並んでいました。

明石といえばやっぱり明石焼きですよね。これを食べなければ明石観光は始まらないと言っても過言ではありません。

早速、お店では明石焼きをいただきました。

Chisato Suzudeさん(@brackwatch)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

タコは大きすぎても口に残り、小さすぎると味わいがないものです。

ちょうどサイコロぐらいの大きさのタコは絶品でしたよ。玉子は新鮮なものを使用しているということがすぐにわかりました。

生地にはこだわっていらっしゃるようで、薄力粉・じん粉も厳選したものを選び、出汁にも使う利尻昆布からとった昆布だしを生地にもたっぷり使っているそうです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

だからおいしいのも納得できますね。

もちろん、お出汁にもこだわっているようで、天然利尻昆布を一晩漬け込み、火を入れて上品で後味の良い昆布出汁と口に入れたとたんに広がる鰹だしの風味をうまくブレンドしているそうです。

一般的には、冷たい出汁で熱い明石焼を食べるのが主流とされますが、こちらのお店では熱い出汁で明石焼きをいただきますよ。

観光地のど真ん中ですが、15個で600円とかなりリーズナブルな価格です。

由紀さん(@wso1ra1ma5me2)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そしてもうひとつ驚いたのが「いかなご釘煮風味のドロップ」
※写真は本物の「いかなご釘煮風味」です。

お店ではなんとオリジナルの商品でご当地名物でもある「いかなご釘煮風味のドロップ」を販売しているそうです。

これはお土産に購入していくとネタとして受けるのではないかと思いました。さすが関西、ユニークな商品が販売されていますね。

Kazuyaさん(@matsui_kazuya)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

私たち夫婦はビールが大好きなので、ビールのおいしいお店にも行きたいねということになり「串焼き 味彩」を訪れました。

こちらのお店は世界のビールとこだわりの塩をコンセプトにした串焼き居酒屋のようです。

こういう地元にしかないようなお店はそそられますよね。ベルギー、ドイツをはじめ、世界各国で作られたビールの数は100種類以上も扱っているそうですよ。これには驚きです。

BAR AIRさん(@cafe_bar_air)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

珍しいビールから定番ものまで、飲みたいビールが幅広く取り揃えられているので、これまで飲んだことのないビールに挑戦してみました。

私はお店で人気のカールスバーグ(デンマーク)。妻はヒューガルデンホワイト(ベルギー)を注文していただきました。

どちらのビールも日本のものとは違った味わいで飲みやすかったですね。

明石に来たのであれば、お酒のアテもやっぱりタコがいいなということで、たこにんにく、たこアスパラ、たこねぎが3本セットになっている串焼きを注文しました。

タコといえばこれまで、メインで食べるというよりはカルパッチョや煮物などに添えられている状態でいただいていました。

タコそのものを味わうという体験はこの日が初めてだったかもしれませんね。食感はプリプリっとしていて弾力がありながらもやわらかい。素晴らしいですよね。

本場のタコは全く硬くなく食べやすく、さらに味わいも甘いんですよ。ビールのおつまみにぴったりでした。

まゆげさん(@mayuge03pfj)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

おいしいタコが手に入ったら、串焼きにして食べてみたいと思えるほどの味わいでしたね。串焼きメニューは充実していて野菜の塩串焼きや創作野菜串などもあるんです。

ヘルシー志向の女性でも安心していただけるメニューだなと思いましたね。

妻も最近は体重が増えてきたと気にしているようで、野菜の串焼きを注文していました。

串焼きはちょっと珍しいつけ塩でいただくことができるのも良い体験。梅、抹茶、レモン、ゆず、藻塩の5種類です。これはなんともおしゃれで珍しい塩ですよね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

一種類ずついただきましたが、どれも食材との相性がよく飽きることなくいただけましたね。僕としてはゆず塩がお気に入りでした。

ほどよい酸味と塩気がタコとの相性抜群です。忘れられない味になりましたね。

明石観光はグルメだけでなく天文科学館やお城などもあるので、1日たっぷりと楽しめるスポットです。

暇を持て余しているご夫婦の方は出かけてみてくださいね。

・あわせてチェック
明石の出会い

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.