海やタコだけじゃない、明石の魅力的な観光スポットを紹介

  • LINEで送る

こんにちは、兵庫県明石市在住、自営業を営む実家で手伝いをしています。20代の男です。

うちの実家は小さな定食屋で、細々と、なんやかんや長いことこの明石で続けさせてもらっています。…店の自慢はやっぱり新鮮な海の幸。

muumuu333さん(@muumuu333)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

市場でその日に仕入れてきたリ、時にはもともと漁師でもある父が自分でとってきた魚を出すこともあります。

明石は南側がすべて海に面した海の町。当然、獲れるる魚介も美味しくて、最高です。僕も子供のころから魚を食べて育ったので、今でも肉より断然魚派ですね。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、明石市といえばタコが全国的に有名だと思うんですが、タコをはじめとして明石の海鮮はそのイメージを裏切らない極上のおいしさで、皆さんにもぜひ味わってほしいです。

しかし、逆に、明石といえば、やはりほとんどの人が思い浮かべるのは、「タコ」。

Takeshi Miyazakiさん(@takeshi2411)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

タコが知られているだけまだマシといえばそうなんですが、タコ以外にはどんな特産品があるのか、どんな観光地があるのか…といったことが全然知られていないなと実感することも多いんです。

…なんだか地元民としてはちょっと悔しいなというか、ほかにももっといいところあるのにな、思うときもあるんです。

明石はもちろん海の町ではあるんですが、海だけでなく、実は、陸といいますか、緑の自然や、空に関するスポット、観光地も充実した町なんです!

今回は、いくつか海以外でも証を楽しめるスポットを紹介しますね。

RYOKOさん(@mituryo)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

まず何といっても紹介したいのは、「明石市立天文科学館」

1960年にオープンした、宇宙や天文学をテーマとした博物館ですね。天文博物館て全国にたくさんあるようで意外と少ないと思うんですが、この天文博物館は現存している天文博物館の中では日本で1番最初に竣工した超老舗として知られています。

明石市立天文博物館には展示室などももちろんありますし、宇宙に関する博物館として存分に楽しむことができますが、特に大きな特徴として知られるポイントが2つ。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

1つ目は、ひときわ目を引く、のタワー状になった建物に設置された時計塔。

実は明石市は日本の標準時子午線、東経135上にあるのですが、その東経135度の真上にこの時計塔は設置されていて、日本の標準時を知らせています。

この時計塔自体にも、標準時子午線の位置を示す標柱役割があるのだそうです。

柏谷友広さん(@kashitani_tomohiro)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

ちなみに時計塔の上部は展望室や天体観測室になっていて、明石の町や海を一望できるほか、月に1回天体観測会なども実施されています。

実際に大きな望遠鏡で天体観測をする機会なんてないと思いますから、訪れるタイミングで観測会が実施されていたら、是非参加してみてください。

Ayumi Tanakaさん(@ayumitanaka1)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)注:イメージ画像(出典 Instagram)

2つ目が、プラネタリウム。

時計塔の横に大きな丸いドームが外からでも見えるのですが、それがプラネタリウムのドームです。

開館当初から施設の目玉の1つとして毎日上映が行われていますが、使われているプラネタリウムは開館当初からずっと使われているため、現在日本で現存する最古のプラネタリウムということになります。

大一大万大吉さん(@des00526)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

その内容も特徴的で、よくあるプラネタリウム上映のようにテープを流すのではなく、解説者が生でしゃべりながら、ポインターなどを使って解説を行い、来場者の反応に合わせて回答をしたり、プラネタリウムの動くスピードを操作したり、といったライブ感が好評です。

解説が毎回違うので、何度行っても楽しめます。

この明石市立天文博物館は見た目にも目立ちますし、地元でも証のシンボルとして愛されています。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして、もう1つ紹介したい観光スポットが「石ヶ谷公園」

自然に囲まれた公園ですが、都心部からも近く、車があれば特にアクセスしやすいスポットです。

園内には巨大な公園があり、アスレチックなどの遊具、それも大型のものがいくつもあるので、元気なお子さんがいる人などにはかなり助かるスポットだと思います。

Kuninori Kozaiさん(@kuninorikozai)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

また、梅の名所としても知られていて、2月下旬に訪れるのもおすすめ。

バーベキュー場や体育館など、様々なアクティビティがそろっているので、明石観光の中で自然にも触れ合いたい人にはうってつけです。

注:イメージ画像(出典 Instagram)

そして石ヶ谷公園の敷地内の複数のアクティビティや施設の中で、特にお勧めしたいのが「明石乗馬協会」です。

兵庫県内でも有数の乗馬クラブですが、1日だけの乗馬体験なども可能で、お子さんもポニーに乗ってみることができるので、家族全員で楽しめます。

明石乗馬協会さん(@akashi.riding)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

要予約なのでご注意を。

乗馬って身近なようで、意外とのびのび楽しめるスポットって多くないですし、証に訪れた際には是非体験してみてください。

野良猫さん(@punkrock0226kk)がシェアした投稿

注:イメージ画像(出典 Instagram)

いかがでしたか?海以外にも明石には魅力的なスポットがたくさんあったでしょ?

大人でも子供でも楽しめるスポットがたくさんありますし、是非明石に来た際には、いろんな楽しみ方をしてみてくださいね。

・あわせてチェック
明石の出会い明石セフレ

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。